上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DSC06266_2.jpg
DSC06258_2.jpg
DSC06267_1.jpg

さぬきの夢2000、100%麺。
このお店の師匠にあたる方が
あの小泉元首相にうどんを振舞ったそうです。

旨味を伴ったうどん構造改革~~~~。
と、小泉元首相が叫んだとか叫ばなかったとか。

地粉の素朴な風味がしました。
二軒目。も~~~お腹一杯。


スポンサーサイト
DSC06312_1.jpg

週末過食隊出動!
今週の制覇エリアは綾上周辺。目標3店。
上空から3店の営業を確認後着陸。

DSC06284_1.jpg
DSC06272_1.jpg
DSC06269_1.jpg

ここは全品300円均一。大盛りは380円。
妙にカンが働いて
「食べ歩きやから量少なめにしといて」と注文。
しかし出て来た量にオドロキ!
結構太い麺。しかも2玉は軽くある。予想外。
帰りにオバちゃんに聞くと
「3本減らしたで」
う~~ん。腹一杯。一店目からメガトン級の攻撃に沈没寸前。

テーブルの上にはうどん5点セット。
唐辛子のふたの上には張り紙で
「一句 当たらずも唐辛子(遠からず) なかなか名句  店主」
う~~~~ん。ここにもベタのフォースが・・・。

DSC06329_1.jpg

帰り「秀」の上空を旋回していると
「桜なめこうどん」
うううう、もう食えん!!!






研究番号:う-00003
研究課題:うどんにおける伸び率の限界


うどんの生地は一体どれくらいまで伸ばすことが
叶姉妹か?
いや、ゴホ 可能か?

その限界を研究しつつも、
ある団体(日本食物粗末にするな会)からの圧力を感じ
公表を控えてきた写真がある。

しかし危険を承知で、麺の発展のためにあえて発表することにした。

これがその衝撃映像だ!

DSC07125.jpg


昨年の夏。
ある製麺機メーカから入手した生地3kg。
そのうち1kgを冷蔵庫で5日。常温で一晩熟成させた。
そしたら伸びること伸びること
まるでバブルガムのよう。
椅子に乗っけると自重でタラリ~~~と伸びてゆく。


そこで閃いて作ったのがこれ。
「紙うどん」
麺棒で伸ばしきれるところまで伸ばした。
茹でると向こう側が透けるほど薄い。
水に揺れる姿は、天女の羽衣のように美しい麺じゃ。

DSC07137.jpg

(クリック拡大可)



20061028162620.jpg

研究番号:う-00002
研究課題:うどんにおける小麦粉に対する塩水加水率の限界



[試験体A:生地状態]
まずは小麦粉100gに対し塩水100g。
加水率100%。
当然、予測通り液状。
手にネバネバとくっつき剥がれない。
硬いお好み焼きの生地状態。
木工用ボンドのような粘りがある。
とても通常の製麺作業は見込めない。

DSC06204_1.jpg


[試験体B:生地状態]
続いて小麦粉100gに対し塩水75g。
加水率75%。
なんとか手からは離れる。
粉と水。固形を止める限界点はここか?

DSC06206_1.jpg


[試験体C:生地状態]
次は小麦粉100gに対し塩水68g。
加水率68%。
神奈川のたまさんの持つ
我知日本新記録。
団子にできる限界点はここまでかな。

DSC06209_1.jpg



[試験体B:茹で状態]
加水75%。生地の状態では手離れが比較的よかったが、
一時間後ベトベト状態に。
ビニールから取り出すのも一苦労。手を洗わないと次の作業に入れない。
約1/4は手に着きシンクの排水溝へ。
製麺は打ち粉多めでなんとか出来たが麺棒不要。
厚さにムラはあるが手で伸ばせる。よく伸びる。
包丁手切りでやるが扱いにくい。
熱湯に入れると麺線が切れた。
しかし、茹で上がりの透明感と喉越しはいい。
かけ出汁の染み込みもいいようだ。
先日の加水47%の時より麺の旨味を感じるが見た目がひどい。

DSC06232_1.jpg


[試験体C:茹で状態]
加水68%。手にややくっつくが支障はない。
打ち粉を打てばまったく問題ない。
同じく麺棒はいらない。
麺を持ち上げるとビヨ~~~ンと伸びる。
エッジとは無縁の世界。
茹で上げはやはり麺線が切れぎみ。
しかしこれも透明感と喉越しはバッチリだ。

DSC06233_1.jpg


[試験体A:茹で状態]
最後に加水100%。
当然、通常製麺は不可能。
そこで我、研究所が5年の歳月を掛けて開発した
「手動圧力押出式製麺機ぎゅ~~としぼってくん2号」

DSC06242_1.jpg


これで熱いお湯にぶちゅ~~と絞りだす。
茹でること7分。これがまあなんと!
今日食べた中で一番新鮮な味わいだった。
ボコボコした表面の食感。プリンモッチンムニュとしていて。
鳴門うどんのような。
柔らかいペンネのような。
パスタみたいにこんなおうどんあってもいいかも。
うどんはイタリアンに近づいた。
うどんの新しい歴史がここに刻まれたのだ!

DSC06243_1.jpg



ちなみに塩度はすべて15ボーメ。
熟成1時間 踏みなし 軽い手捏ねのみ
気温20℃ 湿度75% 曇り


[研究結果]
加水100%でも、短いなからもかろうじて麺の状態を維持している。
東土佐中央饂飩研究センターの山地父教授の提唱する
加水200%「もんじゃうどん」にトライしてみようと思う。





DSC04069_1.jpg
DSC05484_1.jpg

湾岸撮影隊の朝は早い。
ここ高松朝日町は海に隣接した通称F地区。
「ぽんぽん」それは、
港湾関係の仕事に従事する男達の腹を
朝早くから満たすうどん屋。
シチュエーションに似合わず店名が可愛い。
店を出る筋肉質の男達は、みな一様に
「も~~~、ぽんぽん(お腹)いっぱ~~~い~~~」
と、言うとか言わないとか・・・。



DSC04009_1.jpg

気の抜けた一年物の「○香○特・雀(うどん専用小麦粉)」で
お好み焼きを作ると、ど~~~なるか。
わしはこれがやりたいがために。
うどんを打ちたくて打ちたくてはやる心を抑え
震える手を縛り堪えぬいて、この日を待った。

そしてようやくこの日が・・・・。

う~~~~む。
ふつうに美味しいお好み焼き。

雀お好み焼き。
これからの香川のトレンドはこれだ!

DSC06184_1.jpg

今日、スヌーピーのカップルが
車庫入れしているところを目撃した。

DSC06179_1.jpg



DSC05841_1.jpg
DSC05846_1.jpg

秋~~~~~。牡蠣~~~~~~。
これからは牡蠣とうどんがベルトマッチなシーズン。
ここの牡蠣フライ、チーズ風味で気にいっちゃいました。
うどんにバターもいいけど、
チーズもとっても合うんですよ。




DSC05980.jpg

一部の巷では・・・(港じゃないよ)
「釜バタ」が噂になっている。
釜あげバター醤油。
「釜玉」があったら「釜バタ」があってもいいじゃないか!
「釜バタ」があったら「釜チーズ」があってもいいじゃないか。
うどんは爆発だあああ。 by 太郎岡本

これ意外と美味しいよ。
チーズと醤油。
麺があつ~~~いうちにグジュグジュ~~と掻き混ぜ
ずずずずずずずずzzzzzzzzzzzz。

寝るな!麺三郎。

DSC06161_1.jpg


ほんとはサトさんのブログでナポリタンスパみて
無性に食べたくなって、うどんナポリタン作ったけど、ぜ~~~んぶピンポケ。
サイバーショットそろそろリタイヤか?
釜チーは一年まえのマイうどん。麺が太い!




DSC06071_1.jpg
DSC06065_1.jpg

ここは以前、栗林近くにある「さくら屋」の2号店だった場所。
その跡に開業。
面白いのは「セルフ天丼」のシステムがあること。
うどん受け取りカウンターの手前にジャーがあって
自分でご飯をよそおう。
好きな天ぷら(うどん共用)をトッピングして
レジ前で天つゆをかける。そして清算。面白い!
同じシステムで「セルフカレーライス」もあるでよ。


DSC06027_1.jpg
DSC06023_1.jpg
DSC06029_1.jpg

だいぶ涼しくなってきたので
今日はブラブラ歩いて近くのうどん屋で昼食。
うどん小100円。唐揚げ(って書いてるけど天ぷら)40円。安い。
サラリーマンの味方やねえ。
この唐揚げ、ニンニク醤油がきいて美味しい。
他にもミニ牛丼があったりなかなか面白い!

ほんでもってブラブラ歩いて帰っていると・・・。
むむむ、知らない店発見。
でも、営業してるけどうどん屋らしからぬ店内。
今度じっくり調査してみよう。
香川にはまだメディアに登場していない
こんなお店がいくつかある。





| main | next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。