上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DSC00889_1.jpg
DSC00881_1.jpg

緑あひるは近所にフグ食べに行った~~~。
左目の白目の部分、真っ赤な出血目のまま行った~~。
超不気味やのに行った~~~~。

わし一人でラ~~~メン食べに行った~~~。
近くのラ~~メン屋に行った~~。

チャーシューうま!
もやしたっぷり!
スーパーの安いもやし一袋分ぐらいあった~~。
わし、ホントはシンプルに麺とスープでラーメン楽しみたい派。
真ん中で線を引いて
右は麺。左はもやしって分けて
最後にもやしだけでたべた~~~~。

もやしと一緒に食べると麺を食べてる気がせんので
この食べ方、大正解!!!



スポンサーサイト
DSC00867.jpg
DSC00865.jpg

うどん玉取り・手タレ候補kanaさんご推薦のお店。
平日しか食べられないという「とん塩」にチャレンジ~~~。

ますはスープをグビ。
塩の旨味がガツンとくる。
一口目はかなり塩っぱく感じる。
(こりゃ~~~酒の〆には最高の濃さや)
でも辛い塩っぱさではなく甘味のある塩っぱさ。
好みの味や~~~。
その後から肉系スープの旨味がガツン。
口の中で混ざり合い、塩と肉汁が絶妙に融合する。
ガツンガツンドドドドドと押し寄せては引く
旨味のさざ波。

次は麺。
極度に縮れたやや硬目の茹で。
ツルツルとはいけない。ズボボボボ。
口の中でSや~や∽の形をした麺が
頬の内側や舌にモソモソと動くように当たり
なんとも心地よい食感だ。
ややカンスイが多いのがちょっと気になるとこだが
麺自体の旨味も充分。

ガツンガツンドドドドドと
ズボボボモソモソの美味しい調和でした!!!
次は定番。
トンコツ醤油にチャレンジじゃ~~~~。


先日データがドボーンして以来、
気になっていることがある。
はたして高級ライター「デュポン」を
洋式トイレの水たまりに落っことしたら
フランス語的「でゅぽ~~~ん」という音がするかどうか?
気になって気になって

このブログ読んでる方で
試してみた事のある方、ご一報ください。


DSC00844.jpg

「ギャオオオオオオオ~~~~~」

恐竜語通訳:
「うどんみたいに柔らかいもんばっか喰ってんじゃね~~~よ。
男なら肉と骨をガリムシャで食うんだよ!
見てみろ、俺の鍛えられたアゴ。鍛えられた腹筋!!!(写真下)
やわな男には俺の美学がわかんねえだろうな!!!」

通訳協力:恐竜語翻訳資格士1級取得 
大前ハル子(西讃岐中央饂飩研究所ハケン社員)

DSC00830.jpg
DSC00833.jpg

三軒目。
いや~~~ハルですねえええ。
タケノコ天。でも不思議に甘いタケノコ天。
味も食感もまるでパイナップルやった。
目をつぶって食うとパイナップルや~~~~。
摩訶不思議!!!

DSC00841.jpg

「ぎゃおおおおおお~~~ん」

恐竜語通訳;
「どうでい!見事な腹筋やろがああああ。
腕と手の筋肉のことは言うなよ!!!
そいつは野暮だぜ!!!」



ちょっと仕事が立て込んできたので3日分まとめて投稿~~~です

DSC00848.jpg

もう春ですね~~~。

DSC00804.jpg
DSC00808.jpg
DSC00815.jpg
DSC00819.jpg

二軒目。
なかなかアットホームなお店でした。
わしらの次に入ってきた
常連のお客さん二名におばちゃんが聞いた。
「今日はよっけ出てな、残り5玉なんや
小にする大にする」
「ほな小でええわ」とおじさん達。

もう一人、お客さんが来て
「今日はよっけ出てな、残り3玉なんや
小にする大にする」
「ほな小でええわ」とおじさん。

ここで「玉切れです」のプレートが入口にかけられた

ということは残り2玉。
働くおばちゃん二名の昼飯分がキチンと残りました。
めでたしめでたし。

おじさん達の「ほな」はおばちゃん達への気遣いやったんやね。


うどんの方は「温」にもかかわらず
かなりの弾力。口の中でブリブリいう感じの田舎の素朴系麺。
これ、ぶっかけ冷で喰うと凄いぞ!と思い
夏の青空と蝉しぐれの中、 ズズズズっと食す絵図を想像していた。
かけ230円。もちが入っている。


DSC00797.jpg
DSC00801.jpg

週末は義父の墓参りうどん旅。
ほんとは先週日曜が命日だったけど
風邪で寝込んでしまい断念。
今シーズンはこれで三回目。こんなに風邪ひくのはめずらしい。
体力・気力が低下ぎみなんやね。
うどん食べて体と心を鍛えニャ~~~。

ちゅうわけで一軒目。
ここはいままで数回足を運んだがいずれも休み。
やっと出会えた変人のようじゃ~~~。
いや 恋人のようじゃ~~~。

出汁がなかなかいい色艶をしてる。
甘めの味わいはこの地域の特徴やね。
麺は時間が時間やったから茹で置きだったけど
噛み応えのある柔らかさだった。

なぜか中年カップルが多かった。
たまたまだろうか。
なにか中年カップル受けする
秘密のメニューがあるのだろうか。




DSC00650_1.jpg
DSC00640_1.jpg

先日は緑あひる単独うどん旅。
屋島の「麺こい」さんへ。
お土産たくさん頂いてきた~~~。
「しっぽく」「ぶっかけ」「おでん」などなど。
いつもありがとうございます。
美味しかった~~~。

DSC00623_1.jpg

道の駅で手に入れた「わさび菜」
オニオン・ドレッシングでいただいま~~~~す。
ほのかにわさびの風味がきいていました。


昨夜は悪夢のようだった。
自宅作業用にフラッシュメモリーで
持って帰ったパワーポイント・データーがドボ~~~ン!!!
会社に取りに行くにも酒呑んじゃってるし、
しゃあない最初からやるかああああ
って体にムチ打って頑張った!!!
午前三時半。
ようやく最後の一行を打込み
保存を押そうと思った瞬間ドボ~~~ン。
勝手に逝っちゃいました。
それまでこまめに自動バックアップしてくれていたのに
この一時間半バックアップなし
作成した1/3がぱあああああああ。

つらかったああああ。


DSC07394_1.jpg
DSC07397_1.jpg
DSC07392_1.jpg
DSC07389_1.jpg

元会社の同僚から聞いていてお店。
純粋なラーメン屋さんかと思っていたら
居酒屋だった。
すげ~~~~~ぎょうさんの人。
20分待ちで着席。

昔風ラーメンとレギュラーラーメン&
骨付き鳥をオーダー。
倉庫を改造したレトロチックな店内。
若い兄さん姉さん、とうさんかあさん、じいちゃんに
なぜか子供達15人ぐらいの集団がいた。
まさかね・・・呑んでないよね。
8人ぐらいのロック系女の子集団。
もう30分以上会話らしき会話がない。

時代、変わったね。







DSC05682_1.jpg
DSC05691_1.jpg
DSC05692_1.jpg

「こうみ」かとず~~~~と思っていた。
「きみ」って分かったのはつい最近。
でもたしかTVで「こうみ」って言ってたような・・・。

これがああああ、おばけきつねです。
デカ~~~~!!!
厨房の中がチラリと見え、超年期の入った麺切り台が見える。
店内には懐かしいポスターがズラリ。
宮沢りえじゃん。
わか~~~~~~~~。
きゃわいいね~~。
この頃はまだ貴乃花との出会いはなかった。
予想だにしなかった。
しかし、数年後・・・・・。衝撃が走った。

わし、ほんとうに角界入りしようか思た。
どすこい!!!

(写真小クリック拡大可)


DSC00557_1.jpg
DSC00555_1.jpg
DSC00554_1.jpg

高知新店「みなみ」
大好きな中種商店街・魚の棚近くにオープンです。
以前はオシャレな漬け物屋さん?だったお店。
まだオペレーションなどなど、ぎこちない部分もありましたが
なが~~~い目でね。

その日の朝、
香川でかけうどんを180円で食べて高知入り。
今更ですけど、正直、かけうどん450円にはちょっとビックリです。
(一般店の平均が330~370円程度/中には400~500円もある)
うどん人口など、高知と香川のうどん構図の差を
改めて感じる一杯でした。
値段に見合う味とサービスとは何かを追求して
いいお店になって頂きたいです。
おもてなしの心を大切に。




DSC00566_1.jpg
DSC00570_1.jpg

う~~~~~~む。
徳島・脇町。
焼肉屋が経営するラーメン店。
スープの肉汁濃度は天下一品。
単身赴任中、高知の帰る時ハマっていた時期がある。

しかしここのラーメンを何度か撮影したが
どうしても思うように再現でけん!!!

届いた時は麺も肉も見えない状態。
麺と肉をほじくり出して撮影すると
食べかけみたいで美味しそうじゃないし・・・。
かといってそのままだと味噌汁みたいだし・・・。
濁り系トンコツ醤油ラーメンの撮影むつかし~~~~。
暗い蛍光灯のせいか、スープの色も再現でけん!!!
う~~~ん。何回かシャッター切るけど・・・。
だめ~~~~。
そうするうちにスープは冷めるし、麺は伸びるし・・・。
あ~~~いらいら。
も~~~~いっそのこと、
グチャグチャに掻き混ぜ前衛的表現に走るか~~~~。

あああああああああああ、
結局今日も満足のいかないまま撮影終了。

けど
~~~~うま~~~~~
完食完飲。








| main | next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。