上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DSC081116-7.jpg
DSC081116-8.jpg
DSC081116-9.jpg
DSC081116-6.jpg

三豊市「讃岐亭」
通りに面した看板の下に
小さく「安藤製麺所」の文字。
この謎はまだ謎のまま。
ひょっとして違う場所に製麺所があるのかな
ひょっとして製麺所新店発掘につながる?
濃いめの出汁にきもち太めの麺。
ちょっとワイルドな味わいやったな~~~。



DSC081121-27.jpg
DSC081121-28.jpg
DSC081121-29.jpg
DSC081121-30.jpg

三豊市「味彩」
全店制覇本表記:「逢慈蹉良」
よく行くJAあさのの駐車場内にある
うどん屋さん。
愛媛に撮影に行く前、とっても早朝に訪問。
7:00開店と同時に入店。
JAに卸すのかお弁当づくりまで。
製麺室は二階なのか、上の方でドタンバタン。
やさしそうな女将のつくる
優しいうどんやったね~~~~~~~。


DSC081116-11.jpg
DSC081116-12.jpg
DSC081116-13.jpg
DSC081116-14.jpg
DSC081116-10.jpg

三豊市「松岡」
地元の方々で超満員の人気店。
店内でちょっとの間、
立ったままで待たせてもらったが
お客さんの様子を見ていると
みんなとっても穏やかな顔で幸せそう。
美味しい顔しとる。
人を笑顔にする優しい味わいだね~~~~。


DSC081207-14.jpg
DSC081207-13.jpg
DSC081207-12.jpg
DSC081207-11.jpg

三豊市「吉田亭」
和みある店舗で頂く
あったかいおうどん。
窓際の席でまどろむようにして
たべた一杯。
あったかくてそのまま昼寝が
したくなるほどでした。
長い運転のあと食べたせいか
緊張感と疲労感を解きほぐして
くれるような優しく上品なお味でした。


DSC0809451.jpg
DSC0809448.jpg
DSC0809445.jpg
DSC0809444.jpg

三豊市「心うどん」
宅間のセルフうどん店。
ローカル感たっぷりの店構え。
ある意味
なかなか味のあるお店だね。
古過ぎず、新し過ぎず、
いい時間の経過を感じるくたびれ具合。
そしてどこまでも庶民的。
うどんもその店にぴったりの
庶民の味方的テイストだね~~~。


DSC0809461.jpg
DSC0809457.jpg
DSC0809456.jpg
DSC0809462.jpg

三豊市「西野」
全店制覇本表記:「にしの」
「心うどん」からちょっと北へ。
お出汁もスーパーライト
麺もめっちゃゆるやかな腰の
癒し系の優しいおうどんじゃった~~~~。
たまたまやったんかな。
でもこんなのもええね~~~~~。




DSC090214-50.jpg
DSC090214-47.jpg
DSC090214-46.jpg
DSC090214-45.jpg

三豊市「貴一」
「西野」からちょっと北へ。
前から行きたかったお店だったけど
なかなか行けなかった一店。
観音寺の「岩田屋」系ってどこかの
ブログで見たけど、
岩田屋とは別物の麺質でした。
けっこう硬腰部分もあって
想像をいい意味で裏切られました。
手作り感がたっぷり残っていて
いい感じの仕上がりでした。


DSC081129-57.jpg
DSC081129-58.jpg
DSC081129-59.jpg
DSC081129-60.jpg

三豊市「六ツ松亭」
レストラン中心の店舗の一角に
セルフうどんのコーナー。
時間を外していたので
お客はわしともう一人。
おそろしく広い店内で
妙に落ち着かない。
重い丼に相反して
シャキッとした麺に透明度の高いお出汁。
すっきりクリアな味わいの一杯でした。


DSC081206-31.jpg
DSC081206-30.jpg
DSC081206-29.jpg
DSC081206-32.jpg

三豊市「きくやうどん」
すみません。
ここはまったく記憶が・・・・。
おそらく5~6店目に行って
お腹いっぱいで
意識朦朧として食べた一杯。
過酷なスピード全店制覇の後遺症で
記憶が~~~記憶が~~~!!!
すみません。すみません。
必ずや再訪問して食べ直します。
必ず一店目に行って
全神経を集中して頂きます。
それまで待っていてね~~~~~。




DSC06639_1.jpg

DSC06638_1.jpg


三豊市「田舎」
しっぽくそば。
単身赴任中、高知・高松をR32号で往復してた頃
ここのうどんもよく食べたな。
しっぽくそばは初めて。
ぼそぼそきれぎれの食感が田舎チックでいいね。
ロケーションも小高い山の上にあって
田舎チック度抜群な店舗。
ここには、とってもゆる~~~い時間が流れていますよ。
塩気のきいたお出汁がとっても印象的。
この塩っぱさならきっと中華そばも旨いはず。
次は中華そばや!!!












↓ ザ 2008-2009 メモリーヌードル プリーズワンポチクリックヒア サンキュー

スポンサーサイト
DSC081230-3.jpg
DSC081230-2.jpg
DSC081230-1.jpg
DSC081230-6.jpg
DSC081230-5.jpg
DSC081230-4.jpg
DSC081230-7.jpg

全店制覇本・未掲載店。
琴平の「岡田うどん」
店内に入ると「おっ」っと声がもれる。
表の表情とはまったく異なる店内。
もの凄く、ノスタルジックな空気が流れる。
昭和の頃の香りがたっぷり。いやいや、それを通りこして
明治後期のような香りさえ感じる。

甘めの味付けの肉うどんと
店内にいた皮のコートを着た琴平のドンみたいなおじさんが
今でもしっかりと記憶に残っている。
時代を超えたいろいろな味がそこにはあった。
長くひとつのことを続けるってことは偉大だ!!!


DSC0809936.jpg
DSC0809933.jpg
DSC0809931.jpg
DSC0809930.jpg

琴平の「こんぴら街道」
なぜかアップが遅れてしまった一店。
ひやひやで一杯。
麺と出汁のクールな印象とは逆に
厨房内はめちゃくちゃホットな
バトルが展開されてたなあ。
フライ物の揚げ方・揚げ具合に
執拗なまでにこだわるおばちゃんがおって、
厳しい指導がビシビシ飛んでいた。


DSC090124-27.jpg
DSC090124-26.jpg
DSC090124-25.jpg
DSC090124-24.jpg
DSC090124-23.jpg

まんのうの「桃山」
実は長い間、
すでに制覇済みと勘違いしていたお店。
あまりこの店の前の道を走らないものだから
なぜか近くの「めんくい」と
同じ店だと思い込んでいた。
全店種制覇前に慌てて駆け込んだ思い出がある。
そんな意味でも記憶に深く残る一店。
讃岐の郷土食を感じる
あったかいお出汁が沁みたなあ~~~~~~。


DSC0809923.jpg
DSC0809926.jpg
DSC0809924.jpg
DSC0809918.jpg
DSC0809929.jpg

琴平の「歩」
国道32号付近にありながら
なかなか目立たない立地にあるので
忘れてしまいがちなお店。
ただそのぶん、町内のうどん屋さん感満点!!!
観光地そばにありながら
地元町民の暮らしぶりが覗ける貴重なお店。
小麦の風味がダイレクトに伝わる
素朴な一杯でした。


DSC0807455.jpg
DSC0807451-1.jpg
DSC0807452.jpg
DSC0807449.jpg
DSC0807459.jpg
DSC0807447.jpg

山本の「麺工房」
綺麗で艶やかな麺線。
しなやかながらグッと反発する麺質、
スッキリとした味わいのお出汁が好印象だった。
大きな主要幹線道路ではないので
なかなか足を運べない立地にあるのが残念。
これからも頑張ってほしい一店です。


DSC0807405.jpg
DSC0807410.jpg
DSC0807404.jpg
DSC0807415.jpg
DSC0807401.jpg

琴平の「大庄屋」
2007年・2008年・2009年、
世界的に有名な食品コンテスト
モンドセレクション最高金賞を
受賞した「幽玄」が話題。

幽玄

お店はセルフ方式。
大型の観光バスが乗り付けたりもするので
店内は広い。
記憶では天かすも三種類程おいてあって
味の変化を楽しめるのが面白い。
どっしり系の麺が印象的。


DSC090102-32.jpg
DSC090102-31.jpg
DSC090102-30.jpg
DSC090102-33.jpg

琴平の「西木戸」
金比羅山の表参道近く、
大きなホテルの近くにあるから
県外からの観光客が多く
セルフうどん初体験の人も多いから
オーダーを迷ってしまうお客さんが多い。
観光地のセルフうどん店はもう少し
案内板やメニューボードで
お客さんを誘導してあげたらいいのにな。
金比羅参道スタンダードなクオリティのおうどんでした。







delmoさん怒濤のアップすみません!!!









↓ザ 2008-2009 メモリーヌードル プリーズワンポチクリックヒア サンキュ

DSC090328-8.jpg
DSC090328-7.jpg
DSC090328-6.jpg
DSC090328-5.jpg
DSC090328-9.jpg

多度津「高嶋」
こころあたたまる食堂系おうどん。
開店同時に入店。
女将とまたまた二人っきり。ど~~~してかわし
このシチュエーションが苦手なん。
(妙なこと妄想してないけんね)

でもここの女将、めっちゃ優しくて
「おでんの串があったら食べにくいやろ
抜いてあげるわ~~~~~」
ゆうて、わざわざわしのおる席まで来てくれたり
お水何回も継ぎ足してくれるし~~~~


なんかええ恋女房みたいやった~~~~。


DSC081206-18.jpg
DSC081206-17.jpg
DSC081206-16.jpg
DSC081206-15.jpg
DSC081206-19.jpg

多度津「大木屋」
ドンピシャお昼時入店。
駐車場満車。当然、シチュエーション的に合席。
わし合席、苦手なん。
特に風呂入らんとうどん屋行った時は~~~~~~。
しかも同じ席に、綺麗なおねいさんおったら
今、何を喰ってるか分からんなるぐらい苦手なん。
そのおねいさんに話しかけられたりでもすると
口からうどん、
ドッバ~~~~~~って吹き出しそうになるくらい苦手なん。
こんな小心者のわしやけど、カメラを持ったら人格変わるん。
づて~~む言うて撮りまくるん。
わしの天職はカメラマンやったんかもしれん!!!
しかもグラビアカメラマンやったんかもしれん!!!

すこ~~しだけ関東うどんを連想させる
醤油の香り立つ懐かし系風味の一杯。
このお店、旅の途中によると
その町のアイデンティティを肌で感じられる一店ですね。
様々な地元のお客さんが昼時に
どこからともなく集結して、その町の雰囲気を分からせてくれます。
決してマスコミの色に染まることのない
多度津のありのままがあるうどん屋さんです。



みなさんのうどん屋における
苦手なシチュエーションってどんなんがある~~~~~?



DSC081018-15.jpg
DSC081018-14.jpg
DSC081018-13.jpg
DSC081018-17.jpg
DSC081018-16.jpg
DSC081018-19.jpg
DSC081018-12.jpg

多度津「根ッ子」
「恐るべきさぬきうどん」でも紹介されていて
すぐに行ったけど、何度も玉切れの連続。
店の横には温室があって、まるでジャングルのような風景。
魅力的なシチュエーションでのうどん一杯。
憧れていたけど、なんだかそのうち足が遠のいて
全店制覇最終段階でやっと行ったお店。

温室内はその当時の様子はなく閑散とした印象になっていたけど
釜場の雰囲気はテレビで見た通りの渋い風景。
年期の入った釜場で従業員が独特なリズムでうどんを作りだす。
幸運にも、わしの数人前で玉が切れ、茹で上がり待ちに。
しっかりとその様子を目に焼き付けることができた。

ほっくほっくの茹で立てうどん。
美味しかった~~~~~。


DSC081018-11.jpg
DSC081018-10.jpg
DSC20081018-9.jpg

多度津「めん一」
国道から奥まっていて
すぐ近くに競合するうどん店もないために、
ついついその存在を忘れてしまっていたお店。
でも、茹で立てモッチリ麺と
ちょっと個性的なお出汁が印象を深めた一杯でした。


DSC0902211-22.jpg
DSC090211-20.jpg
DSC090211-19.jpg
DSC090211-18.jpg
DSC090211-17.jpg

多度津「平野屋」
一時居酒屋になっていたけど
うどん店の看板はそのままにしていて
2006年8月より営業再開。
居酒屋時代のなごりなのか
うどん店には珍しい豹柄のテーブルクロス。
バラ海苔が入っているのも珍しいね。
わし、海苔が大好きでなんにでもかけて食べるけん。
ここのうどんには、もの凄く親近感を覚えた。
途中から海苔の香りが出汁に混じって
海を感じる一杯だった。
わし、海も大好き~~~~~~~~じゃ!!!













↓ ザ 2008-2009 メモリーヌードル プリーズワンポチクリックヒア サンキュー

DSC100327-1.jpg
DSC100327-2.jpg

増井米穀店でうどん玉と出汁買って~~~~~
「ますべ~うどんで花見大会」開催~~~~~~!!!
だけどここ数日の冷え込みで
全然、桜咲いとらんが~~~~~~!!!


DSC100327-8.jpg

メンバーは、はじ麺ましての某度津さん、
某ょんこさん、某いてるさん、某いんさん、某ぁさん。


DSC100327-3.jpg

密林のうどん王たぁさんが幼い頃から、
土佐の密林で共に遊び共に学び、家族同然のように育ったシシ吉の焼肉。
昨年の秋、不運にもたぁさんの伯父・
密林のシシ猟り王ちぁさんの一発の銃弾によって倒れた。

DSC100327-6.jpg

めいてるさんがワナを仕掛け捕まえ、まるまると肥らせたスズメの焼鳥。
奥のは、手づかみで捕まえたシジュウカラの焼鳥。(USO)
さすがワイルド、野生派女性うどんブロガーNo.1や~~~~!!!


DSC100327-4.jpg

こちらではあまり見かけない高知の特産と言っていい
「めひかり」「にろぎ」の干物。
たぁさんが高知で仕入れてきてくれたぁ~~~~~!!!
今回、何から何までありがと~~~~~~。ええ宴やったよ~~~~!!!


DSC100327-5.jpg

ぴょんこさん作、家庭的おで~~~~ん。
全国一千万人のぴょんこさんファンのみなさ~~~ん。
めっちゃ理想的おでんでしょ~~~~~!!!
これで絶対、嫁にしたい女性ブロガーNo.1の座、決定やね!!!


DSC100327-7.jpg

途中、うどんで言うと「かけ小」10玉を食べる分の時間だけ
tooon!!さん参加~~~~~~。差し入れありがと~~~~~~~~。
自分用に買った巨大おはぎと
差し入れ用いなりを間違わんようにね~~~~~~。


DSC100327-9.jpg

ますべ~花見うどんじゃ~~~~!!!


DSC100327-12.jpg

たぁさん・ぴょんこさん共作
津山ホルモンうどん風・ますべ~シシ肉うどんじゃ~~~~~!!!


DSC100327-11.jpg

それを撮影する怪しい麺々じゃ~~~~~!!!
この後、急遽うどん撮影会に!!!
とてもブログで公開できんような怪しい写真の数々がっ!!!


DSC100327-15.jpg

おおお~~~~どこからともなく桜の花びらが~~~~~~~。
春だね~~~~~。来週は満開・どピークかな。


DSC100327-16.jpg

おおおおお~~~~~!!!
更に怪しいマスク・ド・チェリーブラッサムまで登場~~~~~!!!


DSC100327-14.jpg

ほのぼの花見宴会をバックにJアングル~~~~~!!!


DSC100327-17.jpg
Jアングルを装って
その先の被写体にピントを
合わせる者、約数名いたとかいないとか。
実に怪しい宴会じゃった~~~~。
楽しかったな~~~~。


わしは途中撤退して最近、脳の調子が悪いので
MRI検査に~~~~~!!!





DSC100327-50.jpg

うどん界のアインシュタインと言われた
わしの脳内初公開。
ううう、血管が乱れ麺化しとる。
医師に告げられました。
「これ以上、無理してTPOK式010うどんを食べ続けると
脳内の血管に付着したグルテンが
うどんブラックフォース細胞に変化して
二度と抜け出せない暗黒の『黒うどん世界』に引きずり込めれますよ。
そうなってしまうと、己の汚れた欲求を隠すかのように
純粋な青を好み、身辺のモノを青で統一するという
偏愛行為におよびます」
「先生、『白うどん世界』に止まるにはどうすればよいのですかあ~~~!!!」
「直ちにTPOK式010うどん飲食をおやめなさい。
そうすれば明るく健全なうどん喰い人生を歩めます。」
「そうですかあ、TPOK式010うどん、ドクターストップですか。
それは、とっても残念なことです。」



DSC100327-51.jpg

「先生、左脳がかき揚げ化し、
右脳がふやけた海老天化し、後頭葉が濁った茹で汁化し、
眼球が温泉玉子化してるように思うのですが、
これは大丈夫でしょうか?」
「まあ、これは心配には及ばんでしょう。
大量うどん喰い家によく見られる現象ですね。
ただ、中央の白い点と空洞が気になります。
白い点は、消化しきれなかったうどんの残骸ですね。
大量うどん喰い家は脳内に小さな第二胃袋を持っていらしゃる方が多いようです。
エッジ部分のみ消化され、角がとれ丸みを帯びていますね~~。
まあ、これもいずれ時間と共に次第に消化されるでしょう。
問題は左側の空洞です。脳が消失してます。
これは短期間で全店制覇を行った『うどんバカ』だった時代の名残りです。
これもこのまま放置すると
うどんブラックフォース細胞に侵略され『黒うどん脳』となって、
純国内産小麦を嫌い、TPOK式010うどんばかりを好むようになってしまいます。
ぜひとも、国内産小麦もしくはASW小麦100%の
ヘルシーなうどんライフを実践して脳の再生化を進めてください。」
「先生、TPOK式010うどんとの決別は心苦しいのですが、分かりました。
これからは健全なうどんライフを目指します。」








本日はちょっとグロくて失礼~~~~。












↓ザ 2010 チェリーブラッサムヌードル プリーズワンポチ クリックヒア サンキュ

DSC100323-20.jpg

ジェイコブを送って垂水まで~~
明石大橋手前からの大渋滞。
電光掲示板には8kmって出てたけど
実際、15~20km以上はあったんじゃないかな。
予定よりかなり遅れて垂水到着。


DSC100323-19.jpg

途中、引田の新店「華もん」前を通るも
昼の営業時間はすでには終了。残念!!!


DSC100323-32.jpg

みんな極度のハラペコ状態。
国際空腹救助隊サンダーバード出動!!!
ジェイコブのリクエストで回転寿司屋をまわるが、
2店とも二時間待ちの大渋滞。
そこで近くにあったインド料理店へ。

DSC100323-21.jpg

ジェイコブは激辛カレーセット。

DSC100323-25.jpg

緑あひるはスタンダードなチキンカレー。

DSC100323-31.jpg

わしの注文はやっぱり麺類。

DSC100323-27.jpg

給食で出てくるソフト麺を
うす~~~いナポリタン味にしたような
印度森羅万象的摩訶不思議テイストじゃった。
世界にはまだまだ面白い麺類がたくさんあるの~~~~!!!

DSC100323-29.jpg

メニュー名「チキンの天ぷら」
印度にも讃岐うどんにも共通する「とり天」があった。


DSC100323-2.jpg

ジェイコブは
全長150cm重量40kgはあろうかと思われる
電子ピアノを高速バスに積んで帰って来て
わしらに自作の曲と歌を聞かせてくれた。
ええ曲やった~~~~~!!!

DSC100323-1.jpg

ジェイコブがごちそうしてくれた
汁気をおさえた手作り「春の菜の花リゾット」
硬めの炊き上がりで、めっちゃ旨かったよ~~~~!!!

DSC100323-3.jpg

わしはお返しにジェイコブが食べたがっていた
話題の手作り「ひもかわうどん」
これはイマイチやったな。味気のないワンタンみたいな感じ。
煮込んで味をしみ込ませないと、かなり水っぽい。
研究が必要だな。
















↓ザ 2010 インド&ロープスキンヌードル プリーズワンポチ クリックヒア サンキュ

DSC100323-14.jpg

連休最終日、
遅ればせながらの、初の大山牧場「うしおじさん」
方向音痴緑あひるナビにまかせ、何度かトライしたけど
まったくたどりつけんかった。
今回偶然に遭遇。
いままで行っていた所とはまったく違う場所。
うどん屋で言うと「いこい」と「まはろ」ぐらい違っとるが。
緑あひるナビはまったくアテにならん!!!


DSC100323-17.jpg

なが~~~~~い、ウインナーロール。
これ大のお気に入り!!!
480円と少し高めだけど、無添加安全食品だから納得。
ウインナー自体も自家製なんかな?
スパイシーさとパンチ感には欠けるけど、
ナチュラルなジューシーさでとても美味しい。


DSC100323-18.jpg

シュークリーム120円。
カリッとサクッとした表面に
トロリンとした、しつこくない甘さのクリームが絡んで
美味しい!!!
食べ終わった後もくどくなく
天然系で爽やか感の残る味わいやね~~~~~~。


DSC100323-16.jpg
DSC100323-15.jpg

他にも食べたいパンやケーキ、乳製品がいっぱいあった~~~~。







DSC0807919.jpg
DSC0807913.jpg
DSC0807912.jpg

アップし忘れてた坂出の「ごぱん」
オシャレな店内。
ここのパンも美味しかったな~~~~~~~。


















↓ザ 2010 モーモーアンクル プリーズワンポチ クリックヒア サンキュ

DSC100323-11.jpg

以前から、めっちゃ気になっていた
三木町・香川大農学部横の
まめぱんさん家御用達の「東東亭」。
ジェームス帝国データバンクのマーケティング調査の結果では
学生さんが多い町の中華屋さんって
量が多くて、安くて、美味しくて、ハズレの店が少ない。
期待に胸をDカップまで膨らませ~~~~~~
いさ!!!トツゲキ~~~~!!!


DSC100323-9.jpg
DSC100323-8.jpg
DSC100323-7.jpg

しょうゆラーメン350円。
ラーメンというよりは、食堂系中華そばに分類できそうな
懐かし系の優しい甘味と旨味が、けっこうたっぷりなお味~~~~~。
ハムと海苔がええ味だしとるが~~~~!!!
麺もスープも、ほのぼの美味しい~~~~~!!!


DSC100323-10.jpg

餃子はなんと!!!250円。


DSC100323-5.jpg
DSC100323-6.jpg

中華丼・小480円。
小やけど、へたしたら他店の普通盛り以上。
肉もごろんごろん入って、
大将の学生さんへの優しさと心意気を感じる。
甘味のきいたアンがとろりんと、ご飯と具材を包み
熱々うまうま~~~~~~!!!
洗練されて中華とはひと味違う、
学生の町の庶民的正統派中華味満載の一品。
その昔、水道橋の学生街で食べた懐かしい中華の味や!!!
優しい大将なんやろうな、懐かしくて懐かしくて
なんか幸せな味がした。

この店の人気メニューは、なんといっても天津丼。
客の七割がこれを注文していた。
次点で焼きめし。これも旨そうやった~~~~。
隣の人がたのんだ天津丼・大を見たけど、デカイ!!!の一言。
噂では特大もあるとか!!!


DSC100323-4.jpg

シンプルなメニュー構成の中に
学生ニーズを反映してか、チキンライスまであって、
これも気になる~~~~~!!!


DSC100323-12.jpg

「東東亭入居者募集中」
東東亭に入居?わしここで暮らしたい~~~~~。
(多分、棟続きのアパートが学生さん向けの熊野荘)




















↓ ザ 2010 スチューデントタウンヌードル プリーズワンポチクリックヒア サンキュー

DSC100320-50.jpg

10・・・・9・・・・8
国際空腹救助隊サンダー・バード8
鳥八へ緊急出動!!!


DSC100320-51.jpg

まずは脳内に溢れかえるアルコール中毒ドーパミンから
グリーンダック隊員、ジェイコブ隊員、ジェームス隊長を救出せよ~~~~!!!
うい~~~~~うんめえ~~~~!!!


DSC100320-53.jpg

低カロリー・低脂質・鉄分豊富な砂肝で
メタボ&貧血ぎみのジェームス隊長の腹部内蔵脂肪の侵略から救出せよ~~~~~!!!


DSC100320-54.jpg

医食同源。東洋の神秘・中国レスキューテクニックで
アル中ジェームス隊長の脂肪肝・沈黙の攻撃から救出せよ~~~~~!!!


DSC100320-55.jpg

栄養完全食の玉子で
うどん偏食炭水化物過多のジェームス隊長を、栄養失調から救出せよ~~~~~!!!



DSC100320-57.jpg
DSC100320-56.jpg

うい~~~~~~~!!!
呑んだ呑んだ。喰った喰った~~~~~。
満足。満足。
ふ~~~~なんだか、とっても救われたような気分じゃ~~~~~!!!
うまかった~~~~~~~~!!!




けどわし昨日から体調崩しとる。
効果はなかったんかの~~~~~~~。
















↓ ザ 2010 レスキューフード プリーズワンポチクリックヒア サンキュー



DSC100321-8.jpg

北の国では、まだまだ吹雪いていたり、
風の中には冬の香りがまだ少しだけ残っていたり、

DSC100321-9.jpg

それでも、水辺の輝きの中に
春のあたたかな煌めきを感じたり、

DSC100321-10.jpg

名も知らぬ花たちが一斉に咲きほころび、
世界を春の息吹きで描きだしている。

DSC100321-6.jpg

綾川のうどん店「はゆか」前の小麦畑にも春が。
勢い良く育ち始めた小麦の緑は美しい。


DSC100321-5.jpg
DSC100321-3.jpg
DSC100321-4.jpg

近くにある「焼豚P」との地産地消コラボメニュー
「焼豚ぶっかけうどん」480円。
比較的柔らかな甘辛風味の焼豚が数切れ。
くど過ぎず淡白なうどんにそっと寄り添いながら
個性を主張する感じの仕上がりですね。
美味しい。
ジェイコブもお気に入りの一杯でした!!!


DSC100321-2.jpg
DSC100321-1.jpg

ここのお出汁は、まったく角を感じない
スペシャルマイルド仕立て。
果てしなく柔らかで、ふっくらと丸みをおびた味わい。
季節に例えると春ですね。
美味しい。
麺は程よい感じの乱れ麺。
(オープン当初はストレート麺だった記憶があるけど)
このまろやか出汁と少々暴れる麺のコントラストミックスが
いい感じの個性を醸し出しているな~~~~。





















↓ ザ 2010 スプリングヌードル プリーズワンポチクリックヒア サンキュー

DSC100320-19.jpg

3/8オープン。
話題性の多さから開店前からいきなり、期待の新星に。
店名も日本刀の名称をイメージして命名した
讃州都守鐘勝(さんしゅうみやこのかみかねかつ)
讃岐の都を守る鐘と勝気。強そうじゃ~~~~。かっこええ!!!
がっちりとした男らしい大将も
ちょんまげ付けたら讃岐藩士・観音寺重兵衛忠正
質実剛健の武士って感じで、とってもマンダムワールド!!!
こんな大将の打つ切る麺。
麺の守銭奴と呼ばれた土州銭守金貸(どしゅうぜにがみかねかす)が
迎えうつぜよ~~~~!!!
世の中、うどんで銭ずら~~~~!!!


DSC100320-24.jpg
DSC100320-25.jpg

まずは一番勝負。冷醤油で一杯。
男の真剣勝負ぜよ!!!
かかってきいや~~~!!!
ふふふふふ、わしに恐れをなしたがかよ。
開店前の極平太麺から角麺になって
開店当初より、若干細目になっちゅう。
わっはははは~~~~、わしの強さに縮こまったがかえ。

むむむむむむ~~~~~。
たまあ、めっそがいな!!!
おんし、なかなかやるねや!!!
重い一太刀じゃ!!!鍛え抜いた鋼のようじゃ!!!
これでやられたら、づっしり骨と肉にくい込むがちや。
おおの、危ない!!!
わしとしたことが、まっこと油断しちょったぜよ!!!

これならどうぜお~~~~。
千葉道場免許皆伝・奥義前歯断裁奥歯噛良差恋鳴子舞。
名刀・酔鯨鰹叩泥目闘犬尾長鶏の一太刀じゃ。
ぬおおおおお~~~~~~~。
わしの歯をはね除けよった。歯が立たん!!!
噂に違わぬ男の硬直鉄筋筋肉剛麺じゃ。
おんしの強さ、筋金いりじゃの。
流石、同藩士・宅間道久殿の一派の麺剣じゃ。
まっこと、恐れ入ったちや。

おんしゃ、男の中の男麺ぜよ!!!


DSC100320-23.jpg
DSC100320-20.jpg
DSC100320-21.jpg

二番勝負。温かけ。
こっちゃも、なかなか無骨な男麺ぜよ。
湯上がりの武士がふんどしをキリリと絞め、
大石の上で正座した姿を思い浮かべるちや。
かと言って、表面は湯上がりの男の柔肌を感じて
ちょっと覗かす男の優しさがセクシーじゃ!!!
たいちゃ、やられたにゃあ。
男の美学。日本男児麺。ここにありじゃ~~~~~!!!
こりゃあ、日本剛麺時代の夜明けは近いぜよ!!!




最近、日曜の大河ドラマ「龍馬伝」を見たあと一時間は
自然と土佐弁になっちゅう。
しかも妙に語尾が長い、福山雅治風の土佐弁。



いや~~~~
こりゃなかなかの侍剛麺じゃね。
インパクトあったな~~~。
エッジの角度を15度ぐらいにしたら葱がスパスパ切れそうじゃ。
お店のコンセプトは「昭和」
かけ出汁は、鰹系をまったく使わないシンプルイリコ系出汁。
旨味の補填に味醂を多めにした甘口系。
これを一刀両断。イリコと昆布と塩と醤油だけで出汁をとる
塩味をきかせたイリコ系出汁に変えると
研ぎすまされた麺の印象を、かなりシャープに浮き上がらせる
ええ感じの西讃懐古的うどんに仕上がりそうじゃ。
これからの展開、目を離せない一店です。















↓ ザ 2010 ニューフェイスサムライハードヌードル プリーズワンポチクリックヒア サンキュー

| main | next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。