上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DSC03425.jpg

さあ~~~~ミニミニうどん旅に
レッちゅるゴ~~~~。

まずは高速・府中湖サービスエリアにできた
「めん楽」でミニうどん180円で軽く腹ごなし。
ここはフェミリーマートに併設されているお店で、
どうやら「まるいち」と提携しているという噂もちらほら。

以前の記事で「ファミマ」と「まるいち」が合体した
「ふぁみまるいち」のこと書いたけど
まさかそれに近い形態があったとは・・・。
さすが!
西讃岐中央饂飩研究所・マーケティング部・
部長補佐 土州屋ジェームス麺三郎。
的確な市場動向分析と近未来予測ができていたなあ~~。
えらい!!!



DSC03419.jpg
DSC03416.jpg
DSC03412.jpg

出汁の味は県外客を意識してか「まるいち」とは別物で
日本の標準的おうどんって感じやった。
でも、麺は麺線バラバラで手打ち感のあるもっちり麺。
なかなか~~~。
うどんメニューも豊富だったよ。
時速100km以上で飛ばすと、
ど~~~しても
うどんが食べたくなるという体質の人には
オススメのお店やね。


DSC03431.jpg
DSC03427.jpg

そのまま南に走って綾川町うどん会館。
でた~~~、うどんアイス。
黒っぽい粒はイリコ。
横から飛び出しているのが細麺冷凍うどん。
味はさっぱり~こってりまで三段階あって、これはこってり。
う~~~~ん、前にも食べてけど
う~~~ん、びみょ~~~~。
話題性はあるけど、やっぱりびみょ~~~~。
ミルクかけうどんみたいや~~~~~~。
みなさんぜひ一度!!!



↓ミルキー ヌードル・プリーズワンポチ・クリックヒア

スポンサーサイト
DSC03532.jpg

ずっしりとしたパンのチカラを感じるパンやな~~。
深い味わいもある。美味しい!!
石釜焼・天然酵母パンの「ハヌル」
ニョッキンかなんかのTVでも紹介されてたよね。
琴南から首刈り峠越えルートで高松に向かったある日、
偶然県道沿いに立つ看板を見つけ、さっそく入店してみた。


DSC03508.jpg
DSC03506.jpg

店内はトレイを持った人が行き来するのも
狭く感じるほどの小さなお店。
ここにはパンへの思いがぎっしり詰まって
愛情を強く感じるお店やった。
わし、ここにきっとまた来るんだろうな。


DSC03514.jpg

最近ちょっとお気に入りの栗焼酎。
四国山系天然水仕込み・地栗十割 三年貯蔵の「おくりおくら」
愛媛西伊予産。
「おくり」は御栗。
「おくら」は
「爪食めば子等思ほゆ、栗食めば、まして思ばゆ」と詠った
万葉詩人・山上億良(やまのうえおくら)からきているらしい。

人生は「贈り贈られ、送り送られ」やね。



デリシャス カントリーブレッド・プリーズワンポチ

DSC03562.jpg

山の神に感謝。水の神に感謝。
草木の神に感謝。
森の精霊に感謝。森の生き物に感謝。


DSC03633.jpg
DSC03628.jpg

ごめ~~ん。おっこと主。
しし肉うどん喰うた~~~~。

DSC03640.jpg
DSC03636.jpg

さらに、もののけ姫ごめ~~~ん。
しし肉どんぶり喰うた~~~~~。


DSC03624.jpg

かわいい店名の「キノコノ家」イン塩江。
なんかカールおじさんが出てきそうなお店やった。


DSC03645.jpg

連休入口。
池上すご~~~~~い行列。
いままで見た中で最高。
推定111人。






ワイルドピッグ ヌードル2・プリーズワンポチ

DSC03609.jpg

春うらら。
ゴールデンウィークの入口。
塩江は標高が高く、気温が低いのか
満開の桜がまだあった。
長閑な山の田園風景には癒されるなあ。


DSC03563.jpg

おお~~~、やっちょるやっちょる。
この春、神奈川から地元新潟に帰って
うどん屋開業を目指す、たまさんが四国上陸。
修行を兼ねた「お遍路さんお接待うどん」を
道の駅・長尾の前にある
「おへんろサロン」でやるというので
食料(焼酎)を差し入れがてら行ってみた。

DSC03566.jpg

ボランティアの人たちと一緒に
次々とうどんを茹であげてゆく。手際いいなあ。

DSC03578.jpg

軽の荷室にはコンパクトにまとめられた
うどんの製麺・調理道具。
この車で四国内をまわり、お接待うどん修行をやって行くそうなのだ。
偉い!!!
いつも思うけど、たまさんの行動力凄い!!!
やるなあ~~~!

DSC03584.jpg

新聞取材を受ける、たまさん。
今日の四国&読売朝刊にでるらしいよ~~~。
うどんに惚れ込んだ
男の生ざまをみれ~~~~~~。


DSC03575.jpg

そして、これがお接待うどん。
おお~~~~!!!
ねじれの入ったドリル麺。
しっかりした腰の証。
さくら夢2000の柔らかで伸びのある麺質。
ほのかに甘い味。
場数をふんで、腕を格段にあげてますね~~。
美味し~~~い!!

DSC03592.jpg

釜ぬき麺も少々、お味見させてもらいました。
もっちりとした食感がグ~~~!!

さあ5月になったら
一緒に酒呑みながら、うどん話を
ゆっくりしましょうね。
たまさん。








タマドリーム2008ヌードル・プリーズワンポチ

DSC03338.jpg

先週だけど、山並みは藤の花満開。
近づくと、柑橘系の花のすごい香りが漂っている。
虫達を誘う甘い香りやね。
周りには蜜蜂たちの羽音がブンブンしていた。
白藤は優雅やね~~~。


DSC03389.jpg
DSC03387.jpg
DSC03397.jpg
DSC03393.jpg
DSC03384.jpg

そんなわけで
わしはイリコの香りに誘われ
蜜蜂のごとく、うどんやさんへ。
レッちゅるゴ~~~!!!

大将の好感度笑顔、ええなあ~~~。
麺は茹で置きながら
温・冷で表情がまったく異なる二面性麺。
写真でも分かるよね。

冷はギュっと凝縮したようにちぢれ、
温は適度なゆるみがある。
おっもしろい麺や~~~~~~。
緊張と緩和。
平日のわしと休日のわし。
そんな感じやね。

琴平の幹線道路から
少し離れたところに、
こんな長閑な田園風景が広がるのかと
感激するお店です。

大将の照れくさそうな笑顔も
長閑や~~~~~。








ナーバス&リラックス ヌードル・プリーズワンポチ


DSC02334.jpg
DSC02335.jpg
DSC02339.jpg
DSC02336.jpg
DSC02346.jpg
DSC02343.jpg



休日モーニングはここ~~~。
う~~~ん。
おしゃれだね~~~~~。
う~~ん。
いいかんじだね~~~~~~。
う~~ん。
でもなんか満足できない。
う~~~~ん。
やっぱ、朝はうどんがええ!!!

うお~~~~。
この写真のどれかに
緑あひるが心霊写真のように
写りこんじょるよ~~~~。

しかも実物より20歳は若く写りこんじょる。
妖怪・わかづくりちなつじゃ~~~。
こわ~~~~。





ザ・ノンヌードルデイ・モーニング・ハートブレイクスペシャル・プリーズワンポチ


DSC03362.jpg

金比羅山・表参道商店街から
ちょっと横道に入った民家が入り込む
路地裏の中にあるうどんやさん。
庶民の暮らしにとけ込むうどんやさん。
京都の町家や月島あたりの風情があるなあ。
下町情緒たっぷり。
(クリック拡大可)

DSC03365.jpg

下町目線といえば、やはりこの人。
のちに伴宙太の求愛を拒み
花形モータース御曹司・花形満と結ばれる
星明子的目線で電柱越しにうどんやを見てみた。
弟、星飛雄馬を心配する心優しい姉のように
「うどんやさん、がんばって」って感情が
ふつふつと湧き上がってくる。
素晴らしき電柱効果。

この電柱越しの怪しい中年おやじを
見ていた通行人はギョっとしていた。



DSC03378.jpg
DSC03380.jpg
DSC03370.jpg

2時近いのに満席。
団体客だったようで10分ほど表で待つ。
これがラッキーだったようで
茹でたてうどんに当たった。

茹でたてうまいね~~~!
濃い味麺や。
あとで粉を聞いたら上品な味わいの白花系。
白花系でここまで濃い味を引き出すとは
女将やるな~~~!!!





ダウンタウン フレッシュ ヌードル・プリーズワンポチ

DSC03114.jpg
DSC03118.jpg

前菜の牛スジおでんと天かす。
山盛り天かすをスプーンでザックザックすくって
むしゃむしゃ喰う。
天かすファンには、たまらんね~~~。
(冗談)

2時を過ぎても満席。
一時行列。
駐車場には徳島ナンバーも数台。
白鳥の人気店やね。


DSC03126.jpg
DSC03121.jpg
DSC03137.jpg

店内の張り紙に「一番人気・ぶっかけ」と書いてある。
他の人の多くも、ぶっかけを注文している。

ここの特徴。つけ出汁がかなり甘い。
例えていうと
子供の頃、焼き餅を食べる時につけていた
醤油にたっぷり砂糖を溶いて作る、あのタレぐらい甘い。
見た目もとろりんとした出汁だ。
でも嫌な甘さではなく
昆布系の甘みもたっぷりあって
淡白なうどんとの相性はいい。

昆布やから
若布の名産地「鳴門」の人にもウケがいいのかな。
徳島ナンバーの多さに勝手に納得。

DSC03141.jpg

あつあつチク天も人気だったよ~~~~。







スウィートテイスト ヌードル・プリーズワンポチ


DSC03280.jpg

ヤマブキのやまぶき色は
心を明るくしてくれるね~~。
大好きなイエロー。



DSC03295.jpg
DSC03291.jpg
DSC03287.jpg
DSC03284.jpg
DSC03296.jpg


財田道の駅に隣接された
「環の湯」
入浴料500円と非常に良心的。
ここの食堂にもさぬきうどん。
風呂上がりにみんな、ざるやら冷ぶっかけを食べている。
まるで風呂上がりのビールがわりみたいな光景。

「ぷは~~~。
風呂上がりのうどんは最高やなあ。
う~~~~、この一杯のために生きてんだなあ」
とは誰も言わんかったけど
ほんと~~~~~に
讃岐人、うどんがすっきゃね~~~~。

さすが!!!
新築祝いに
風呂でうどんを喰う県民性。


DSC03407.jpg
DSC03409.jpg
DSC03410.jpg


deさんとこの新店情報見たら
あんら~~~~まあ
昨日も前通ったのに
気がつかんかった。

deさん行ってきたよ~~~~~~。
家から歩いて500歩。
レディ薬局に併設された

はなまるうどん円座店。5/20オープンです。
営業時間も7:45~23:00。
朝飯から夜食まで。
ここはもう我が家のダイニングや~~~~。
(クリック拡大可)










ホットスプリング ヌードル・プリーズワンポチ

DSC03270.jpg
DSC03276.jpg

国道32号線、大豊を過ぎ
吉野川を渡る鉄橋のそばにある
しだれ桜の群生スポット。
もうピークはとうに過ぎているけど
それでも綺麗~~~。
里山の春が満喫できる場所です。


DSC03207.jpg
DSC03212.jpg
DSC03217.jpg

前から行ってみたかった
旧高知港で開かれているオーガニックな食材を集めた土曜市。
天然系・自然派の人達が集いにぎわっていた。
生き方をちょっとでも自然に近づけることって大切で
これからを生きていくうえでの課題だと思う。


DSC03198.jpg
DSC03196.jpg

朝飯は南国サービスエリア内
「空海(くうかえ)」のハーフうどん180円。

「くうかい?(食べるかい?)」を高知弁で言うと
「くうかえ?」になる。

「今晩はタタキを食べるかい?酒を呑むかい?」は
「今晩はタタキを食べるかえ?酒を呑むかえ?」になるのだ。

ちなみに
「貝を食べるかい?」は
標準語おやじギャグ。





ハウドゥユ イーティング・プリーズワンポチ

| main | next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。