上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ちょっと気になるうどん新店が
オープンしたというので早速行ってみた〜〜〜〜!!!

20130406-1.jpg

おおお〜〜〜〜〜!!!
憧れのダルマ薪ストーブが、ずっど〜〜〜〜ん!!!

20130406-2.jpg

元は、古民家改造の
ローズガーデンカフェ「無題庵」だったので
とってもおしゃれな店内。うどん屋の雰囲気じゃあないよね〜〜〜。
くる前は「名もないうどん屋」の系列店かとも思ったけど
まったく関係ないみたいじゃ。

20130406-3.jpg

南側の部屋には蔵の扉を再生させたテーブル。
重厚感があってとっても素敵〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!
ええ雰囲気のお店や〜〜〜〜。好みやわ〜〜〜。

20130406-4.jpg

まずはお茶が通され、ほっと一息タイム。


20130406-7.jpg
20130406-8.jpg

皿うどん風の「あんかけ」500円。
奇麗や彩りやね〜〜〜。
あんは思っていたよりさらさらタイプ。
麺は上品ですっきりとした味わい。さぬきの夢系かな〜〜?
おや〜〜〜!!!
なんか麺の幅や厚みが超均等!!!
しかもうどんの先端・末端もきれいに切り落とされている。
ご主人の手打ち麺と聞いていたが・・・。
見た目はあまりにも奇麗過ぎて冷凍麺のようだ。

20130406-5.jpg
20130406-6.jpg

続いて「ぶっかけ冷」380円。
おおお〜〜〜冷で食べると一層上品な味わい。
しかもすこぶる喉越しがいい。つるっつるっ!!!
とってもとっても繊細なおうどんや〜〜〜〜〜〜〜。

20130406-10.jpg

カフェ時代の名残なのか
どのうどんにもコーヒーがついてくる。
なかなか深い味わい。
この雰囲気の空間で
380円のぶっかけうどんにコーヒーが付いてサービス満点。
なんだか申し訳のないような気分。
でもありがとうございます。おいしかった〜〜。

一人で営業されている女将さんに聞いてみた。

「奇麗なおうどんでうね。ご主人が打たれているんですか?」

「そうです。毎朝20人前ほど、出勤前にパパが仕込んでいってくれるんですよ」

「この仕上がり、とても几帳面な方なんでしょうね。」

「そうなんですよ〜〜。
とても几帳面で生地の無駄な部分を落として
真四角にしてから切るんですよ。
でもね、几帳面な癖に後片付けをしなくて
台所を打粉で真っ白にしたまま出かけちゃうんですよ〜〜(むっ)」

「出勤前なら仕方ないですよ。
僕もうどんを打つからわかるけど、打ち終わった後の台所って
凄いことになるんですよね〜〜〜〜」

「えっ、あなたのような高貴な方がうどんを打つんですかっ??」

「えっ、後期?(高貴??????)」
(わしは自分の耳を疑った。後期ならわしがジジイでうどんも打てないほど
老いぼれた姿だというのか?高貴ならとても世間知らずの公家のように見えるのか?
小学生時代は浩宮様に似ている言われたこともあったが・・・)

「とても高貴な雰囲気をお持ちですね。
ご職業はお医者様かなにかですか?」

「えええ〜〜〜〜、とんでもない!!!
ただの会社員です」

「いやいや、そうでなければ
なにか芸術関係のお仕事とか・・・・」

「いやいや、ただのなんでもない会社員です!!!」

なかなか鋭い女将や!!!
洞察力が半端じゃないなっ!!!
もう少しで、
実は、わしはエリザベス家出身の
前衛芸術家で瀬戸内芸術祭に合わせて来日したと
告白するとこやったわ〜〜〜。

20130406-11.jpg

高松市内・仏生山の秘境にあるうどん屋さん。
なかなか楽しい高貴な時間が過ごせました。
5月になれば自慢のバラが咲き誇るようなので
また来よう〜〜〜〜!!!

その時は食後にローズヒップティーを飲みながら
イギリス王朝の午後を楽しみましょうかね〜〜〜〜〜。

20130406-12.jpg

「おうどんあります」
この看板が目印ですよ〜〜〜〜。















スポンサーサイト
なかなか記事を書く時間がないので
書きかけでアップし忘れていた過去ネタを。
(書きかけのままですみません)
新店やったけどもう一年ちかく経過してるかな?
今はどうなっているだろう。




ネバーエンディングストーリーのように
果てしなく続く、香川のうどん新店ラッシュ。
全店制覇維持活動。そこのあるものは「意地」でしかない!!!

20120617-1.jpg
20120617-2.jpg
20120617-3.jpg
20120617-4.jpg

坂出の新店「福まさ」
ふんわりとした食感の麺質に、優しい味わいのお出汁。
なかなか安定感がありますね~~~~。
大将もなかなか落着いた作業風景。度胸もよさそう?
店員さんも緊張することなくナチュラルな接客。
安心感もありますね~~~~~~。

前を通る、161号高松坂出線は無料化に伴って交通量が激増。
反対車線からの進入も比較的ラクだし、なかなか好立地でのオープン。
座席数に対し駐車場が狭いのがちょっと難かな。
移動中の昼飯うどんには、なかなか便利な立地やから
昼食時間帯にこぼれるお客さんもでそう。
あと5~6台でもキープできれななあ~~~~~。
あと、お得感・満足感のあるメニュー構成ができあがれば
なかなか繁盛しそうな条件が整った新店でした。



20120617-5.jpg
20120617-6.jpg
20120617-7.jpg
20120617-8.jpg
20120617-9.jpg

高松市中央卸売市場近くの「いちみ」
プレオープン期間は
うどん2玉+揚げたて天ぷら3品まで300円均一料金。
3日後血液検査のあるわしは、
我慢して我慢して、うどん1玉+エビ天1本。
しか~~~し、
我慢したにもかかわらず、ガンマ-GTP値と尿酸値がオーバー。
あああああ~~~~酒の呑み過ぎ、筍の食い過ぎや!!!
くそお。どうせ結果が悪いんなら
うどん2玉+揚げたて天ぷら3品食べとけばよかった。
わしのガマン-GTO値だけが上がる結果となった。


なんだか懐かしいお味だったんで
大将にお話を聞いてみると、同じのうどん学校出身のよう。
あの地獄のようにうどんを食べまくった5日間。
通算30杯以上は食ったんじゃないかな。
徳島から来ていた研修生は、もううどん食いとうないって
帰っていったほど過酷なうどん虎の穴学校やった。
同じ経験をしたもの同士、思い出話にちょっと会話が弾みました。

まだまだ作業に慣れていない様子だけど
表通りから奥まった場所柄、
地域に溶け込みながらゆっくりと成長して欲しいです。
夫婦で仲良く頑張ってくださいね。


20120621-100.jpg
20120621-101.jpg
20120621-102.jpg
20120621-103.jpg

高松市内番町の「やまびこ屋」
昼時なのに生憎の空模様でお客さんの入りが少なかった。



20120625-1.jpg
20120625-2.jpg
20120625-3.jpg
20120625-4.jpg
20120625-5.jpg
20120625-6.jpg


三木町の「尾後や」
最近の傾向か、うどん屋中華そば&ラーメン。












20130127-1.jpg

わしの夢は脚本家か小説家になることだった。
そして三木町に引っ越して
ペンネームを、じゃ〜〜むす三木町にして
華々しくデビューすることだった。

三木町まで引っ越したまでは良かったのだが・・・
長文を書くのがとっても苦手なことに気がついた!!!
夢はあっけなく敗れてしまったのだ。

20130127-2.jpg
20130127-3.jpg

そんな夢破れた憂鬱な日々も
寒川のうどんは癒してくれる〜〜〜〜。
優しいお味だね〜〜〜〜〜。

20130127-4.jpg

テーブルの上にポン酢があったので
お出汁に加えてみると
あらま〜〜〜〜なんとも言えん清涼感ある味に
フレッシュ度アップ。

20130127-5.jpg




20130127-6.jpg
20130127-7.jpg
20130127-8.jpg

これは去年秋の
「三木町文化祭」で出店していた
まんでがんうどん焼き。
飛ぶように売れていたな〜〜〜。
ご当地B級グルメになるかな〜〜〜〜。
ならんやろうな〜〜〜〜。










20130125-1.jpg

我が町、三木町には「寒川」という
うどん屋さんがあるわけで
日本が世界の経済戦争に敗れても、
寒川はいつまでも残るのであろうか?
う〜〜〜〜ん。と考えながら
近場にある市場のうどん屋「みさと」へ。

20130125-2.jpg
20130125-3.jpg
20130125-4.jpg

まろやかで旨味の効いたお出汁に
細めのうどんが、しなやかに絡みつく。
オープン当初の味の記憶とは別物の仕上がり。
さぬきうどん色満載路線の味ではないけど
心がほわんとなる一杯でした。
このお出汁なら、もうちょっと熱めのほうが
さらにほんわかなれたかな。
寒い日やったからな〜〜〜〜〜〜!!!

20130125-5.jpg

ジャンボかき揚げど〜〜〜〜〜ん!!!

20130125-6.jpg
20130125-7.jpg

徳島ラーメンから味噌ラーメンまでラインナップ。
おまけに店頭の看板には皿うどんまで
まるで麺の博物館のように進化する「みさと」であった。















20130101-2.jpg

遅ればせながら、2013年、
明けましておめでとうございます。

20130101-1.jpg

今年は石の下にも三年。
コツコツと地道に努力を積み上げていくつもりです!!!

20130101-3.jpg
20130101-4.jpg

今年の初うどんは、家族全員で
仏生山・法然寺にある「竜雲うどん」の年明けうどん。

20130101-5.jpg

竜雲来たなら、これも食べなくちゃね。
和のテイストが効いたラーメン。

20130101-6.jpg

決して意図して盛りつけたわけではありません。
あくまで偶然。

わし「おでんなにたべる〜〜?」

みどりあひるばば「玉子がええ」

わし「ほなわしも玉子がええな〜〜〜」

みどりあひる「わたしはウインナ〜〜〜」

とっても男性的で
エロい盛付けになってしまいました!!!



20130101-7.jpg

本年もよろしくお願いいたします。
















20121124-1.jpg

2度目の訪問。さぬき市・長尾の「いわせ」。
前回来た時、心残りになっていたメニュー「カツカレーうどん」をオーダー。
「味噌カツラーメン」で育った高知県民。
麺の上に、カツがのっかっていると、みょ〜〜に気になる!!!
食べたい衝動が烈火の如く沸き上がる。

20121124-3.jpg

ちょっとメンチカツのような風貌の、おカツ様がど〜〜〜ん!!!

20121124-4.jpg
20121124-5.jpg

うどんを持ち上げようとすると、
もの凄い粘着性のあんかけカレー出汁。
灼熱の溶岩に例えると、
流動性が強いハワイのキラウェア火山に対し、
溶岩ドームを形成する九州・普賢岳の溶岩のような感じ。
汁気がなく、なかなか持ち上がらん!!!
しかも、丼に顔を近づけんと、思うようにうどんがすすれん!!!
一回のバキュームで吸える麺は6cm程度。
硬いあんのせいか、めっちゃ熱いのでこの程度が丁度いい。
15cmを一気にすすると、やけどしてしまいそう。
今までで一番熱く、重量感のあるカレーうどんじゃった!!!
出汁の味わいは、辛さ超控えめ、すこぶる甘めです。

20121124-6.jpg

かけうどんはこんな感じ。
さすが、一般店。見た目がちょっと豪華。

20121124-7.jpg

おでんもなかなかええかんじ〜〜〜!!!

210121124-8-1.jpg

うどんすき鍋メニューも豊富なようで
次はこれかな〜〜〜〜。

20121124-8.jpg

地元の超常連さん達?が多い
アットホームな雰囲気漂うお店でした。












20121118-20.jpg

君は美貴。野茂は物。
野茂のパパの物は野茂のママの物。
しかし野茂のママのものは野茂のパパの物。
物は野茂。しかし君は美貴。

(キミハミキ ノモハモノ ノモノパパノモノハノモノママノモノ
シカシノモノママノモノハノモノパパノモノ ノモハモノ シカシキミハミキ)

なんて、回文依存中毒患者にありがちな頭脳回路で
三木町の、その名もズバリ!!!うどん亭「みき」に入店。
ちょっと店名を間違うと「みき亭〜〜〜〜〜〜」と叫ぶ
夫・品川庄司の庄司智春(36)の顔が浮かぶ。

20121118-21.jpg

店内に入り、まず目についたには
香川県ローカルのうどん屋には似つかわしい
国際感溢れる二人のとっても若い女性。
うどんをパスタのようにオシャレに食べていた。
出身は韓国?中国?
ここ三木町は学園都市でもあり、留学生も多い。
この店は香川大学農学部にも非常に近い。
昼時で混んでる店内。二人の隣の席に着席。

「トウキョウ ダイトウク スミダク
チェホンマン スミダ
(今、隣の席に座った
赤いノースフェイスのダウンジャケット着た
背の高い男性、とってもダンディよね)」

「ウオツリ!!!タケシマ!!!
(私も今、そう思っていたところ!!!とってもセクシーよね!!!)」

二人の国際的こそこそ話。
ふふふふふ、二人は知らないだろうが・・・
わしは世界 いや 宇宙360カ国語を理解する 
バリカンおやぢ いや バイリンガルおやぢなのだ!!!

大和撫子にはまったくモテないわしじゃが、
国際的には、まだまだ通用するの〜〜〜〜〜〜〜。

20121118-23.jpg

雑節の旨味がきいたお出汁。
イリコぶんぶんの讃岐うどん信仰者だったわしだけど
住めば都。ほのかに郷愁漂う、うどん原型のあるおうどん。
こんなんもええね〜〜〜〜〜。
うどんは千麺一麺。いろいろな表情のうどんとの出会いが楽しい。

20121118-24.jpg

ガーリックの効いた鳥フライ。
やっぱ鳥肉にはニンニクじゃわ〜〜〜〜!!!

20121118-25.jpg

「セルフの店 みき」
回文的視点で読むと「君、蝉の古瀬?」
う〜〜〜ん、いまいち!!!













よく、「うどんは西高東低」とか
「東讃は旨いうどん屋なし。旨いうどんは西讃にあり。」聞きます。
確かに西と比べ有名店や名店の数は少なく、県外からの巡礼者の数も少ないし、
圧倒的行列のできる店も皆無。
しかし、東讃岐に住みだしたわしとしては
日常の生活の中で、いつもそばに寄り添うような
愛すべきうどん店を見いだしたい!!!
東讃岐うどん遍路はまだまだ続くのだっ!!!

20121114-1.jpg

この日はちょっと足を伸ばして引田の新店「まるちゃん」。
あの超人気店「はりや」で修行したとあっては、行かねばならない!!!
開店前から12人程の行列。
薄暗い店内に入ると、後から後から地元住民が押し寄せ
あっという間に満席。さらに数分後には外待ち客まで・・・。
ほ〜〜〜、開店早々、かなりの人気ぶり。

20121114-2.jpg

かなかな大将手際がいいし、周りも見えている。
気配りしながら、そつなく全体を仕切っている様子が頼もしい。

「はりや」と同じ行列を生む小型の角釜で茹でられた麺。
師匠のはんなりゆるもっちりツルツル麺と比べると、
表面ふっくら、中に襟を正したような筋のあるような腰が見える。
似ていて否なるもの。学を自分流に昇華させた麺やな。
かなり好みの麺や!!!

20121114-3.jpg

出汁は「はりや」の砂糖気の効いた甘い出汁と比べ
甘みを抑え、節物の旨味を表に出したタイプ。
これもまた、似ていて否なるもの。
かなりクリア感が高まる。和の心を感じる出来映え。

そんな麺と出汁の融合。ええ感じやわ。
繊細さと優しさと心強さを感じるおうどんやわ〜〜〜!!!

20121114-4.jpg

おでんも控えめの味付け。和のテイスト。

20121114-5.jpg

今回はウルトラベーシックなかけうどんやったけど
やはりはりや系の神髄、とり天・いか天系も攻めてみたくなるね〜〜〜。
かんなり好奇心を揺さぶられる一店やったです。
東讃岐にこんなお店ができて、うれしいの一言です!!!
また行ってみよ〜〜〜〜!!!













20121112-1.jpg

自宅から二番目に近い「矢田うどん」
2度目の訪問。前回行ったのはもうかれこれ7年ほど前。
東讃方面に行くことはめったになかったからね〜〜〜。
「も〜〜〜矢田うどん」なんてジョークを考えながら入店。

20121112-2.jpg
20121112-3.jpg

鰹風味の効いたお出汁。
東讃は関西に近い分、こういったお出汁が多い気がする。
地域の好みなんだろうな。
西讃のキレのあるうどんに比べればインパクトは弱いが、
これはこれで、優しく緩やかで懐かしい味がする。
入店が二時近くだったので麺はちょっとダレ気味だったが
それはそれで哀愁を誘う出来映えだった。

20121112-4.jpg

みどりあひるに好評だった冷やしうどん。
食べたのは暑い暑い夏の頃。

20121112-5.jpg

しかし、香川に来て何本のおでんを食べただろう。
小さい頃、チビ太に憧れてよくおでんを食べていたが
その時をはるかにしのぐ量だろう。
うどん屋に付き物のおでん。
うどん県、おでん県といってもええぐらいじゃわ。

20121112-6.jpg

「うどんだけじゃない香川県」
もっと、おでんもPRすればええのにね〜〜〜〜。
おでん全店制覇やってみようかな〜〜〜〜〜〜〜〜。







20121101-1.jpg

三木に引っ越してよく思うこと。
あっ、そう言えば「ジェームス三木」って有名な脚本家がいたなあ〜〜。
今、どうしているのかなあ〜〜〜〜。最近テレビにも出なくなったなあ〜〜〜。
と思いながら自宅から三番目ぐらいに近い「うええだうどん」へ。

耳の遠くなった元女将のばあちゃんと
常連さんとおぼしき中年女性との会話に和みつつ
ローカルなさぬきうどんを一杯。

20121101-2.jpg

打立て麺・茹でたて麺のフレッシュ感はないが
みょ〜〜〜〜に心をくすぐられるおうどん。
なんだろうな〜〜〜〜。
前回来た時には気づかなかったけど
ここでしか味わえない「温かさ」があるね〜〜〜。
三木町民になって約2ヵ月近く。
前に来たのは全店制覇をこなすための超加速16倍速うどん食いの頃。
その地域に根付いたうどんをゆっくり味わっていなかったのかもしれない。
ましてや、4軒目以降に入店したお店など正当な評価はできなかったのかもしれない。

20121101-3.jpg

決して流行のお店の味ではないけど
見方を、感じ方を変えれば別の見え方が見えてくる
おうどんなんだな〜〜〜〜〜。

この日の感性で言えば
もの凄くノスタルジックで、もの凄く古典的地元うどんって感じを得ました。
特に哀愁を帯びたうどんのはんなり感と、ちょっと濃いめの鰹節醤油系お出汁。
くすぐる何かがありました。

20121101-4.jpg

おでんもなんか昭和チックで。

どちらかと言うと古典的おうどんなので
総じて評価は高くないかもしれないかもしれないけど
疲れた心のどこかを癒してくれるおうどんでした。
歳をとると、こんな感じのおうどんもええね〜〜〜〜〜。

20121101-5.jpg

この日、横の席に座っていたは、おそらく前の会社の元同僚。
お互い、目が合って「おっ」っというような表情はするが
変わり果てたお互いの姿に、決定的確信が持てず
お互い声をかけることもなく黙々とうどんをすすっていた。

そんなこともあってかな?













| main | next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。