上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20110717-40.jpg

愛媛県下に11店舗、
最近では東京の「お台場合衆国」にも出店しているよう。
香川の「はなまる」「まるいち」のような営業形態の
チェーンセルフうどん店「がんば亭」。

がんば亭HP

前を通ると、いつもけっこうお客さんが入っているので
前から気になっていたけど、いつもお腹いっぱいで。なかなか入店できなかった一店。
松山からの帰り、もう8時をまわって
開いているお店も少なくなってきたので、今日こそ入店。


20110717-41.jpg
20110717-42.jpg

麺は讃岐系。出汁はどちらかというと全国区の一般的風味。
愛媛の甘い甘い神話を信じ、もっと甘い甘い味を想像していたが
讃岐の系譜が流れるおうどんでした。
満席にはならないけど、次から次にお客さんが入店。
わしら二人で600円ちょっと。安さがやっぱり魅力やね~~~。
茹でたて麺なら、かなりポイントアップ~~~~。


20110717-43.jpg

おでんの大根は、愛媛の甘い甘い神話を貫くお味でした。
ポンジュースみたいな甘さがしたのは錯覚だったのだろうか。

20110717-44.jpg

玉子焼き、甘いかと思いきや、ごく普通のお味でした。
これはちょっと裏切られた感じ。
わしの脳みそは「愛媛=甘い」という意識に洗脳され始めてきているようだ!!!


20110717-46.jpg

川之江通過途中、夜空に花火が!!!
フィナーレ直後に最接近。
ドドドドド~~~~~ンっとお腹まで響く爆音。
めっちゃ。きれいやったな~~~~。













スポンサーサイト
高知に帰った翌週、
欲深夫婦の向かった先は・・・・。


DSC01359_20110305065326.jpg

じゃじゃ~~~ん!!!
松山市内千舟町通りにある
驚異の連続高額当選・竹村商店。
昨年の年末ジャンボもここで買った!!!
10年で1億円7本・3億円3本やけんね~~~~~~。
欲深夫婦の大妄想は大暴走するわな~~~~。

2億5千万円当たったら~~~~~
高松市内に石作りの家を建てて~~~~
そこで休日はパン屋さんとうどん屋さんやって~~~~
ちゃんと会社勤めもして~~~~
観音寺か入野に別荘建てて~~~~~~~
・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・
後がでてこん
欲深夫婦の大妄想は意外としょぼい。


DSC01355.jpg

ここまで来たら、やっぱりここに。
松山トラディショナルうどん「ことり」。4度目のトライ!!!
本当は先週19日の大安吉日に来て宝くじゲットしたかったんやけど
先々週の大雪で予定がすべてずれこんだ。
しかもこの日は病院の定期検診が入っていた。
検診終わって高速ぶっとばしても、松山到着予測時間13:00。
玉切れ閉店ギリギリの時間帯。
行くか戻るか迷ったあげく、宝くじパワーに導かれ松山までやってきた。

13:00ちょい過ぎ、なんとか入店。
入ってすぐにオーダー。
1分もたたないうちの次のお客さん入店。
厨房のおばちゃんが威勢よく
「ラストよっつ~~~~」
またまた数分後、次のお客さんが
「ラストふたつ~~~~」
またまた数分後、「今日はおわり~~~~」
大繁盛。松山市民に愛される人気のお店なんやね。

あああ~~~~なんとか間に合った~~~~
10分遅かったらまたまた再トライになるとこやった~~~~。
ふううう~~~~~~~。


DSC01345.jpg

いいルックスやね~~~~。
恋いこがれていた「ことり」のおうどん。
やっと出逢えた恋人のようだ。


DSC01352.jpg

入ってすぐ右が厨房。
おばちゃんたちがわいわいと調理をしている。
左はテーブル席が並び、
中央には昭和の家族ドラマに出てくるような茶の間がある。
松山の歴史をたっぷり吸い込んだかのような実に味のある空間。
年輩のハイカラなご夫婦や下町のおばちゃん風なお客さんが
黙々と静かにうどんをすする風景。
いいな~~~~。ほっこりする和みの空気感。
このアルマイトの鍋とレンゲが
古き良き時代の味を醸し出しているね~~~~~~。


DSC01351_20110305065525.jpg
DSC01347.jpg

潮の香りを感じる出汁だね~~~。
まぶたの億に、いや奥に
札束が いや 瀬戸内の風景が広がる~~~~~。

鰹と昆布は控え目で、
ドライで少し尖った炒子の味わいが前面に。
う~~~~ん。実に風流な味わいだ。
後味には家庭的なあたたかい味わいも漂い
その容姿にもピッタリとおさまる仕上がりになっている。
麺は手打ち??ところどころに変則的な麺線が。
くたくたに煮込んだ、もっともっと柔らかい麺質を想像していたが
意外とシャキッとした部分も残っていて、出汁にとてもマッチしている。
いにしえの味わい。すごくいいな~~~~~。
美味です!!

遠き記憶の彼方から続く
松山市民の日常の
良き風景を見させていただきました。
食べ終えて、なぜだか「ありがとうございます」の言葉が
心の中に響きました。






















20110119-1.jpg

2010年、年末。
欲深き夫婦は西に向かう。
ジャンボな夢を求めて松山まで!!!

またまた、この売場で1億円でたみたいやね~~~~!!!
わしの前か後ろで買った人が当たってたら
わし泣いてしまううううう~~~~~~~~~~!!!


20110116-2.jpg

ここまで来たらこれを絶対食べなければ!!!
松山鍋焼きうどんのツインピーク「アサヒ」
二度目のトライ。
が~~~~ん!!!
あ~~~~、また暖簾がさがっているう!!!
しかし店内には明かりと人の気配。
ダメ元で交渉してみたら、
2人前ならなんとかなるってことで、
緑あひると二人でギリギリセーフのラッキー入店。


20110116-6.jpg

店内いい感じや。
このアルミの鍋がまたいい雰囲気。
昔は、どこの家にもあったよね。

20110116-7.jpg

愛媛のうどんは半端なく甘いぞ~~~~~!!!
って聞いてた甘味はそれほどでもなく
古き良き時代の味がした。
高校生の頃は、高知の喫茶店なんかでも
このスタイルの鍋焼きうどんが食べれていたもんね。
当時の味に似ているかも。


20110116-8.jpg
20110116-9.jpg

どうじゃ、めいてるさん。
この微かな鍋のへこみ具合もシビレるやろ~~~!!!
レンゲに至っては500万ボルトやろ~~~。



20110116-5.jpg
20110116-3.jpg

讃岐うどんとはまったく異なるおうどん。
讃岐うどんだけがうどんじゃない。
愛媛の守り続けてもらいたいスタイルと味ですね。







20110116-1.jpg

ここまで来たら絶対食べてみたいおうどん。もう一丁。
三度目のトライ。
同じく松山鍋焼きラーメンの名店「ことり」
ここもガイドには営業時間18:00までと掲載されているが
早くも暖簾が片付けられ、店内の明かりは悲しくも落とされている。
あ~~~ショック!!!
「アサヒ」と同様の展開を期待して扉を開けようとしたその瞬間、
普段着の大将と鉢合わせになった。

「もうダメ?食べれんの?」って聞くと

「すまんの~~~
歳をとってしもうて、長時間はもう体がもたんのじゃ~~~~
じゃけん、営業時間を短くしとるんや
みんなに迷惑かけとるのは分かってるんやけど
お客さんのこと考えて長く続けていきたいけんの~~~
2:00ぐらいで玉切れになるんや。
ほんまにすまんの~~~~~~~」

「そ~~なん、めちゃくちゃ残念や~~~!!!」

「ほんまにすまんの~~~~
今度は悪いけど11:00台に来てくれたら
絶対やわ~~~
ほんまにすまんの~~~~」



その後も駄々をこねるわしに対して
丁寧に親切に話しをしてくれて、大将は夜の街に出かけて行きました。
その背中にはひとつの味とひとつの時代を守った男の自信が滲んでいたよ。


「アサヒ」の大将も「ことり」の大将も、
無理せず、細く長~~~~く続けて
この味のファンを喜ばせてくださいね~~~~~。




欲深き夫婦は
グリーンジャンボの時に
また来ます!!!
















DSC090817-26.jpg

ジェイコブ麺五郎に見せておきたかった風景とは
瓶が森に続く、天空ドライブウェイと、
高校時代山小屋でバイトをしていて、
朝な夕なに眺めていた、熊笹に覆われた美しい瓶が森の風景。
しかし、山頂付近は濃い霧と小雨のため断念。
秋にまたきて、キャンプで満天の星空を眺めようということに。


DSC090817-25.jpg

少し下って面河渓谷。
高校時代、ここにもよくキャンプに来ていた。
映画「ウッドストック」のワンシーンを真似して
全裸で寒い川のなかへ飛び込み泳いだこともあったな~~~
あの頃はスリムで黒く日焼けしていて
流線型のボディがブラックドルフィンのようじゃったわい。
今じゃ、白いセイウチじゃあああ。


DSC090817-19.jpg
DSC090817-20.jpg
DSC090817-22.jpg
DSC090817-18.jpg
DSC090817-24.jpg

腹が減ったけど、面河の食堂、全部閉まっちょる。
久万高原まで下っても、どっこも開いてない。
三坂峠下った一発目のうどん屋で喰おうゆうことになって
見つけたのが製麺所の文字も書いてある「名菓・一六タルト」が経営する「北斗」
え~~~、まさか~~~~「かなくま餅うどん」みたく~~~
あんこ入ってないやろね~~~と心配しつつ入店。
ご安心。ごくごく普通のうどん屋さんでした。
アタタタタタ~~~~~~。
北斗の麺。飲食完了。空の丼に向かって一言。
「おまえはすでに喰われている!!!」
かっこいい~~~~~!!!


DSC090817-17.jpg

なんか食い足りんので、回転寿司でも喰おうか~~ゆうことになって
「どっか美味しい回転寿司ないですか~~」って通りすがりの地元の人に聞いたら
「そりゃ、”おんまく”やな~~~~
けどこの時間はたぶん無理やで、そうとう混んじょるよ~~」

あ~~~”おんまく”聞いたことがある~~~~。
混んでてもええわ~~~行く行く。

ところが混雑は予想以上。
駐車場入れても、駐車スペースないし、店内&店外行列。一時間以上待ち。
う~~~あえなく断念!!!



DSC090817-15.jpg
DSC090817-14.jpg
DSC090817-12.jpg
DSC090817-13.jpg
DSC090817-16.jpg

諦めて高速に向かっていると「お寿し通り」発見。
なんか入りやすそうな可愛い店名。迷わず入店。
いつものお決まりコース。
イカ喰って、鉄火喰って、うなぎ喰って満足満足。
ここは、鳥皮のパリパリ唐揚げもあって大満足やった~~~。
愛媛って回転寿司のレベル高いんじゃない。
今度は「おんまく」行ってみるぞ~~~~~~!!!











↓ザ ワンシックスタルトスイーツヌードル プリーズワンポチクリックヒア サンキュ

DSC0809793.jpg

先週木曜の今治出張に刺激され
今治大好きの緑あひるが

「グガア~~~~グエグエ(ずる~~~い私もいくいく~~~)」

などとのたうち羽ばたきまくるもので
愛妻家のわしとしたら行かねばなるまいって。

今治ってねえ、驚くほど食堂が多いんよ。
しかもみんないい佇まいの昭和チックなお店ばかり。
考えてみると、しまなみ街道開通以前には、
わしも、今治って大昔に一回しか来たことないんやなあ。
広島行くのにも、瀬戸大橋を使っていたし
松山行く時も遠回りになるから、ほとんどスルーしてた。
こんなちょっとした交通の便の悪さのせいか
時間にとりのこされた感じの古い町並が残っているのかな。
ゆったりのんびりしていて、静かで和むわ~~~。
こんなええ町とは知らんかった。


DSC0809808.jpg
DSC0809804.jpg
DSC0809802.jpg

まずは「鴨なんば」
う~~~ん。
ほのかな鳥汁に塩味がきいた好みの味。
おあげの甘みがアクセントになって旨い~~~!
ゆるりとしたおうどんも
この町の風情にはピッタリだな~~~。
ほんとにいい感じ。
「おかず棚」にある玉子焼き&ポテトサラダや
もつ煮込み、トンカツ、なんかわからんフリッターも超旨そう!!!
白飯でがっつんがっつん食いてえ~~~~。
オムライスや焼き飯も、うっまそ~~~なんじゃが~~~~!!!



DSC0809819.jpg

これが名物「マヨネーズ水筒」。
緑あひるがネットで見つけて大のお気に入り。
これを見るためにここに来たといっても過言ではない!!!
「ガア~~ガアア~~~(かわいい~~)」を連発しとった。
ちなみに冷水はサントリーオールドのボトルに入っている。
うける~~~~。シビレる~~~~!!!



DSC0809816.jpg
DSC0809813.jpg
DSC0809809.jpg

この中華そばにもシビレたなああ~~~!!!
こっちも塩っぱい系、最初から胡椒が入っていて
ピリッと辛味をきかせ味を引き締めている。
旨いな~~~~!!!好みじゃ!!!
これホント!!!呑んだ後には最高の一杯になりそう!!!
この中華そばで〆るだけのために
酒呑んでもええちゅうぐらいや!!!
今治中華そば、かなりポイント高い!!!
過去3杯食べてハズレなし!!!



DSC0809800.jpg

DSC0809798.jpg

この牛すじもええよ~~~。
1本200円。この巨大さでめちゃ安。
香川の平均的牛すじおでんの3~4本分は有にある。

いかんわ~~~。シビレまくりや~~~。
ここ絶対また来るわ。



DSC0809794.jpg






↓ ザ オールドスタイルチャイナヌードル・プリーズワンポチクリックヒア サンキュー

DSC0809845.jpg

木曜日、仕事でちょっくら今治へ。
日帰りなのがとても残念。
一泊して名物の焼き鳥&ビールで
したたかに酔っぱらいたかったなあ~~~。

昼食はキャプテン・どさんご推薦の「美松」へ。
先日紹介したスーパーD級グルメ焼豚玉子飯の
「重松飯店」を東に走った
下町情緒たっぷりな界隈の一角にある。

店内は常連さんとおぼしきお客さん達で賑わう。
厨房には以前、徳島の「田岡うどん」で見かけた
麺の伸ばし・切り・茹でが一連の動作でできるマシンがある。

麺類の名門・田岡うどん

機械に付着している粉は、真っ白くないから蕎麦粉かな。
うどんとラーメンは袋麺を使用しているようだから
蕎麦だけは自家製麺でやっているのかなあ。食ってみた~~~い!!!
でも今日は前から食べたかった「いりこうどん」!!!


DSC0809847.jpg

一見、質実剛健・頑固親父そうで、実はとっても優しい大将と
一見、優しそう、実はとってもとっても優しい女将さんとの
息の合った超まったり和みの接客がいいね~~~。


DSC0809844.jpg

これが「いりこうどん」。
じゃこ天っぽいのを想像してたけど
いりこを細かく砕いたものと、昆布の超細切りしたものを
ちょっと硬めの生地で天ぷらにしたもの。
甘めの味付けで、食感も味も
じゃこ天とかき揚げの中間のような新感覚の仕上がり。
うめ~~~~!

DSC0809840.jpg

これ!!!一泊して名物の焼き鳥&ビールで
したたかに酔っぱらった後の〆で食べると
またうまいんやろうな~~~。
ちくしょ~~~~。泊まりた~~~~い!!!


DSC0809838.jpg






↓ ザ ジェントリー マン&ワイフヌードル・プリーズワンポチクリックヒア サンキュー

DSC0808919.jpg
DSC0808921.jpg

いよいよ旅も終わりに近づいた。
クラウンのラーメンに魅了され
その安らぎ感と特攻アフリカンロードの疲労からか
しまなみ街道途中で燃え尽き、サービスエリアで車中泊。
静かな、くるしま海峡の朝を迎える。


DSC0808934.jpg

牧の膨張うどんせいで胃袋まで膨張してしまったようだ。
寝起きから異常な空腹感が襲う。
蒼い空気の中、
朝からあたたかいうどんが食せる幸せかな。


DSC0808930.jpg
DSC0808928.jpg
DSC0808927.jpg


DSC0808937.jpg
DSC0808938.jpg

今治じゃこてん、うま~~~い!!!
かめ家食堂。
ええ感じの佇まい。でももう閉店している様子。
残念。食べてみたかった!!!

DSC0809099.jpg

九州で買い込んだ
ご当地未体験インスタント麺。
さあ、来週はインスタントな日々の連続じゃ!!!





↓ザ アフリカンインスタントヌードル プリーズワンポチ クリックヒア サンキュ

DSC0807487-1.jpg

久万高原町にある真木食堂のラーメンを
目指したがお盆休み。
事前の調査が足りんのはいつものことじゃ。
次を目指せ!!!

DSC0807624.jpg

ごまの風味がきいた、つけ出汁が美味しい
同じく久万高原の釜あげうどん「こころ」も休み~~~~。
が~~~~ん!!!
う~~~ん、計画がズタボロや~~~。
まあ、事前の調査が足りんのはいつものことじゃ~~~。
う~~ん、さっき新店できとったなあ。
車もけっこう止まっているし、そこ行ってみよう。


DSC0807622.jpg
DSC0807617.jpg

写真ではちょっと分かりにくいけど、麺は極細麺。
香川で言うと「おがわ」を気持ち太くした感じかな。
製麺室には日清製粉の「雀」。
細い分、雀にしては淡白な仕上がり。
醤油はかな~~~りな甘味。
愛媛って甘党なんかな?全般的に味が甘い気がするけど。
大根は辛味がきいて、ちょうど甘さとミックスしていい感じ。
美味しい。
若い大将が頑張ってるよ~~。


DSC0807615.jpg
DSC0807613.jpg

かけ出汁もやっぱり甘い系。
この後、別の店でたべた「ざんぎ(鶏の唐揚げ)」も甘かった!
なんで甘いんかなあ???
愛媛の食文化はあまり知らないので、
なんとも言えないが

あ~~~~~~~
ま、まさか出汁とる時に
「坊ちゃん団子」入れてるとか~~???
まさかね~~~~。
でも探せば、香川でいう、
かなくま餅の、あんこ餅雑煮うどんみたいな
「坊ちゃん団子うどん」って
妙にありそうで恐い!!!



DSC0807610.jpg







↓ザ ハイランドヌードル プリーズワンポチ クリックヒア サンキュ

今治の「かねと食堂」を後にして
国道11号に戻り松山方向に。
もうひとつの目的。松山市手前の東温市にある
怪しいリサイクルショップ「えひめ青少年育成農場」へ。
その帰り、せっかくこまで来たんやから
「名物の鳥料理が食べたいよね~~~」と緑あひると意見が一致。
数日前までの夫婦喧嘩は嘘のよう。
で、再び今治まで帰って「歌町」へ。

DSC0806552.jpg
とりかわ。
独特のタレの味に皮の脂がミックスされ
とってもジューシーでプリプリ食感な一品。
旨い!!!これで今時、250円は安い!!!

DSC0806556.jpg
とりねぎ。柔かな肉質でサッパリした味わい。
ささみか胸肉なのかな。同じく250円。
1本83円強やから安いよね~~。
鉄板で焼くのがこの地方独特やね~~~。

DSC0806562.jpg
せんざんぎ。
骨付きの唐揚げ。超カリサクの表面。中身はとってもジューシー。
下味がついているから、そのままジャブシャブチュパチュパ。
骨の周りの肉を、犬になりきって食った。
うま~~~い!!500円ぐらいやったかな。
せんざんぎの由来は鶏肉を細かく切った「千斬切」という説も。
尊敬する年間うどん1000玉飲食の
「せんめんき」さんは「千麺器」説と「千麺鬼」説がある。


DSC0806569.jpg
DSC0806567.jpg
〆はやっぱりうどん!
呑み屋さんなのに250円なんやで~~~~。
やす~~~い。良心的!!!
ここもゆるりん系の今治うどん。
優しい大将曰く
「ゆるいやろ~~。わしらみたいな地元の人間は
さぬきの硬いんより、こんなやっこいんがすきなんや~~~」
この食感が優しい温和な人柄を作るんやろうね。

DSC0806577.jpg
DSC0806575.jpg
注目の中華そば!!!
な~~~んと、これも350円!!!
しかも、半端なく美味しい!!!感激!!!
今治で二店しか中華そば食べてないけど
完全にファンになってしまった。
これ、今治ラーメンで徳島ラーメンに対抗できるんじゃない。
この懐かし系の味、ご当地ラーメンで売り出せそう。

いや~~~、美味しい旅でした。
満足満足。
どさ~~~ん、ありがとうございました。



DSC0806547.jpg



↓ザ イマバリトラディショナル ヌードル2 プリーズワンポチ クリックヒア サンキュ




銀河間宇宙磁気嵐のせいか
方向感覚が鈍ったのと時空間の歪みから
新居浜小惑星のうどんステーション「ほの香」には
結局辿りつけないまま今治星を目指した。

地球よりも太陽に近いせいか
それにしても暑い。なんなんだこの暑さは~~~。

DSC0806523.jpg
DSC0806518.jpg
DSC0806514.jpg
わ~~~~!!!
ゆるゆるがとっても新鮮。今治うどん!!!
ゆるゆるゆっても、死に麺ゆるゆるじゃなくって
じっくり煮込んだ系ゆるゆる。
美味しいお出汁の味も染み込んで、
超ソフトで滑らか食感が、うめ~~~~!!
なんか分からんけど文学的な味がする。
文豪達も愛したおうどんちゅう感じがするんや~~~!
なんやろうね。
食べていると、ひらがなが頭の中を
蝶ちょのように舞っておるんや~~~~~。

ここで一句

ゆるりらの

あいうえおうどん

ちゅるりらりん




DSC0806531.jpg
DSC0806528.jpg
DSC0806525.jpg
この中華そばには驚いた。
麺には独特のシコシコ感があって
どちらかとドライな食感だが、きちんと味がのっている。
スープはストレートに原料の味が分からないほど複雑。
魚介系メイン&椎茸系プラスの味だろうか?
サバ?焼き飛び魚系(あご)?の甘みも感じる。
なんだろうな~~~~。
鼻からぬける味醂?の感じもまろやか~~~~~。
中華そば系風味では初めての領域や~~~。
うんめええ~~!!!


うどんも中華そばも
ゆっくり時間が流れる美味しい味やった。
いいな~~~「いまはる(今治)」!!!




DSC0806511.jpg





↓ザ イマバリ トラディショナルヌードル プリーズワンポチ クリックヒア サンキュ



| main | next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。