上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DSC081229-17.jpg

うどん好きには欠かせない
TJかがわの「さぬきうどん全店制覇攻略本」
うどんバイブルと言っても、決して過言ではない。
これを小脇に抱え、
香川県内に散らばる聖地を巡礼する。

四国遍路八十八カ所。
そのおよそ10倍のうどん店が存在する香川。

一番下のブルーの本は、平成12年発行の「攻略本2」
「攻略本1」は大事に保管しすぎて行方不明。
この頃は有名店ばかり食べ歩きのローテーションで
食べたお店は100店舗もなかったように思う。
「山越」の虜時代だったなあ。
新店開拓は香川うどん特有の営業形態でオドロキの連続だった。
うえ~~~こんなとこにお店が~~~とか
うわ~~~~~おもっしょい女将~~~~とか
なんじゃ~~~この凄い麺は~~~とか
ドキドキしながらまわってたな~~~~~~。
一番楽しかった頃かもしれん。


DSC081229-14.jpg
DSC081229-15.jpg
DSC081229-16.jpg

そして最も苦楽を共にした
08版・全店制覇「緑本」

なんとか年内ギリギリで全店種制覇達成。
12/29日現在
香川うどん800店。高知うどん123店。その他県外88店。
全国で1011店。

香川うどん500店を超えたあたりから
かなりシンドクなってきたし
食べたうどんの味を明確に記憶できなくなってきた。


DSC081229-13.jpg

そして最新の「赤本」
08版・全店種制覇も束の間の新刊発行。
新規開店・新掲載店が約40店。

新たに加わった新店種を食べ尽くす
09版・全店種制覇まで残り12店。
チェーン店等の支店全てを食べ尽くす
09版・完全全店制覇までプラス62店。

さらに制覇本未掲載のうどん店データを収集した
delmoさんのHP掲載店を食べ尽くす
超完全全店制覇まで、さらにプラス73店。
合計147店。

なんとか射程距離に入ってきた。





「笑うよだれ」ご訪問の皆様、
今年一年、本当にありがとうございました。

ほんとにほんとに
みなさんのアクセスやコメントのおかげで
なんとかかんとかブログを続けられています。
来年も、かんとかなんとか頑張りたいと思います。
よろしくお願いします。

では~~~
みなさま~~、よいお年を~~~~~ねっ!!!












↓ ザ ニューイヤーイブ ヌードルブック プリーズワンポチクリックヒア サンキュー





スポンサーサイト
DSC081226-30.jpg


08・全店制覇本・全店種制覇、ラスト1。
多度津の「寿美屋」

最後の店に、この店を選んだわけではなく
必然的にこのお店になった。
ラストワンという出会い。

JR多度津駅前、一本裏側の路地に佇む
昔ながらの食堂的店舗。
入店するとご近所のおじいちゃん、おばあちゃんでほぼ満席。
可愛いお孫さんを連れたばあちゃんもいる。
心がなごむ風景だ。

15名程のお客さんを女将一人で賄う。
注文は「中華そば」が多く、残りは「うどん」。
メニューにご飯系丼物や定食はない。
ややてんてこまい気味だけど、
丁寧に仕事をこなし、
笑顔を絶やさず、お客にも声かけをしていた。

こんな忙しい中、
入店前に駐車場はどこですかと聞くと
わざわざ厨房から出て来てくれて
店の前の駐車場まで案内してくれた。

この人柄がたくさんの客をよび
常連さん作るんやろうね。



DSC081226-24.jpg
DSC081226-23.jpg

他のお客さんは普通の丼やったのに
なぜかわしだけ鉢できた。こんなの初めてかもしれん。
ええな~~~~。
きっとこの制覇記念の深い思い出になる。

このシチュエーションにぴったりな
日本の正統派食堂系うどん。
ちょっとぬるめだけど、しみじみ、あったか~~~い。
具も多くてハートフルやね。



DSC081226-27.jpg
DSC081226-29.jpg

人気の中華そば。
客層を意識してか、柔らかで優しい仕上がり。
鳥脂の甘味がほんのり漂う。
手作り叉焼だろうか、これ美味しいね~~~。

食後、女将とつかの間の会話。
緑あひると交互に、
うどんと中華を食べていたのが珍しかったのか
「どっからきたん」
「高知やけど、今は高松に住みゆう」
「まあ、遠くからありがと~~
うち、本見て来る人、多いんよ~~~
あの本、タダで掲載してくれてるんよ
ようけお客さん来てくれて、ほんとうれしいわ~~~」
「その全店制覇本、
今日、ここのお店で全部のお店の種類食べたことになるんで~~
記念すべき最後のお店なんで~~~」
「そうなん
記念すべき最後の店になれて
うれしいわ~~~」とニコニコ顔。


会話の細かいニュアンスは、上手くお伝えできないけど
忙しい厨房作業をしながらやったんで
女将の頭の中では、
「高知から泊まりで来て、今日、高知へ帰って
もうなかなか香川には来れん、記念すべき香川最後のうどん店」
みたいな、ちょっと話がかみ合ってない感があって
それが妙に面白くて、心がなごんだ。


帰り際、ドアを開けると
「お気をつけて」の声かけ。
あったかほがらか女将、素晴らし~~~い!!!



DSC081226-31.jpg

長い道のりでした。
TJかがわ2008年度版の
「さぬきうどん全店制覇攻略本」掲載の
全店種を食べ終わりました。
(チェーン店等の支店は除く。この時点で香川うどん796店)

いろいろな思い出が残るな~~~。
本格的に食べ歩きを初めて3~4年。
本当に全てのお店が個性的で、どれひとつ同じお店はなかった。
そのひとつひとつにオドロキがあって
そのオドロキに出会いたくって、新たなお店を訪問してました。
「味は鏡。うどんは人なり」
大将や女将の分身のようなおうどん。
たくさんの人と味に出会えて、幸せやった~~~。
おもしろかった~~~~~。

奥が深いぞ、さぬきうどん。
ありがとう、さぬきうどん。
たくさんのオドロキと発見がありました。




↓ ザ パート1ラストヌードル プリーズワンポチクリックヒア サンキュー




DSC081226-17.jpg


全店制覇本・全店種制覇、ラスト1/2。
三野の「筒井」開業平成15年。
うどんの暖簾と幟がないと、まさに一般家屋。
休業日に前を通っても、うどん屋とはまったく気がつかない。
営業も週4日なので、隠家的要素がたっぷりのお店。


DSC081226-14.jpg
DSC081226-13.jpg

にゅるりんとしてぷりんとした麺に
濁りのない非常にクリアなお出汁がベストマッチ。
水でさらし苦みを消した、葱のしゃきしゃき食感が
味覚と食感に変化とポイントを与える。
絶妙なバランスやね。職人的な技を感じます。

お店によっては麺の旨味が、
尖ったレモンの酸味でかき消されることがあるので
普段はレモンを最後の最後で絞るのだけど
ここのお出汁は、レモンの酸味までを
まろやかに包み込むタイプ。
出汁と酸味が渾然一体となって新しい味になる。
うま~~~い!!好みや。
清々しさの余韻が残る一杯でした。
暑い季節はもっと美味しいんだろうな~~~。
来年6月、再訪問決定。



DSC081226-11.jpg
DSC081226-10.jpg

かけうどんは若布がたっぷりで
若布味が主張していたけど
かけ出汁も、塩味が優しくきいたクリアタイプ。
奥からイリコの風味が顔をだす。
春先、新緑の頃。
雨上がりの竹林を吹き抜ける風。
透明感のある風景。和の食の心を感じる。
麺とお出汁、少量の葱。
イリコをもっと前面に感じられるよう
シンプルに素うどんでも食べてみたいと思う一杯だった。

誠実そうな大将の創る味の世界。
美しい味の刻み方だった。
味は人なり。





DSC081226-9.jpg







↓ ザ ラスト2ヌードル プリーズワンポチクリックヒア サンキュー

DSC081226-4.jpg

全店制覇本・全店種制覇、ラスト1/3。
丸亀「つるや」
創業昭和28年。丸亀官庁街の一角にあるお店。
安価で多くのサラリーマンの胃袋を満たしたお店なんだろうな。

上品で気風のいい女将と
初老の常連さんとの身の上話。
ちょっとした会話にも下町情緒があって温かい。



DSC081226-3.jpg
DSC081226-2.jpg

入店前に全店制覇本を見ると
かけうどんが200円。天ぷらうどんが270円。
天ぷらうどんがやす~~い!!!オドロキ!!!
迷わず注文。
天ぷら代が70円。
ミニ天ぷらかと思っていたら、うわ~~結構でかい!!!
オドロキ!!!
具は干し小エビ。珍しい~~~~。オドロキ!!!
よく噛むと、濃縮された旨味がじゅわ~~~んと
滲み出て、うま~~~~~!
柔らかマイルドなお出汁に、ブリッとした中太麺。
下町チックでうま~~い。



DSC081226-7.jpg
DSC081226-8.jpg

緑あひるは中華そば。
バラ肉チャーシューにオドロキ!!!
ええな~~~、このチープな感覚!!!
シビレる~~~~!!!
おそらくこのバラ肉チャーシューは、肉うどんと共通なんだろうね~~~。
今度は肉うどんで決まりじゃ!!!


DSC081226-6.jpg
DSC081226-5.jpg

少し食べさせてもらったけど
けっこう甘めのマイルドスープがええね~~~~、
うま~~~い!!
深夜、路地裏の屋台というシチュエーションで食べると
さらに数段、旨さが増しそうな中華そばや!!!


残り3やったのに
まだまだ、オドロキのお店があるね~~~!!!
奥が深い!!!さぬきうどん。





DSC081226-1.jpg





↓ ザ ラスト3ヌードルズ プリーズワンポチクリックヒア サンキュー

DSC081220-6.jpg

08全店制覇本・未掲載店、観音寺の「松本」
うどん屋でいうと1の付く日は
うどん100円の「一」と同じ通りを東に数百メートル。
目と鼻の先にある創業昭和48年のお店。

一歩店内に入ると
昔懐かしい食堂の風景が広がる。
歴史と哀愁を感じるお店は多々あるけれど、
ここはその中でも格別な空気感を感じた。
なぜだろう。
店内の今にも消えそうな照明の薄暗さと
厨房に差し込む明るい陽射しとのコントラストのせいだろうか。
お客さんの会話も少なく、しんと静まりかえった店内に
づづっづと低いうどんをすする音が交錯する。
何かモノクロームの無声映画を見ているようにさえ錯覚してしまう。


DSC081220-7.jpg
DSC081220-8.jpg

うどんはオールドスタイルでノスタルジックな風味。
すいとんを連想させるほど、小麦粉の味がダイレクトにくる。
ここがまたいい。
今にはない、過去の味の記憶が蘇ってきた。

05全店制覇本には
ご夫婦二人で営まれるお店と記載されているが
息子さんだろうか、若い大将が麺取りをしていた。
後継者ができたようですね。
よかったよかったですね~~~~。


お勘定するとき
厨房にあった大きな揚げ置きの「かき揚げ」を見て思い出した。
しまった!!!
ここのかき揚げは、めっちゃビューティフルやったんや!!!
ああああああ~~~~~
天ぷらうどんにしとくんやった~~~!!!


↓やのきちさん、すみません 無断でお借りします

松本のかき揚げ


↓しかも嬉しいニュース

岩田屋モーニングうどん復活


<追記>
09全店制覇本には再掲載されていました。
コメントにも
「親子三人で古きものを守りつつ
新しいものを築きあげている」と記されていました。
よかったよかった。




DSC081220-5.jpg







↓ ザ ノスタルジックヌードル プリーズワンポチクリックヒア サンキュー


DSC081214-12.jpg

お好み焼き鉄板の上で
うどんを丼ごと焼くのが、昨今の讃岐スタイル。
今、最も注目される食のトレンド。
こうすることによって
うどんに含まれる大地の恵み「あそっと野菜31」のミネラル成分が
効果的に吸収され代謝を促進します。

ちゅうのはウソ~~~~~。
Jアングルポイントがここしかなかったん。
鉄板うどんも、なかなかオツやね~~~~~。


DSC081214-11.jpg
DSC081214-10.jpg

おおお~~~~~。
確かに薬草風呂的香りと
健康漢方薬的味がするうどんや。
よもぎうどん的な感じとでも言うか・・・
いやいや、それよりももっと複雑な味わいやね。

同じ健康うどんを提唱する塩江の「田吾作」よりも
かんなり薬草風味が強いから、
評価は極端に分かれるだそうけど
体に良さそうな実感は確実に得られるね~~。


田吾作過去記事



DSC081214-13.jpg

DSC081214-9.jpg






















↓ ザ ベリーヘルシーヌードル プリーズワンポチクリックヒア サンキュー

DSC081224-1.jpg

みなさ~~ん
メリークリスマス。
イブというのに男5人で日帰り大阪出張やった。
大阪行ったのに、うどん食えんかった
寂しいイブじゃった。


DSC081220-1.jpg

~07全店制覇本掲載/08未掲載
観音寺卸売市場内の「味のれん」やと思って行ったら
看板そのままで新店「久月」になってた。
暖簾には「久月」って書いてたのは気がついてたけど
よくある酒造メーカーからの広告兼贈呈暖簾かと思っていた。

タウン誌「TJかがわ」では新店・リニューアルで紹介されているけど
うどん事情通せんめんきさんの情報では
山本町「SIRAKAWA」近くからの移転のようです。


DSC081220-4.jpg
DSC081220-3.jpg

麺は午後二時近かったのでそれなりだったけど
場所柄、朝6:00からの営業。
今度は、場内の活気と麺の活きのいい、
この時間帯に行ってみよう。

背景にある250円のオムライスパックが気になる~~~。
食いたかった~~~~。
朝の時間帯なら、お惣菜類も豊富そう。
うどんにのった玉子焼きも
手作り感満点で家庭的な味やったよ~~。




DSC081220-32.jpg




↓ ザ イヤーエンドニューフェイスヌードル プリーズワンポチクリックヒア サンキュー

DSC081207-10.jpg

名物・木の葉揚げで有名な
高瀬の名店「渡辺」で修行された大将。
今回はちょっとでも多くお店を回りたいので
あの美味しい木の葉揚げはパスして、かやくうどん。
巨大天ぷらは、後でズシンときて
うどん二杯に相当する時があるけんね~~。


DSC081207-9.jpg
DSC081207-8.jpg

おおう!!!
渡辺系伝承の男麺やね。
さらに底の方には
男の中の男ちゅうぐらい太い
めっちゃ、ど男麺があった!!!

いや~~~大将。
男を見せてもらいましたよ~~~~~!!!


DSC081207-7.jpg

肉おでん、よ~~~く煮込まれていて
ポロポロに身が崩れて、ええかんじ~~~~。



DSC081207-6.jpg







↓ ザ マンインマンヌードル プリーズワンポチクリックヒア サンキュー

DSC081221-11.jpg

1000店超えの後は、
本題:08全店制覇本・全店種制覇。
残り4店。
思えば長い道のりやった。
手の届く範囲、もうほんのすぐそこにゴールが見える。

残り1/4。
この日は緑あひると慰労も兼ねて
高瀬の「ねぶか庵」へ。

「かあちゃん、長い間よく付き合ってくれたね
かあちゃんと一緒のおかげで
一店舗でも、かけとぶっかけ、一度に二つの味が楽しめたよ」


「ガーガーガ~~~~~
(とうちゃん、来年からは約束通り、イタリアン中心やからね~~)」


「ああ、
ミートソースとナポリタン、一度に楽しもうの~~~!!!」


DSC081221-2.jpg

まずは小鉢。大根と人参の酢の物。
炒子が入って、見た目は田舎チックだけど、
なかなか上品な味付けで都会的なセンスを感じる仕上がり。
口の中が、さっぱり清められ味覚がリセットされて
これから出される料理に初心な気持ちにかえって望める。
「最初が肝心」で、この酢の物が
甘過ぎてもいけないし、酸っぱ過ぎてもいけない。
後の料理を引き立てるために、
後にひかない、ほどほどの味加減がいい。

DSC081221-3.jpg

肉大根。
大根料理が続くが、まったく別の表情を引き出す。
いいお肉を使っている。肉自体が旨いので過度な味付けをしていない。
旨味を吸って半透明に煮込まれた大根の美しいこと。
ぎとつく脂分も少なく、意外にさっぱりと頂ける一品。
柚子皮の清涼感溢れる香りが、第三の食欲の扉を開く。
次の献立が楽しみだ。


DSC081221-4.jpg

三品目。
ここの名物・自家製豆腐。
今回は湯豆腐で。
この地域で採れた国内産大豆使用。
箸を通す時のやや硬めの弾力。噛む時の柔らかさと弾力。
このどちらもかなり好みの域。
広がる天然系大豆の甘味も申し分ない。
ローストしたようなやや焦げた風味があって、
最初はとても新鮮に感じたが、後半、少しくどく感じた。
鍋に敷いてあった出汁用の昆布が焦げたのかなと思ったが
昆布に異常は見られなかった。大豆を煮た時についたのかな?
次回は冷や奴かざる豆腐で食べてみたい。


DSC081221-5.jpg

鯛の酒蒸し。
柔らかにとろりと蒸され、甘味がいっぱい。
野菜系・動物性蛋白と
交互に提供される料理のコンビネーションもいい感じ。


DSC081221-7.jpg

〆は打込みうどん。
これまで出された野菜は茸以外、すべて自家製。
葱は甘く、春菊はほろ苦く、どれも新鮮。
柔らかな食感が多い食材の中、
目がさめる硬さと存在感のあるうどん。インパクトが強い。
これもいいね。
肉類はなく薄味の味噌煮込み。
野菜の優しい甘味を活かした、田舎風な仕上がりが郷愁をそそります。


DSC081221-9.jpg
DSC081221-8.jpg

囲炉裏端で食べる打込みうどんは格別。
写真の打込みうどんと鯛の酒蒸し以外はすべて一人前。
一人1500円の充実満足コース。
かなりなボリュウム。もう、お腹一杯です。
完全予約。一日三組まで。
高瀬の山懐でゆっくりした時間が過ごせますよ。



食後、女将と世間話。

「うちのうどん硬とうなかった?
うちのうどん曲がっとるやろ~~~
父さんに真っ直ぐして~~ゆうて頼むんやけど
どうしても真っ直ぐにならんのや~~~」

「昭和41年、父さんとうちの実家でお見合いした時
ケチャップソースのスパゲティだしてあげての
そしたら父さん”これうどんですか”ゆうての~~~
まだスパゲティが珍しい時代やったけんの」

オープンして今年で6~7年目。
開店当初は地元の田舎料理提供をコンセプトに
野菜料理を中心に出していたら
来客するのはご近所さんばかりで
これならいつも食べてる料理やけん
豪華な肉とか魚料理が食べたいというリクエスト。

肉や魚を取り入れたメニュー展開をはじめたら
マスコミで取り上げられ、市街地からお客様が。
都会のお客様は質素な田舎料理が食べたいとリクエスト。

この頃は、かなり経営に迷ったそうです。
紆余曲折、悩んだ末に
今は自分がやりたいこと、
自分が心地よく感じることを優先させて
自分なりの肩のこらないスタイルを提供しているそうです。

共感する「何か」がありますね。


笑い満載・納得の30分でした。


ゆったりとして、おおらかで話し上手な女将と
ちょっとシャイで真面目な大将のお店でした。

春、山菜料理の頃、また行きます。




DSC081221-1.jpg

残りいよいよ3店。









↓ ザ シンプルライフヌードル プリーズワンポチクリックヒア サンキュー


DSC081220-17.jpg

記念すべき1000店目(内・香川うどん792店)。
やった~~~~~~~!!!
これでわしも「うどん千店男」の仲間入りじゃ~~~~~~!!!


DSC081220-18.jpg
DSC081220-19.jpg

潮汁をイメージするような
スッキリ系お澄ましタイプのお出汁に
ごっつり系の硬腰麺。
男性的な印象を与えるが
全体的には繊細で優しい仕上がりでまとまっている。

ものすごく実直そうで好感度の高い若大将と
前に座っていたボリュームたっぷりの定食を注文した男の子に
「全部たべれるやろか?
けど食べておおきゅうならんといかんけんの~~」
とニコニコ顔で声かけする
ほがらかで優しいおばあちゃん。
母子かな。
おうどんの優しい仕上がりに納得です。


日だまりの中で食べるおうどん。
とても雰囲気・接客態度も良い
いい感じのお店でしたよ~~~~。




DSC081220-15.jpg









↓ ザ ハートフルカントリーヌードル プリーズワンポチクリックヒア サンキュー

| main | next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。