上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20110719-1.jpg
20110719-2.jpg

新居浜のスーパーで買った浦島製麺のラーメンパック。178円。
う~~~~ん、なんだかとっても日清のチャルメラチックなスープだ。
でもどこかひと味違う、その物足りなさがとっても哀愁的で
男の中の母性本能をくすぐられる一杯。
食堂中華そば系だけど、どちらかというと海の家系中華そばの香り。
う~~~~ん、ゆるやか~~にほんのり~~~っと
昭和が見え隠れして、フローライフ的なうまさだな~~~~~~!!!


20110719-3.jpg
20110719-6.jpg

同じく新居浜のスーパーで発見。
見たことなかった「焼きチキン」。
これは地域限定物新発見と思い喜び勇んで買ったが・・・。
翌々日、高松のコンビニで発見!!!
万長ラーメンとカップヌードルごはんをもらったお返しにと
お土産分まで買ったのに・・・・。


20110719-4.jpg
20110719-7.jpg

さらにショックだったのは「チキンラーメンお好み焼き」。
今年の始め頃、TVを見てたら地域限定販売のこいつが紹介されて
高知、福岡、大分、佐賀、広島、岡山、京都、愛知、島根とことあるごとに
探し求めていたが、なかなか出会えなかった愛おしきラーメンお好み焼き。
西条のスーパーで、ついに遭遇!!発見!!!
こ、こいつもお土産としてお買い上げ~~~~~!!!

が、しかしっ!!!
「これ、高松市内のコープで山積みで売ってましたよ~~~~」
っと会社の女子!!!

ガガガガガ~~~~~ン!!!レディガガガガッガ~~~~~ン!!!!

うっそ~~~~~~~!!!がっくり!!!


しかしチキンラーメンシリーズ、
こんなんもあるんや~~~。知らんかった~~~!!!

おやつチキンラーメン

チキンラーメン夏野菜カレー



20110719-5.jpg

これも、どこにでもあるんかいの~~~~~。

20110719-100_20110719173947.jpg
20110719-101.jpg

こっちはちょっと前に
大阪に出張する、となりのChilcaさんに無理を言って買ってきてもらった
地域限定販売のカップヌードルごはん。
これ、旨かったな~~~~。なかなかいい出来です!!!

そして、いよいよ7/25日より全国販売に!!!
うれし~~~また食べれる~~~~!!!


カップヌードルごはんHP













スポンサーサイト
夏の3連休初日。所用があって松山へ。
高速代高くなったけん、全部、下道で行くど~~~~!!!
地元のスーパー巡りしながら行くど~~~!!!


20110717-6.jpg
20110717-4.jpg
20110717-5.jpg

その前に腹ごしらえ。
朝食は前から行きたかった、川之江駅前食堂の「大平」。
人気メニューの噂のチャンポン。
焦がし?ラードの風味が抜群。スープ美味し!!!
後を引く旨さじゃ!
野菜もたっぷりで栄養バランスも抜群!!!
玉子はおでんの玉子?
しっかり味がついている。おもしろ~~~~い。


20110717-2.jpg
20110717-3.jpg

おうどんはこんな感じ。
日本の正しい大衆食堂のおうどんって味覚だね~~~~。
懐かしテイスト!!!


20110717-11.jpg
20110717-7.jpg

昔から駅弁販売もしているようです。
昭和初期、多くの旅人の空腹を満たしたんだろうな~~~~。
コーヒーもサービスしていただいて
ありがとうございました~~~~~~!!!


20110717-12.jpg

ちょっと先に進んで、前から気になっていた
「かいのストアー」

20110717-8.jpg
20110717-9.jpg

見慣れない鮮魚がいっぱい。


20110717-13.jpg

ぎゃ~~~~~~~~~!!!
ここ20年ほど探し求めていた
穴子の味醂干しがああああ~~~~~~。あった~~~~!!!
はあはあはあ~~~~大興奮!!!

20110717-14.jpg

その日の夜は、こいつをアテにべろんべろん。
うっま~~~~!!!しゃ~~~わせ~~~~~~!!!

20110717-10.jpg

「かいのストアー」で買った、
珍しい、はもフライ。130円。
こうして地元の味を楽しみながら走るのは
たのしいの~~~~~~!!!


つづく














20110312-1.jpg

松山のアーケード街で見つけた「松山ラーメン」
昨年買って食べるの忘れてて、賞味期限切れ一週間経過。
もったいないんで急いでたべた。
甘い味かなと思っていたら、スタンダードな醤油味。
なかなか美味しかったです。

20110312-6.jpg

なんと言っても味の決手は、地域限定・松山ウインナー。
これを叉焼がわりに入れてW松山仕込み。
これが本当の松山ラーメンじゃ~~~~~~!!!


20110312-7.jpg

次はぼっちゃん団子も入れてみようかな~~~~!!!



20110312-2.jpg

最近、土曜の夜の自宅呑みお気に入りスタイル。
立呑み屋のようにベリーチープなスタイルで一杯。
ワンカップとさんまの蒲焼き缶。
これをちびりちびりやりながら・・・・。

20110312-5.jpg

たこ焼きが焼けるのをのんびりと待つ。
明石焼みたいな水っぽい生地やから
焼き上がりまで20~30分。
表面カリカリ。中身はとろっとふわふわタイプ。
これがめちゃうま!!!
時間がかかるから、残業続きで平日やるのは無理。
毎週土曜が待ち遠しいくらい。
チーズを入れたタイプも焼いて、これがまたベリうま!!!
しかも時間をかけて焼くから少量で満腹。
油使ってるけど、かえってダイエット効果もあるようじゃ!!!











連続高額当選の竹村商店で宝くじ買って
こりゃもう当たったも同然!!!
金欲を満たした欲深夫婦、
やっぱり次に満たす欲望は食欲じゃ!!!

当初は宝くじだけ買って帰るつもりやったけど
「ことり」もぎりぎりセーフで食べられたし
今年はラッキー。勝負強い!!!絶対、当たったも同然!!!

ここまで来たら、いっしゅうさんご推薦の
松山三大ソウルフードの残りふたつ「瓢太」「みゅんへん」にも
触手がむずむずずるずるずずずと動きだす!!!

病院で「まずは禁煙&ダイエット」って言われたばっかりやのに
意志の弱い欲深夫婦。
緑あひるも完全に食い気モード!!!


20110304-3.jpg

夜は居酒屋営業のお店。
うっまそうな酒が、おでんが、ズラリと並ぶ。
ここは一泊で来たいところやね。

20110304-1.jpg

まずは噂のスープを一口。
あま~~~~~~~~~~~~~い!!!
過去、食したラーメンの中で一番甘いかもしれない!!!
スイーツ系ラーメンや!!!
どれくらい甘いかというと、
愛媛名物ポンジュースを三倍濃縮して酸味を半分にしたくらい
あま~~~~~~~い!!!

最初は蓄積された経験によって構築された既成概念で
そっちの世界に行ってはダメよと、ちょっと脳が拒否反応を示したが、
食べ進むにつれ、甘美な味の誘惑によって
こんな甘い官能の世界があってもいいんじゃないかと揺らぎ始める。
最後には麺も叉焼も食べ尽くし
残ったスープをレンゲで高速ですくい取り、何回も飲み返していた。
もう超甘スープの虜と化していたのだ。
この味はどこから来て、どこへゆくのだという謎と探究心が湧いてきて
自問自答をするように何回も飲み返す。

横にいた緑あひるの
「もうそれ以上は飲んじゃダメ!!!」という
鋭い逆さ三日月眼光に気づいた時に、ハッと我に帰った。

これは浮気ひとつしない真面目なサラリーマンが
ある日突然、官能的な美女に出逢い深い恋に落ち
それを嫉妬の眼差しで見詰める妻というようなシチュエーションの
ドラマのようだ。

また、この叉焼が絶品なこと。
柔らかくトロトロで、口の中で自然にとろけてゆく。
旨い!!!
この叉焼の甘い煮汁をベースにスープを構成してるんやな。
スープと叉焼の双子的、甘味のツインピーク。
松山スイーツラーメンの味の頂点が天空にそびえ立つ!!!



20110304-4.jpg

それだけ甘く妖艶なラーメン。
麺は硬めでキュッとしまった腰のように。
甘くトロリをした叉焼は豊満な乳房のように。
甘いスープは濃厚な口づけのように。
今も私を悩ましている。


20110304-2.jpg

おでん。
これを焼酎と一緒にグビーとやりたい!!!

20110304-5.jpg

いっしゅうさん、すみません。
せっかくお誘い頂いたのに、当初は宝くじだけと思いつつ
松山ソウルフードの奥深き味わいに、どっぷりと浸かってしまいました。
まさに瓢箪から駒。
瓢太から「みゅんへん」も行かねば~~~~!!!






















20101022-1.jpg
Photo by Chilka

立派な万長になろうと新居浜まで旅にでた、となりのChilkaさん。
立派な大人の箱買いに、黒猫のジジも大喜び!!!

20101022-2.jpg
Photo by Chilka

2010年10月10日、気さくなスーパー・木村チェーンで世紀の万長復活祭は催された。
奇跡の復活!!!この喜びにわしは興奮しまくり、
「キムラ・チェン~~~ありがとう~~~~~」っと
日本出身の香港カンフー映画のスーパースターを賞賛するかのように雄叫びをあげた!!!


20101022-3.jpg
Photo by Chilka

万長復活祭の模様。
となりのChilkaさん、これでやっと立派な魔女、いや、万長になれたね~~!!!


20101022-4.jpg

そんな箱買い万長。
となりのChilkaさんから、わしのところにも届いた!!!
もう感極まって極まって、
口からよだれ、目から涙、鼻から鼻水、
体中の穴という穴から液体が~~~~~~~!!!
ありがと~~~となりのChilkaさん!!!


さあ、新旧万長の食べ比べじゃ~~~~~~!!!


20101022-8.jpg
20101022-6.jpg

大事に大事に残しておいた賞味期限切れの旧万長。
水2合5勺を沸騰させて~~~~~。
三分間炊いて~~~~。
スープの袋の三方を切開して~~~~~~。
おおおお~~~~~~!!!
懐かしい味。三分で栄養満点じゃ~~~~!!!

丼の底に沈殿するかのような化調の味わいが
昭和の味の記憶を復活させてくれる。

スープ味わいはのお湯で薄めると分かりにくいけど
袋からそのまま舐め比べてみると歴然と分かるね~~~~~。
新万長は豚骨味とヘルシーさが際立つ。
旧万長は21世紀を夢見た昭和初期の化学への憧れの味わいがする~~~~~!!!
これが、この味が昭和人にはたまらんのよね!!!


20101022-7.jpg
20101022-5.jpg

沸騰したお湯450ccに麺をいれて~~~~~
2~3分間煮て~~~~~。
スープを開封して~~~~~~~。
三分間で美味~~~~~~。

新万長の麺は、もっちりしんなりとした感じ。
箸によく絡み付く。
みんなで寄り添っているような姿。

旧万長、あの特有のスッキリスベスベ感、健在!!!
箸には絡まず、自己を主張するかのようにピンッと張って凛々しい。
一本一本が自立した姿だ。
これがスベスベスッキリ喉越しの秘密なんだろな。

全体の印象としては
小さな違いはあるものの、旧万長のイメージを踏襲した仕上がり。
万長復活を望む新居浜市民の勇士達が、研究に研究を重ね完成した新万長。
よく頑張ったな~~~。涙ものです。

新居浜市民にここまで愛される、ご当地万長ラーメン。
こんなラーメンめったにないよね。
万長、フォーエバー!!!
わし、うれし~~~~~~~~~!!!





20101022-9.jpg

高松市内の饂飩有形重要文化財やった植田製麺所。
建て替え?進行中???
ちょっと、ほっとしました。
こちらの大復活も大希望!!!!!















20101012-1.jpg

となりのchilkaさんが日曜日
新居浜のお友達のところに行っていたようで
木村チェーンで行われた復活万長ラーメンの試食会にも参加したみたい!!!
お土産にもらった復活万長!!!早速10分程前に頂きました!!!
ありがと~~~~~!!!chilkaさ~~~~ん!!!


20101012-2.jpg

お味の方は・・・・・。
推理もの映画の犯人を入館前に教えるようなものだから
教えないよ~~~~~!!!
楽しみはとっておかないとね~~~~!!!

パッケージ写真↓ ど~~~しても気になる人はクリック拡大できますよ~~!!!

20101012-3.jpg
20101012-4.jpg







いやいやしかし!!!
今年は、香川の「宮武うどん」復活!!!
高知の「うどんの岡崎」復活!!!
そして新居浜の「万長ラーメン」復活!!!
大好きな大好きだった三県を代表する麺が奇跡の復活!!!
うれしいことしきり!!!
わしも、この復活ブームにのって
「笑うよだれ」も復活しようかな~~~~~!!!てかっ!!!
















本日夕刻、となりのchilkaさんに
メルマガの転送があった。

復活の詳細は不明だが
新居浜のスーパー「木村チェーン」田所支店で
限定300食の試食会が10/10日・11:00から催されるらしい!!!
お土産万長もあるみたいだよ~~~~!!!

わしも行きたいな~~~~!!!
全国の万長ラーメンファンよ!!!
新居浜集結~~~!!!





DSC100306-39.jpg
DSC100306-17.jpg

冷たい雨が降る中、
四国中央市・土居の藤原海岸へ。
貝掘りしている人は4人程。
しかも干潮時間は過ぎ、潮が微かに満ち始めている。

高松出発して20分ほど走ったら
緑あひるが突然、

「ガーガ=====(ガスの火消したやろうか~~~~)」

って言い出して、戻って確認。
ちゃんと消えてたけど一時間程度のロスタイム。

りこさんが教えてくれたポイントなのに~~~~~~
ヘタこいた~~~~~~~~!!!
でも、アサリやマテの貝殻わんさかあったな~~~~~。
これは期待大かも!!!


体が冷えきって、あったかいものが食べたくなって
海岸線を西に走って路地から路地へ。
当てずっぽうに車を走らせ、辿り着いた先には・・・!!!


DSC100306-20.jpg

巨大火の用心ボーリングピンじゃないですかっ!!!
おおおおお~~~~!!!
麺の神様のお導きじゃ~~~~!!!


DSC100306-26.jpg
DSC100306-25.jpg

あの、ひかり食堂じゃないですか!!!
スタンダードな「中華そば」
魚介中心のスープ。特にイリコ独特のクセを感じる。
さすが元祖讃岐ラーメンの「はまんど」に影響を受けたスープじゃ。
懐かし過ぎず、新しい時代の昭和を感じさせてくれる。


DSC100306-23.jpg
DSC100306-24.jpg

限定食の「ひかりそば」
鶏と野菜を煮込んだ、とろりとした仕上がりスープ。
味わいは淡白にして複雑。
これもイリコメインの奥にいろいろな素材の旨味が溶け込んでいる。
個性的なスープやねえ。
「はまんど」もそうだけど、
意外性の強い味のフィニッシュなため
好みは分かれるかな。
でも、ハマる人にはとことんハマる味やね。

二点とも大将の努力と情熱を感じる熱い一杯でした。
その努力と情熱は麺とスープに
複雑な構造の建造物のように織り込まれ
さっぱりとした味わいとは逆に
どっしりとした奥の深い印象を与える。


DSC100306-28.jpg
DSC100306-27.jpg

無駄のまったくない大将の動きも必見。
機械のようでいて、職人の技を感じる動き。
迷いなどなく、自分の作品を創作し、
ひとつひとつの味を丼の中に刻み込む彫刻家の作業のようでもある。
とにもかくにも、ひたむきさの感動を感じる一杯だった。



























↓ザ 2010 エリエールシティヌードル プリーズワンポチクリックヒア サンキュ

DSC091115-33.jpg

愛媛県新居浜市が誇る
世界の棒ラーメン希少品種「万長ラーメン」
全国流通はもとより当時は
地元でしか手に入らなかった希少中の希少ラーメンなのだ。
その製造元・昭和20年創業の安葉製粉が倒産という
衝撃的なニュースが飛び込んできたのは
紅葉も色づき始めた先月の初旬のことだった。

万長ラーメンとの初めての出会いは、おそらく高校生卒業の頃。
当時松山の大学に通い、下宿生活をしていた従兄から貰い受けた記憶がある。
しかし記憶は定かではない。
当時は、大手インスタントラーメンの新製品ラッシュの走りの時期でもあり、
主流が袋麺からカップ麺へ変貌しようとする、
インスタントラーメン怒濤激動の時代でもあった。
そして、カップ麺が世界市場に羽ばたく躍動の時代でもあったのだ。

その頃の印象としては
光輝く国際的ブランドとは対照的に

「なんだぁ~~~
四国の片田舎のローカルな棒ラーメンかぁ
棒ラーメンならマルタイの方がメジャーだし~~~~
今は熱湯注いで3分の時代やしねぇ~~~~
もう無くなるんとちがうかな~~~」

そう!時代とのギャップ。
光と影のギャップ。
当時、自慢げに珍しいラーメンを見せびらかす
従兄のご満悦とは逆に、うっすらとした印象しか残っていなかった。


しかし!!!
数十年の時を経て2007年5月。
まるでタイムマシンでやって来たかのように
「万長ラーメン」は現れた!!!
再会の出会いは偶然で、鮮烈だった。
地元・新居浜市民の愛情に支えられ、
切々と長い時代を生き抜いた謙虚にして存在感のある風貌。
どこにもない個性的な麺質と味わい。
大人になって分かる味わい。
もうすでに泡のように消えて無くなっていたと思えた存在。
まさに、遥かな時代を経て生きながらえた
古代文明に遭遇したかのような出会いだったなあ。
感動すら覚えた!!!


過去記事/万長ラーメンとの出会い



2007年もしくは2008年頃に一度、
リコール問題(麺にカビが付着)が起こり心配していたが、
その後、愛媛県外のスーパーマーケットや
大規模ドラッグストアの食品コーナーにも流通するようにもなり
ようやくマーケットニーズに火がつき販路拡大したかと思えた。
が、しかし、それとは裏腹に、原油高騰に加え小麦粉の高騰のあおりを受け、
製造元が経営に行き詰まり事業継続を断念。
取引先倒産で不良債権を抱る等もあったようで、
債務超過に至って悲しい結果を招いた。



過去記事/安葉製粉





DSC091115-1.jpg

さあ、座を正して
残り少なき万長ラーメンをいただきま~~~~す。



DSC091115-2.jpg

秀逸なほどにすべすべの麺質。
スッキリしてクリアながら、濃厚な旨味のある個性的スープ。
しみじみ旨い!!
この味、この存在があと数食で
記憶の中だけの食べ物になってしまうとは・・・・。
実に悲しく、恐るべき真実。



DSC091115-3.jpg

従業員18人(一時期16人)の
小さな小さな会社で作られる棒ラーメン。
数十年間、愛され変わることなき不動の味わい。
ピュアで美しい。


DSC091115-4.jpg

数々のブログを見ると
県外に旅立たれた新居浜市民の方や
愛媛県民のみなさんにも思いで深い味わいで
帰郷の際にまとめ買いし、この味を楽しむ方も多いようです。
海外移住や赴任されている方の中には、30箱のまとめ買いをする人もいるそう。
まさに成長の過程でしっかり刻まれた郷土の味わい。
忘れてはいけない味わいなんですね。



DSC091115-6.jpg


新居浜市民のみなさ~~~~ん。
この味わいが~~~~
時代から消えて無くなってしまうのは~~~~
実に残念です!!!
市民パワーでなんとかならないものなんでしょうか。
麺好き人間。この味を絶やすな~~~~~~~!!!
希少にして貴重な文化の味やでえええ~~~~~~!!!
次代の子達にも、この味を!



万長、復活望む~~~~~!!!





















↓ザ メイドイン ニイハマシティ オンリーワンヌードル プリーズ クリックヒア サンキュ

| main |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。