上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DSC100619-41.jpg

DSC100619-32.jpg
DSC100619-33.jpg

かつ丼

DSC100619-40.jpg
DSC100619-39.jpg

牛丼

DSC100619-35.jpg
DSC100619-34.jpg

ラーメン

DSC100619-38.jpg
DSC100619-36.jpg
DSC100619-37.jpg

月見うどん

DSC100619-42.jpg

こなきじじい








スポンサーサイト
DSC100504-12.jpg

急に用事ができて、高知へびゅ~~~~~ん!!!
初夏から夏に向け、
美女まねき機能搭載の本領を
本能のように開花させるサイババショット。
やるき満々モードやね!!!
さすが!!!サイババショットマジック!!!


DSC100504-7.jpg

長年、大坂で営業していたという大将の焼くうなぎ。
ここの蒲焼きの最大の特長は、皮をパリパリカリカリに焼いていること。
うっま~~~~~!!!
美味しい脂が抜け出てパサパサにはなっておらず、しっかりと旨味を閉じ込めている。
この焼き加減にファンが急増。いつのまにか昼時はいつも満車状態。
うなぎの皮特有の臭みもないので、皮が苦手な緑あひるも、
ここのなら皮が美味しいと言って、全部残さず食べてしまう程。
絶妙な美味しさ!!!文句なく旨い!!!


DSC100504-13.jpg

ご飯も小粒で硬めの炊き上げ。
うなぎとの相性もバッチリ!!!
数年振りに食べるけど、ここのうなぎは最高旨い!!!


DSC100504-11.jpg

ここのもうひとつのお気に入りは「茶碗蒸し」
プリンみたいにしっかり固めない、汁気の多い汁物タイプ。
写真では分からないけど、感じとしては出汁とき玉子のお吸い物って感じかな。
個性的です!!!
うなぎ、とり肉、えび、椎茸、銀杏、ゆりね、かまぼこなど
たくさんの具材の旨味が滲み出て美味しいこと、美味しいこと。
最初に食べたときは、目が覚めるほど旨かったな~~~~~~!!!


DSC100504-8.jpg

「うなきゅう」
箸休めは、酢の物で一旦口の中の脂を清めれば、
一口目のうなぎの旨さが何度も楽しめる。

DSC100504-9.jpg

「茶蕎麦」
彩りと食感の変化を楽しめます。

DSC100504-15.jpg

「おしんこ」
これも箸休めの変化球。ご飯物には最高の名脇役やね。
コリコリパリパリっとうっめ~~~~!!!

DSC100504-10.jpg

高知名産「小夏」のデザート
ちょっとまだ酸っぱいけど、これから美味しい季節だね。


DSC100504-6.jpg

かね春定食 茶碗蒸し付 1600円
(通常のかね春定食は1250円)
その他にも、うな丼1550円、うな重2100円など
豊富なメニューがあります。

しかし!!!!!
ここは混雑時、入店してから料理が届くまで
40分から一時間以上はざらなので
気の短い人や、気絶しそうなくらい空腹の時には
絶対不向きです。ご注意ください。

しか~~~~し、待って待って食べるうなぎの美味しいこと美味しいこと!!!
待っている間にヨダレだらだら2リットル。虫歯菌も死滅しちゃいますよ~~~~~~。
先客達の食べているうなぎを略奪して逃走したくなること3回。
そんな葛藤の末にパラダイスがっ!!!

manaさん、ここオススメだよ~~~!!!


DSC100504-16.jpg

いつみても岩崎弥太郎の顔は、ごっつい!!!

DSC100504-17.jpg

近くの36番札所「種間寺」にある、空海?の浮き出た石?
これって彫物じゃなしに、自然にできた石やったっけ???
曖昧な記憶です。


















↓ザ 2010 イール イート アフターヌーン プリーズワンポチクリックヒア サンキュ

DSC100206-11.jpg

肉食系男子復活宣言!!!
第一弾は高知の「太福屋」


DSC100206-1.jpg

ここは入店して最初に出迎えてくれるのが
大将の弟さん手作りのマンモー。
ギャ~~~~~~って吠えて、はじめ人間ギャートルズになって
さああああ食うぞおおおお~~~~って
原始からの食欲をかきたててくれる!!!

この日は、
わし=ジョン・ミノ
ショーン麺四郎=ジョージ・ホルモン
緑あひる=ポール・ジョーロース
緑あひるばば=リンゴ・タン になりきって
さああ~~~~肉くうどおおおお~~~~~~~!!!


DSC100206-2.jpg
DSC100205-3.jpg

ジャンボ「ダバダ火振り(栗焼酎)」のボトル
約25,000円をキープすると
中華帽をかぶった、おちゃめな大将が
その人に合った絵柄をデザインして描いてくれるらしい。


DSC100206-10.jpg

とんトロ。ぶたさんのほっぺにちゅ~~~~。


DSC100206-9.jpg

塩タン。牛さんとディープキッス。
れろれろれろ~~~~~~~~~。うっま~~~~!!!


DSC100206-8.jpg

牛さんと、ヤキヤキジュージューれろれろディープキッチュ~~~~!!!


DSC100206-6.jpg
DSC100206-7.jpg
DSC100206-5.jpg

他店にはない盛りつけもビューティフル!!!
肉版の土佐の皿鉢料理みたいやね。
健康への気遣いか、野菜もたっぷり入っているよ~~~~~。


DSC100206-4.jpg

焼けば焼くほど、食えば食うほど
あああああ~~~~~~
あ~~~~~~~~~~~~~~~!!!
生ビールがほすいぃぃ~~~~~~~~~~~!!!

そんなわしでも
先週平日は、酒一滴も呑まんかったっ!!!
偉いやろ!!!
5日も酒呑まんかったんは20年振りぐらいじゃ!!!



















↓ ザ 2010 ア ハードミートデイズ ナイト プリーズワンポチクリックヒア サンキュー

DSC091012-41.jpg

久しぶりの高知一泊旅。
高知城の天守閣、工事中なんやね。
朝7:00から、これまた久しぶりの日曜市に。
この日は、高速1000円効果なのか、早朝なのに凄い観光客の人々。


DSC091012-45.jpg
DSC091012-44.jpg

緑あひるの朝食。
ひろめ市場で、にぎり寿司とまぐろの腹子。
わしは390円ラーメン(後日紹介)



DSC091012-50.jpg

なかなか肌寒い朝やったけど、
日が照り始めると、一気に気温上昇。
さすが南国の太陽。


DSC091012-51.jpg

イモ天屋台は今日も大人気。
行きは50人、帰りには100人近い人がイモ天に群がっていた。


DSC091012-52.jpg

ダイエット中の緑あひるも我慢しきれず・・・。
なんで女性はイモが好きなんやろうね~~~~~~~。
わしもイモになりた~~~い!!!


DSC091012-54.jpg

わしはいつもの田舎寿司。
酸っぱいのは基本的にあんまり得意じゃないんやけど
ここの酸っぱさは好き~~~~!!!


DSC091012-53.jpg

あっ、フィジョア発見!!!
高知でも売ってました。
ただしフラワーアレンジメント用のようでした。















↓ザ ストマックキャメラ アフターサンデー プリーズワンポチクリックヒア サンキュ

DSC091012-40.jpg

高知酒呑みの殿堂「葉牡丹」
わしらの親父の達の代からの人気店。
夕方になると、ふらふらと酒好きの酔うたんぼ共が集結する館。

緑あひるババ、緑あひる、長男ショーン麺四郎と四人で
酔うたんぼの巣窟に潜入!!!

DSC091012-39.jpg

お年寄りから若いもんまで
世代を問わない酒呑み共の人気店。
吉田類の酒場放浪記でも紹介されているね~~~。


酒場放浪記

DSC091012-38.jpg

昭和の香りたっぷりの居酒屋なのだ!!!


DSC091012-37.jpg

二階席は障子で仕切られた、掘りごたつ形式の小部屋がある。
障子を外し、掘りごたつを板で覆えば大宴会場になる
なかなか考え抜かれた店舗設計。




DSC091012-26.jpg

ホルモン煮込み170円。
安い~~~~~!!!スーパーマーケットプライス!!!
豆腐は110円。激安!!!ほんとにスーパーマーケットプライス!!!
酒呑みのハートを、どキャッチやね。


DSC091012-27.jpg

珍味。高知名物。ちゃんばら貝630円。
これは貴重な貝やから、ちょっと高めのプライス。

DSC091012-28.jpg

餃子300円。
これって「味デパ」の餃子かな~~~~~~。
まっこと懐かしい味じゃ~~~~~!!!


DSC091012-29.jpg

合鴨つくね350円にゃ~~~~~。


DSC091012-30.jpg

レバー280円ちゅ~~~~~~~。


DSC091012-31.jpg

鯨串フライ380円が~~~~~。

DSC091012-32.jpg

親鳥280円き~~~~~~~。

DSC091012-33.jpg

手羽先340円にゃ~~ちゅう~~が~~~き~~~~~~。


DSC091012-25.jpg

人気のオムライス650円。
洋食屋というよりも大衆食堂チックな味わい。
懐かしい味わいやね~~~~。
うまうま~~~~~~。


DSC091012-34.jpg
DSC091012-35.jpg

〆はやっぱり麺類。
人気のフライ麺750円。
大皿に入ってドカーンっとやってくる!!!
一見、3人前ぐらい盛られているのかと見間違う。

うわ~~~~~、食った食った~~~~。
高知の夜、満喫!!!
ビバ!!コウチ ファンキーナイト!!!




















↓ザ コウチアルコールホーリックフライヌードル プリーズワンポチクリックヒア サンキュ

DSC091010-1.jpg

土曜日、朝飯は胃カメラ!!!
どあさいかめら~~~~っ!!!
食うぞ~~~~~!!!胃カメラ、消化してやるっ!!!


DSC091010-2.jpg

一年一回の定期検診。
高知までビュ~~~ン!!!
昨年の今頃は仕事が多忙で、高知まで帰れんかった。
そこで香川の病院で胃カメラのんだんやけど、
これがめっちゃキツかった~~~!!!

上のポスターのような、
綺麗なおねいさん看護婦さんが、
安心させてくれるために、こう言ってくれたけど・・・。

「太めのうどん1本分ぐらいですから
大丈夫ですよ~~~~」

太さにしたら、最盛期の上戸うどんをちょっと太くしたぐらいかな。

「うどんなら、5~6本分でも大丈夫れつ~~~」

わしも、こう答えたけど・・・・。

それはも~~~~~苦しかったこと、苦しかったこと!!!
おねえさんの持っている向かって右側のを突っ込まれたかと思うたぐらい苦しかった。

ってわけで、今回はいつもの高知の病院へ。
ここは麻酔をかけてくれるんで楽勝~~~~。
感覚的には、つるつるすべすべの喉越しのいい、うどんを食べたあとのようじゃ!!!



DSC091010-4.jpg
DSC091010-3.jpg

ほんでもって、本当の朝飯食えたんは10:30近く。
も~~~~腹減りまくり!!!
まだ、うどん屋さん開いてないので
須崎の「たけざき」で、おむ玉モーニング。
お出汁の効いた玉子焼き。しみるね~~~~~!!!
うま~~~~~~い!!!

さあ!!!お腹も少し落ち着いたので、
胃カメラうどんじゃのうて、本物のうどん食うどおおおおおおお!!!















↓ザ ストマックキャメラヌードル プリーズワンポチクリックヒア サンキュ

DSC090704-25.jpg

須崎・窪川方面まで走ったら
どうしても立ち寄ってしまう2店。

まずは「ショップ・タケザキ」
ここの玉子焼きが旨いんよね~~~~~~。
ついつい買ってしまう。
県外にいる間は、すっかり忘れていたけど
とーちゃんとかーちゃんと
中村帰る時は、必ずのように食べていたなあ。


DSC090704-20.jpg

昼時、青春スキッパラーズの胃袋を満たす
出汁巻き&おむすび弁当300円。
めちゃくちゃむちゃくちゃ飛ぶように売れてました!!!

美味しい玉子焼きが完成し、
その味を毎日維持できれば、繁盛店になれるという見本店。
簡単でいて難しい。




DSC090704-19.jpg





DSC090704-24.jpg

そしてもう1店。土佐久礼の「高知屋」
夏が来ると思い出すお店やね。
ここも思い出いっぱい。夏の思いでやね~~~。
きびなごの独特な旨味が、めちゃ旨いお出汁。
さいこ~~~~やな~~~。


DSC090704-23.jpg
DSC090704-22.jpg

でもここ、ふた夏ぐらい
妙にお出汁の味が変わったように感じる。
出汁の原料変えたのかな~~~。




DSC090704-21.jpg










↓ザ コウチ デリシャスフーズ プリーズワンポチクリックヒア サンキュ

DSC081230-20.jpg

年の瀬29日、高知へ向かう。
久しぶりに長男、ショーン麺四郎と昼食。
宇佐の萩の茶屋も久しぶり~~~~。
県外ナンバーの車が多い。
帰省した人達が懐かし郷土の味を求めてやって来るんだね。

わしらも懐かしい思い出ばなしや、これからのことを話しながら
新鮮な食材を頂いた。
中でも貝類はほんとに新鮮で旨い!!!

麺四郎~~~。
春には、彼女とマテ貝堀に香川においでね。
目から鱗の美味しいうどん屋も連れていっちゃるけんね~~~~。
ただし!!!
父ちゃんと行くなら、最低5杯は覚悟しちょきよ~~~!!!



DSC081230-19.jpg

この店自慢のカルビ!!!
やわらか~~~い。あま~~~~~~い。
うめえええええ!!!
オススメ!!!

DSC081230-21.jpg

とんトロも美味しいね~~~。

DSC081230-22.jpg

これも人気の貝おじや。
底にあさりが入っていて、味は意外とあっさりめ。
さらりとした仕上がりでお茶漬け感覚。

DSC081230-23.jpg

入口横のお勘定場で
女将が注文の仕切りをとり
「貝おじや3番三つ~~~、貝盛り1番一つ~~~~」
と威勢良く指示をだす。
お勘定は古びたそろばんをぱちぱち。
これも帰省客には懐かしい風景やね~~~~。





DSC081230-27.jpg

正月用の干し鮎を仕入れに、ひろめ市場へ。
ごったがえしてるね~~~~。
この、ごみごみごちゃごちゃした雰囲気が大好きじゃ。
自然と一杯呑みたくなるが我慢我慢。

DSC081230-26.jpg
DSC081230-24.jpg

やっぱ食べてしまう安兵衛の餃子。
蒸し焼きではなく
屋台の調理法から生まれた揚げ焼き。
たっぷりの油で揚げて焼く。
だから薄い皮の表面はパリパリ
具は細かく刻んでいてサクサク感が残る。
この食感がもたらす美味しさ素晴らしいね~~~。
県外ファンも多い餃子です。
屋台の本店で食うと更に旨い!!!

DSC081230-273.jpg

食欲に火がついて
珍味堂のくじらカツ。うめ~~~。

DSC081230-39.jpg

さらに食欲に火がついて
肉の門田の鶏のからし炒め。うめめめめめええええ~~~~~!!
酒、ほしい~~~~~~~~~!!!

やっぱ高知は
酒のツマミになるもんが旨いんやって。





↓ザ デリシャスコーチフーズ プリーズワンポチクリックヒア サンキュ

DSC0807608.jpg

お盆休み三日目は
高知から松山に向けて出発。

道中、緑あひるが
「ガ~~ガ~~~ガアガ~~~(冷たい渓流に足を浸けたい)」というので
中津渓谷へ、ゴ~~~~!!!

実はこの場所
わしらの若い頃からのデートスポットでもあるのだ。
ここで緑あひるに「づて~~む(ジュテ~~ム)」って囁いたん!!!
きゃ~~~~~!!!
いやらしいやろ~~~。エロいやろ~~~。

数十年前、大きな岩の上でデートしていた時のこと。
見下ろす渓流の岩と岩の間に丸太が掛かっていて、
そこを渡ろうとした中年のおじさんが
丸太から滑って、∧←このままの脚の形で落ち
股間を丸太で強打したあと
180度回転して頭から水中に落ちた記憶が昨日のことのようだ。
あれだけ楽しく笑いあった思いでなのに
さすが記憶容量6MBの緑あひる、
ぜ~~んぜ~~~~えん覚えとらんがあああ!!!



DSC0807625.jpg

見上げる中津渓谷の
空の青さにちょっと嫉妬。
君は歳とらんねえ。


DSC0807604.jpg

小腹が空いたので
高知方向に少し戻って引地橋のおでん。
わしら世代には懐かしい味やね。
当時は高速ルートなんて当然なく、松山に行くにはこのルートがメイン。
バスで行く時は、ほぼ中間地点のここがトイレ休憩地となっていた。
ダ~~~~っとおしっこ済ませて
ガ~~~~っと名物のおでんを食べるのが定番だったね。

DSC0807601.jpg
DSC0807606.jpg

懐かしのラーメンかうどんも食いたかったけど
この後の飲食スケジュールを重視して我慢我慢!


DSC0807607.jpg












↓ザ コウチフーズ4 プリーズワンポチ クリックヒア サンキュ

DSC0807501.jpg


夏がきて
空がギンギンに晴れて
たっぷり汗をかいた日に
思い出す味。
土佐久礼・高知屋のところ天。
きびなごからとる出汁は個性的で
後を引く独特の旨さがある。



DSC0807556.jpg

このおじさん
この後、天を仰ぐようにして
一気に出汁を飲干し満足そうな笑顔。
ここの出汁ファン、とっても多いのよね~~~~。

今年は天草の出来がよくないのかなあ、
寒天の表面が妙にボソボソしていた。



DSC0807554.jpg
DSC0807551.jpg
DSC0807559.jpg



DSC0807562.jpg

ここまで来たらやっぱり!
すぐそこにある大正市場。
本当はここで鰹のタタキを食べようと思っていたが
さすがお盆休み、食堂は満席。供給が追いついてない様子。


DSC0807570.jpg

諦めて食べたペラ焼き130円。
これが意外な美味しさで食欲再加熱!!!
こうなりゃ須崎に帰って
鍋焼きラ~~~メンじゃ~~~~!!!

DSC0807567.jpg

働くおばちゃんは美しい。カッコイイ。

DSC0807566.jpg

このデカ地ガキがうっまそ~~~やったなあ。
一皿1000円。

















↓ザ コウチフーズ2 プリーズワンポチ クリックヒア サンキュ


| main | next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。