上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
012-1.jpg
018-1_20071129202510.jpg
022-3.jpg


これでもかあああの
三夜連続コロッケ。
そろそろ、見ている人も胸やけが・・・。

栗林公園近くの「コロッケの店 前田」
ここもお肉屋さんだけど
コロッケが人気で店名変えた?
もう8年ぐらい前にTVで見てそれから
ちょくちょく行くお店。

ここのコロッケの特徴は
なんと言っても衣のサクサク感
まるでポテトチップスのような感じなんですよ。
その食感には魔力があって
立て続けに6個食べたこともある。

う~~~、また思い出して食べたくなった。






スリー・コロッケ・ナイト・ワンポチ


スポンサーサイト
DSC08814.jpg

DSC08818.jpg

DSC08817.jpg


徳島・池田町しののめ産直市場に
併設された「肉のウエノ」
コロッケ120円。ジャンボ~。
でかいよ~~~~~~~。
揚げたてなら、うめいよ~~~。
じゅる~~~。

う、うどんネタがあああ~~~~。
な~~い!



ビッグ・ビガー・ビゲスト・ワンポチ


DSC09059.jpg

DSC09066.jpg


人類を魅了する
油・脂・肉・小麦粉・じゃがいも
そのすべてが此処にある!

トリのから揚げ・コロッケ・串カツ・ベーコンチーズ巻きじゃ!!!
すべて熱々じゃ。



オイリー・ワンポチ




DSC07834.jpg
DSC07858.jpg
DSC07862.jpg
DSC07852.jpg


残業を終え10時近くに帰宅すると
思わぬ御馳走が待ちかまえていた。
うわ~~~~。豪華。
この日は、緑あひるの職場の
若い女の子が退職したので
昼間、うちでお別れ会をやったらしい。
その時にわしの分も用意してくれていたのだ。
凄い!
こめんさんは料理がとっても上手で
都会的な抜群のセンスも持っていて
緑あひるの憧れの人なんだなあ。

こめんさん、とても美味しくいただきました。
ご馳走様です。
疲れた体と心に染みる夕食でした。
ありがとうございます。


ワンハッピー・ヌードル・ワンポチ


DSC09058.jpg

DSC09053.jpg

DSC09051.jpg

DSC09057.jpg


開店から数カ月。
再訪~~~~~~~。

うんうん。
出汁が非常にクリアになってレベルアップ!!!
麺の調子もすっごくいい感じ。
本家・丸亀「中村」とすぐに比較してしまうけど
それがこの店の背負った宿命なのかもしれないけど・・・。

しかし、そんなことはどうでもいい!
ウッマパッピ~~~。
美味い!!綺麗な味や。
迷いと雑味のとれた、
「純粋」にどこまでも近づく味になっとりました。
透明で、清い味。
独自の世界を探りつつ
本家のコンセプトをしっかりと吸収した
バランスの良さを感じました。
がんばれ~~~。


ほおら、「麺結び」もあって
幸福が一つ訪れそうな予感の一杯やったですよ。


ワンハッピー・ヌードル・ワンポチ


DSC08844.jpg

DSC08838.jpg

DSC08837.jpg

DSC08834.jpg


先週の日曜。午後一時半近く。
あら~~~思ったより、お客さん少ない。
家族4人。若いカップル1組。大阪からの若者集団8人だけ。
おばちゃん、もくもくと麺を茹でよる。
ラッキー!茹でたて麺。
おばちゃん、麺が茹であがってからは凄いテンション。
いつもの、独特の語尾上がり発声で

「はい、ネギいる~~~?」
「スプーンでいれる~~?自分でチョキチョキする~~?」
「ネギいらない、もっていく~~~」
「すぐもっていく~~~」
「さっさともっていく~~~」
「次なに~~~」
「あつい醤油ふたつ~~~」
「ちょっと、まつ~~」

今日はちょっとキレぎみっぽい?
小学生ちょっとビビッてた?
お父さんも緊張ぎみ。
大阪の若者も異様な空気感に興奮ぎみやった。

わしらはその時間帯の最後の客だったので
おばちゃん気を抜いたんか、普通の喋りかたで
「ネギはここあるけんの、いれての」
「チーズの箱にとこに名刺あるけん
もって行っての」
すんごいゆったりとした優しい喋りかたやった。
普通の喋り方、はじめて聞いた。
大きな舞台を終えた大女優の日常を垣間見たようだった。



エキサイト・オリジナルトーク・ヌードル・ワンポチ


DSC06888.jpg

DSC08823.jpg

DSC08826.jpg


受け取ったかけ小を見て
初入店の緑あひるが唸った

「ガ~~~~(キレイ~~)」

一口食べて、更に唸った。
「ガ~~~ガ~~~(おいし~~~)」


後から入店した
大阪系ラッパー風兄ちゃん2名 姉ちゃん1名が交互に
「うっめ」(低音)
「うま~~~」(低音)
「おいっし~~~」(高音)
この低音・低音・高音を3~4回言い交わす。
えらいエキサイトしていた。

松岡のうどんとはそんなうどん。
宮武系の出汁が秀逸です。


ビューチフル・デリ~~シャス・ヌードル・ワンポチ



DSC08752.jpg

DSC08769.jpg

DSC08764.jpg

DSC08759.jpg

DSC08751.jpg


わしが生まれる前からやっている高知のお店。
偉い!!!
高校生の頃も、何回か行ったことあるし
中華そばも何回か食べているけど
味の記憶がまったくなかった。

なんせその頃の嗜好性はコッテリ系ラーメンやったし
食堂系中華そばは全然興味のないお年頃やった。

しかし今の歳になって
その食堂系ラーメンの懐かしい味に心を引かれるようになった。
うう~~~ん。
ほっこりあったかいお味。
ちょっと値上がりした?
この前まで普通の中華そば300円台後半やったと思うけど。

ここはね。
今はどうか分からんけど
うどんも自家製麺やっとるんで。
うどんも茹で立てに当たると、かなりええレベル。

この日麺類6杯目。
緑あひるはさすがに麺類飽きたか
「塩さば定食」





ノスタルジック・ヌードル・ワンポチ


DSC08736.jpg

DSC08738.jpg

DSC08739.jpg

高知でヒットしたグルメ本
「おいしい伝説」にも掲載されていた
南国市・稲生の「ラーメン横山」

緑あひるばばの住んでいるところのすぐ近くだったので
今まで何回も入ろうとしたけど
ちょっと覗くと、飲食スペースらしきものが見当たらん感じ。
その怪しさからか、なかなか入店できなかった。

入店してビックリ。
香川のうどん屋で言うと
製麺工場の横にある家族の台所で食べる「三島製麺所」か
田舎のスーパー店内奥にある
秘密のうどん部屋に案内される「須崎」のような感じや。

DSC08730.jpg
南側は調理場でお母さんと息子さんが調理中。
舞い散る油が逆光で粗い霧のように見える。シズル感たっぷり。
DSC08731.jpg
北側は洗い場。生活感たっぷり。
DSC08744.jpg
その中央にぶ厚い一枚板のカウンター。席は4つのみ。
ううう~~~~ん。怪しい~~~。すてき!!!

上は通常のラーメン
下はあんかけのルスタン麺。
やっと食えた~~~!!!


DSC08728.jpg


加筆修正:
よっこんさんからのコメントで親子ではなく伯母さんと甥っ子さんでの営業のようです。
客席もカウンター4席だけではなく、お座敷もあるようです。
しかも時間がなくて書けなかった補足情報。
土日は中華料理店なのに、お寿司もあるみたい。おもしろ~~い。
ぜひまた行ってみたいお店です。

DSC08729.jpg


ビッグサプライズ・ヌードル・ワンポチ



DSC08811.jpg

DSC08723.jpg

DSC08718.jpg

DSC08726.jpg


山越を後にして一路高知へ~~。
前を通るとやっぱり入ってしまう「山内」

新しいお弟子さんが麺打って
釜場も担当してた。
日々成長。だんだん頼もしくなってきている。
麺もええ感じやね~~~。
がんばれ~~~!!!

おっ、後から入ってきた
ご近所の常連さん達は
みんな「蕎麦」を注文してる。
かなり前に食ったことがあるが
記憶は完全になくなっていた。
高血圧・痛風・肥満を気にしつつも
チラリと緑あひるの顔を覗くと

「ガ~~ガ~(食べや)」

うほほ~~~い。
ありがと~~~~~。

「そば、ひやひや小で~~~」
思わず声が弾む。
蕎麦うめ~~~~。
3玉食ったあとでも、うま~~~。
いわゆる十割、八割蕎麦とはちゃうけど
甘味ったぷりで、うま~~~。
なぜか、うどんよりも葱たっぷり~~~。
地元に人気なのが納得。
4月頃まではやっているそうなので
ぜひぜひ~~~~。

おっ。山越におったアベックがおる!

こんど饂飩と蕎麦のミックス
「アベック」やっちゃろ~~~~。

なかなか高知に着かんが~~~~。



ラブラブ・アベックヌードル・ワンポチ




| main | next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。