上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DSC05301_2.jpg
DSC05305_2.jpg

「あつあつ天ぷらと打立てうどん」が
キャッチフレーズのこのお店。
天ぷら定食などもメニューに載っている。
おしゃれな感じの店構えだ。
夜は居酒屋をやっているよう。
うどん専門店ではないが、
注文があってから釜に麺を入れるこだわりよう。
麺は包丁切りのような感じ。
コリッとした食感がぶっかけに合う。

しかし!
見た目や写真では丼が大きく深いので分からないが、
結構な量があった。これ小で2.5はあったんじゃないかなあ。
ここで二軒目だったので、この後の予定がくるってしまった。
もう腹一杯です。
それとも胃が小さくなったのかなあ。



スポンサーサイト
DSC03597_1.jpg

七月末。
仕事を終え帰宅しようと車に乗り込む時、
空を見上げると・・・・。
なんとも不思議な雲が。
まるで北極圏の夜空に踊るオーロラのように
夕日に染まる雲が繋がっていた。
日本もそろそろ北極化の傾向が・・・。



DSC05268_1.jpg
DSC05277_1.jpg
DSC05283_1.jpg
DSC05284_1.jpg

ご近所の中華屋さん。
お客さんの出入りが多いので気になって入店。
メニューを見てびっくり。いろいろ本格的なメニューがあるやん。
店構えは喫茶店風だったので驚いた。

初潜入4点セットをオーダー。
(ラーメン・炒飯・餃子・唐揚げ)
緑あひるはちょっと不服そう。
「たまには他のもの食べた~~い。
いつもうどんとラーメンと餃子ばっかり。
ガーガー」
と、メニューに載っている
伊勢海老のなんとか料理を見ながら言った。
「いいのいいの、食べてもどうせ忘れるやん」
「グワッ」




DSC05212_1.jpg
DSC05222_1.jpg
DSC05211_1.jpg
DSC05208_1.jpg

ここは市内太田上町の「なかむら」
中村って、ひらがな・漢字合わせて
知っているだけで4店舗もある。
中村姓は何かうどんと密接な関係があるんだろうか。

開店と同時に4・5人のお客さんが
1玉65円の「玉売りうどん」を
怒濤のごとく10玉20玉と買って行った。
威勢のいいオバちゃんが手際良く切り盛りする。
「高知からきたんな。
これから食べあるくんな。
最初からそなん食べたらキツいで。
うどんだけにしときまい」
と、言いながら・・・・。
「漬けもん食べてみるか?
うちの醤油豆も美味しいで」
といろいろ試食品をすすめられた。
おもろいお店です。

ぶっかけ出汁は「ひやひや」系で
優しいお味のタイプ。
真夏の暑い日にはドスンとはまりそうな味でした。
かけも懐かしい味がした一杯。




DSC05227_1.jpg

店内に入ってうどんを食べようとすると・・・。
むむむ、ありゃあ、醤油さしとか高知の「はなまる」と同タイプ。
うん?丼も?はなまるはグレーやったけ?
でもどこかで見た事あるぞ!愉楽屋?

価格もかけ小105円。ちく天入れても200円。
安い!!!
完全に意識しとるなあ。
そう言えば、ちょっと先に「はなまる」があるやん。



DSC05232_1.jpg
DSC05243_1.jpg
DSC05238_1.jpg
DSC05248_1.jpg

前の記事で閉店?って書いてしまったけど、
なんのなんの、もの凄い人だった。

食器を返す時、厨房のおばちゃんに聞いてみたら
川部町の「はったんじ」の方が本店のようだ。
本店同様、無料の飲み物が置いてある。
ジュースもあるから子供連れの家族にはうれしいね。

ツルリン系の麺もいい感じ。
お出汁は本店とちょっと味が違うように感じた。




DSC05005_1.jpg
DSC05011_1.jpg
DSC05016_1.jpg
DSC05021_1.jpg

やっと来たで、五里丸。
その目的とは・・・。
 
目的1=やっぱり、うどん。
目的2=バナナ天ぷら20円。

その他天ぷらも50円から。カレーうどんも250円。
安い~~~~。
出汁で使った昆布。古くなったうどん。持ち帰りタダ!
車椅子のお客様もスムースに入れるバリアフリー設計。
なんともいたれりつくせり。善意のお店だ。

店内を見渡すと大雨にも関わらず、近くの高校生達が行列をなす。
青春ど真ん中の腹ぺこ男子女子の空腹を安価で満たす。
偉い!!!


大雨だったので今日は行列はないだろうな。
と思い、帰りに「池上」に寄って、
Iさんにルミばあちゃんの直筆サイン入りお土産うどんを
送ろうと思って寄ってみたが、甘かった。
土手まで続く長蛇の列。

ウィンドウを開け、シャッターを切ると
「あっ、麺ちゃんだ~~」
と、若い女の子の黄色い声。
その後、わしの車の周りに長蛇の列ができたことは
言うまでもない。



[うどんパフェ速報]
深夜、四国の南半球に住むうどんスパイ麺九郎から
アメリカ連邦宇宙天ぷら開発公団「NASU」の
衛星回線を通じメールが届いた。
そこには驚愕の映像が!
「鯨の姿もり:時価数千万円」「高さ数メートルのアンドロメダパフェ」
店員がわざとオーダーされた料理を一品忘れるという
「うっかり八兵衛定食」などなど、数々のおばかメニューで知られる
高知「ゆず庵」の「うどんパフェ」が!!!
ついに行ったか麺九郎。でかした麺九郎!!!

CA240096.jpg
(写真クリックで拡大可)↓下は以前のうどんパフェ。
一番下にある「ジャンボパフェ伝説の入口」から入ると
アンドロメダパフェも見れるよん。
その他にも「ゆず庵」で検索するとおばかメニューがぞくぞく。
面白いよ。オススメです。


http://peach-daioh.cool.ne.jp/legend/pafe/yuzuan_udon.html



DSC05378_1.jpg

本日(金曜)の朝食。朝7時開店。
むふふ。久々の一番乗り。
懐かしい高知・春野の香りがするう。
店長・TVチャンピオン出場の保ちゃんもいた。
目と目で会話。
保「おお。麺ちゃん春野以来やのお。おひちゃちぶりぶり」
わし「タモちゃん。おひさしぶりりんこ」
二人は他人。


おまけです。本日の志度湾。穏やかでしたよ。

DSC05397_1.jpg
クリックで拡大可



これと
DSC05346_1.jpg

これと
DSC05362_1.jpg

これと
DSC05356_1.jpg

さらにこれで
DSC05350_1.jpg

天国~~~~~~。

このあいだの「元祖でぶや」でもやってたけど
このギトギト油を白いおにぎりにつけて食べるとうめっ!!!
TVでは骨付き鳥を食べ終わって、最後に食べていたけど
最初に食べることをオススメします。
そのほうが味がしっかり分かります。

この油で炒飯作ると絶対美味しいと思う!!!
うどんにかけても美味いと思う!!!
さらにこの鳥スープにうどん入れるとメチャうまやと思う!!!
この余った油、毎週分けてもらえんやろか。

半年ぶりの息子と美味しくいただきました。
時を同じくして麺九郎は「鳥源」にいたらしい。

いっけんさんのコメント以来
我家では「一鶴の骨付き鳥」は「鶴の足」になった。
バカうけでした。





これが
DSC05317_1.jpg

こうなって
DSC05320_1.jpg

ゆでると
DSC05326_1.jpg

そ~~~めん。
DSC05328_1.jpg







| main | next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。