上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DSC100530-15.jpg

今、うどん店リストに登録するかどうかの是非が
波紋を投げかけている、扇町の「松川屋」

なんでもかんでも

昨年、tooon!!さんの同僚が発見したお店。
それからというもの、何度となく通ううどんブロガーも多い。
その味の高さは、なかなか凄いらしい!!!


DSC100530-12.jpg

車1台がやっと通れる道幅。しかも車は通り抜けできない極狭路地。
こんなところに飲食店があること自体凄いというような場所。
元々はこの近くで、もっと大きな店舗で営業していたようです。
パーマ屋さんに貸していた今の店舗に移ってからも、相当年月がたっている様子。


DSC100530-14.jpg
DSC100530-13.jpg

おかもちがたくさんある店内。約十数個?
繁盛していた頃は、これでも足りないほど注文があったとか。
今もこれを使って、ご近所に出前をしているらしい。
この歴史を感じる古いおかもちを町で見かけて、
大将の後をおっかけてきて、お店の所在を知って
それ以来通っている女性ファンもいるそうです。
そうだよね。こんな歴史ある美味しそうなおかもち見たら
その店は、町で確かな実力と人気があるお店って分かるよね。
その女性も凄い!しかもよっぽどの麺マニアなんやね。


DSC100530-7.jpg

先代から言うと、もう100年近くゆうたかな?
女将が嫁いできて54年ゆうたかな?
とにかく長~~~い歴史のあるお店です。
(写真撮りながら聞いていたので、記憶が曖昧)


DSC100530-6.jpg
DSC100530-5.jpg

飴色に輝く出汁。
これはかなり味醂が入った甘めの出汁だな。っと第一印象。
甘いのは甘いが、予想に反してキレのよいスッキリした甘味と味わい。
ほほーーーーう。純粋讃岐系じゃないけど、なっかなか旨い!

ええ出汁やねーーーーと言うと、女将さん曰く、

「うちは鰹を使わんけんの、イリコだけでとりよるん」

なるほど!!!鰹系のまったりとした甘味がないから
これだけ飴色のテカリがあっても、
ベタつかないシャープな甘さに収まっているのか。

麺は不揃いのやや細打ち。中浦製麺所の硬さとはまったく違うな。
すっきりとシャープな仕上がり。
11;00頃の入店やったけど、まだまだしっかりとした腰が残っている。
芯には茹でたて直後の熱さえ残っているような歯応え。

「麺は県庁近くの○製麺のん?」

ちょっと間をおいて

「そうじゃーーーーずっとそこのを使いよる」

どうやら自家製手打ち麺ではない。しかし出汁は手作り。
長い歴史。うどん中心のメニュー構成。
新規オープンではないにしろ、既存新発見店としてはかなりポイントが高い!!!


DSC100530-11.jpg
DSC100530-9.jpg
DSC100530-10.jpg

もっと、驚いたのがこっちの中華そば。
綺麗に澄んだスープ。
女将が運んできたのを見たとたん

「うわーーーー、めっちゃ綺麗やん。凄い透明度!!!」

と興奮してしまったぐらい驚いた。

「うちはそっちも鰹を使わんけんの。
鰹使うとスープがにごるけん。
先代からのやりかたと教えを、主人が忠実に守って
豚足と鶏ガラとイリコでとりよるんじゃ」

女将が言った。

一口スープをすすって
「うわああああーーーーうめえーーーー
はああああーーーー」

驚きの後に至福の溜息。
これは平成の奇跡かいなと思いました!!!
うわああ、こんなにもわしのツボにはまるスープが
高松市内の路地裏にひっそりとあったとは!!!
麺の硬さも細さも、好き好き好き~~~!!!
こんな女性に街で出逢ったら、いきなり結婚を申し出るぐらい
好き好き好きーーーー!!!
焼豚が脂の甘味たっぷりなら、言う事なしなんじゃけど
そんなクールな一面も、ス・テ・キ!!!
あまりの旨さにぺろりと完食!!!

「三宅ラーメン」と同じぐらい
後引き効果・依存症状のでる中華そばじゃ!!!


DSC100530-8.jpg

あああ、そうじゃ!!!
本日の本題忘れちょったーーーー!!!
SNC(Sanukiudon Newshopentry Council:讃岐饂飩新店登録審議会)のミッション。
「松川屋」はうどん店かいなか?

ちょっと女将に前振りで聞いてみた。

「うどんと中華そば、どっちがようけでるん?」

「うちはうどん屋じゃけんのーーーー・・・・」

おおおお!!!いきなりのうどん屋宣言!!!
うどん屋としてのプライドがづっしり!!
しかし・・・の後の言葉はないまま。
ちょうどその時、お客さんがきたんでそれ以上は聞けんかった。
でも昼時、三回程、大将が出前した内容は、圧倒的にうどんが多かったですね。
毎日がこうした営みなんでしょうね。
下町の路地裏に、長い間根付くうどん風景。
味のクオリティも高いし、これはもうリストアップ決定かいな!!!

おっさんさん、制覇前の「愛のムチ」やと思ってくださいねーーーー。
うどん狙いなら10:40の開店直後がベストです。
お腹にキツイかもしれんけど中華そばも食べてねーーーー(これも愛のムチ)




DSC100530-16.jpg

おっさんさん。
「やま家」
近くのコンビニ店員さんに聞いたら
平日はやってますって言ってました。
店員さん、うどん通には見えんかったんで、
当てにはならんかもしれんけどね。






















↓ザ 2010 オールドニューフェイスヌードル プリーズワンポチクリックヒア サンキュ


スポンサーサイト
DSC100528-6.jpg

金曜日は岡山まで日帰り出張。
12:30分のフェリーで行こうと思っていたら、
トラック野郎がやたら多くて、もう乗れませんと乗船拒否されたーーーー。
一本早い12:05分の便なら乗れると言われたが、
やべーーーーもうあんまり時間がないやんっ!!!超ヤバ!!!


DSC100528-7.jpg

そんな時は、
瀬戸内地球防衛軍の古代進くんにホットメールしよう!!!

「森雪ちゃんとのスキャンダルを
遊星爆弾新聞に暴露されたくなかったら
わしを即刻、岡山まで連れていけ」

「じぇーーーーむす先輩、いやだなーーーー
悪い冗談はよしてくださいよーーーー
雪ちゃんとは、まだ手をつないだこともないんすっよーーーー
今すぐ船だしますからミケイラ前にきてください
そこんとこ、くれぐれもよろしくっす」


チャンチャンチャンチャララ チャッチャチャーーーーン!!!
ヤマト発進ーーーー!!!


DSC100528-8.jpg

おおおおーーーー!!!
艦内に入ると、波動エンジンの燃料が無造作に積まれている。

DSC100528-9.jpg

おおおおーーーー!!!
これが、イスカンダル星までの往復航海を
1年足らずで成し遂げ、放射能除去装置・コスモクリーナーDを運びきったという
高性能波動エンジンかっ!!!
噂には聞いていたが、無駄のないシンプルな設計だ。
時給620円のパートのおばちゃん機関士一人でも操作できる超簡単設計だ!!!
今はやりの中央オープンキッチン・コントロールシステムやな!!!


DSC100528-31.jpg

一息ついたわしに、
時給620円のパートのおばちゃん機関士が
3Dホログラフィーの航海図を差し出してくれた。

DSC100528-11.jpg

おおおおーーーー!!!
無数に散らばる小惑星群に、
渦巻くマゼラン星雲!!!輝くアンドロメダ大星雲が重なり合う!!!
ゆったりと流れる宇宙風の中に、緑色に輝く超新星の誕生が!!!
今回は最も危険な直島ワープ航路か!!!

DSC100528-10.jpg

広大な宇宙絵図が、わしの前に広がった!!!
わし昼飯食ってなかったんで、いい匂いのする航海図を
ものの90秒で美味しく頂いちゃいましたーーーー!

スターシャ、ごめん!!!
イスカンダルにはもう、イスカンダルーーーー!!!
(シャレになってないけど、なんとなく意味を理解してね)


DSC100528-13.jpg

ワープ地点到着直後、
直島近海の島影に、怪しい船体発見!!!
でたな!!!ガミラス軍団!!!
でたなーーーー!!!デスラー総統!!!

沖田艦長、攻撃命令を!!!
古代、波動砲発射準備!!!
雪ちゃん~~~愛してるよ~~~~~~!!!

エネルギー充填120%
ぶっかけ波動砲ーーーー発射ーーーー!!!


ずっずずうずずーーーー
づごごごごごーーーーーーーー!!!

うおおおおおーーーー
間違えて直島が吹っ飛んでしもた!!!
ああああーーーー
まだ未食の「山本製麺所」がーーーー!!!


その直線上にある小豆島の「いっこう」までもがーーーー!!!









あっ、しもた!!!
この日は、おっさんさんが
直島上陸しとったんでは・・・・・!!!










↓ザ 2010 イレイザー サヌキヌードルショップ プリーズワンポチクリックヒア サンキュ

DSC100508-25.jpg

「日の出」の前を通ると
おおお!!!
めっちゃ行列が少ない!!!
チャーーーーンス!!!
いつもは、すんごい行列に尻込みして
なかなか入れない、讃岐うどんの名店中の名店「日の出製麺所」
最後に食べたのは、たまさん・グズラさんと一緒にうどん巡礼した時やったな。
もうかれこれ、3年ぐらい前になる。


DSC100508-32.jpg

ひっさしぶりぶりーーーー!!!
めちゃくちゃ、わっくわっくするーーーー!!!
うどん初心者の頃にかえったみたいや。
旨いけんな~~~。「日の出」のうどんはっ!!!
スーパーで袋うどん買うときも、「日の出」ブランド指名買い。
鍋には「日の出」袋うどん!!!


DSC100508-31.jpg

狭い店内で知らぬ者同士が、肩を寄せ合って食べる。
この、ごったがえし感が、実にええねーーーー。
これがこの店の良さのひとつ!!!
一瞬、りょ、龍馬さんも食べに来ちゅうかと思うたちやーーーー!!!


DSC100508-29.jpg
DSC100508-27.jpg
DSC100508-28.jpg

めっちゃ綺麗な盛付けやねーーーー。
何度見ても惚れ惚れしてしまう。
ツルツルの食感健在!!!
ここは「冷たいん」が、やっぱええねーーーー。
うどん本来の持つ、旨さがよく分かる。
ぶっかけ出汁も、薄めの柔らかい味わいだから
麺の旨さが引き立つね。


DSC100508-26.jpg

切ったネギも置いてあるけど
衛生面を考えてできた、名物「ラップ巻きネギ」をキッチンバサミで
自分でチョッキンチョッキンのほうが楽しいよねーーーー。
テーブルの上にある、トッピングの温泉玉子や
タッパに入った天ぷら類も、「日の出製麺所」ならではの怪しい風景です。

この日は、名物美人女将に代わって、
木村カエラをほっそりさせた感じの美人の娘さん?が
屋外で待つお客さんの、注文取りをしてましたよーーーー。
















↓ザ 2010 フェイマス サヌキヌードルショップ プリーズワンポチクリックヒア サンキュ

DSC100417-9.jpg
DSC100417-10.jpg


ふたたび
どんどんどん、どどんがぎょーーーー
どんどんどん、どどんがぎょうぎょうーーーー
どんぎょう音頭で、どどんがぎょーーーー

サービス券3枚たまったら、ラーメン一杯無料。
うれしいサービスやね。
わしも緑あひるも仕事でヘトヘトの日の夕食は
ここに来るのが定番化してきとる。

DSC100417-11.jpg

もう一品は
酢豚と唐揚げの定食630円。
ラーメン無料やったけん、二人で630円。
やっす~~~~!!!
疲れた庶民の味方やーーーー!!!


DSC100417-14.jpg

この日はちょっと食べ足りんかったけん
自宅に帰って「イタドリの炒め物」で焼酎ガブガブ。
うっめーーーー!!!


DSC100417-13.jpg

前の日に緑あひるが
宅間でとってきたあさり。
大粒のがいっぱい。翌日、ボンゴレで食べたけど
身がプリプリで、めっちゃうまやった。
取った場所は秘密ーーーー!!!









DSC100509-12.jpg
DSC100509-18.jpg
DSC100509-21.jpg

飩餃みたび!!!
どんどんどん、どどんがぎょーーーー
どんどんどん、どどんがぎょうぎょうーーーー
どんぎょう音頭で、どどんがぎょーーーー

飩餃に集まる家族は、みんな幸せそうじゃね。
みんなツルツルにこにこしてるねーーーー。


DSC100509-17.jpg
DSC100509-22.jpg

焼き飯、塩っぱくて美味しいーーーー!!!

DSC100509-14.jpg
DSC100509-15.jpg

スープも塩っぱくって、美味しいーーーー!!!
この二つの旨さが融合しあえば!!!
あーーーー、さすがのわしでも、かなり塩っぱい!!!
やっぱスープ飯は白飯のほうが合うねーーーー。


DSC100509-10.jpg
DSC100509-19.jpg

ニラ肉炒め。504円。
めっちゃシャキシャキのもやし。
歯応え最高。めちゃめちゃベストな炒め加減。



DSC100509-9.jpg

はあああーーーー満足満足ーーーー!!!

それでは
さあみなさん、ご一緒に
どんどんどん、どどんがぎょーーーー
あっほれっ
どんどんどん、どどんがぎょうぎょうーーーー
どんぎょう音頭で、どどんがぎょーーーー


















↓ザ 2010 ドンドンチャインーズヌードル プリーズワンポチクリックヒア サンキュ

DSC100508-24.jpg

そろそろ、小麦の収穫期だねーーーー。
写真撮り忘れたけど、
「がもう」まえの小麦畑はもう、黄金色に輝いてました。
増設された駐車場がない頃には、
その黄金色が目の前まで迫ってきて、抜群のロケーション。
この季節の風景は、圧巻だったなーーーー!!!

圧巻・・・・
ダース・・・・・

あああああ~~~~~~~わしの体の中で・・・
奴がまた、蠢き始めてたあああーーーーーーーー



DSC100508-14.jpg

ひっさしぶりの「がもう」
ここも土日は県外からのお客さんがいっぱいで
なかなか立ち入ることのできない
讃岐うどんの名店聖地。


DSC100508-15.jpg

長閑だねーーーー。
初めてここを訪れた時の感動を思い出す。
平日だったので、閑散とした薄暗い店内でうどんを食べた。
ご近所の常連さんばかりで
見た事もない、うどんを囲んだほのぼのした日常の風景。
香川の、一番香川らしい光景が頭の中に刻まれた。


DSC100508-16.jpg

この日、古大将は駐車場の方をうろうろしてて
若大将がもむすさんが、釜茹で・玉取りしてました。
わし、初めて見る光景。
凛々しい若いうどん職人の後ろ姿に
未来の「がもう」が見えるね。


DSC100508-18.jpg

うどんを撮影してたら・・・

DSC100508-19.jpg

おおおおーーーーソニーサイババショット!!!
またやってしもうた!!!


DSC100508-20.jpg
DSC100508-21.jpg

なかなか来れない名店なので
場所をかえてもうワンショット。

やっとうどんをずずずずず~~~。
うまいねーーーー!!!出汁最高ーーーー!!!
もう言う事なし!!!!
もう、讃岐の伝統の味って言ってもいいんじゃないかなーーーー。
あまりの来客数の多さに、品質がブレる名店も多い中、
まったくブレを感じさせない品質の高さ。
県外のお客さんにも、自信をもって案内できる名店やね。


DSC100508-23.jpg
DSC100508-22.jpg

ご家族で、釜ひとつで
変わらぬ品質を守る「がもう」
ほんとうにほんとうに、「ありがとうございます」って
心から言いたくなる一杯でした。
これからも末永く、伝統の讃岐うどんの味を守ってくださいねーーーー。


がもう 過去記事



DSC100508-17.jpg

あらあら、店内の色紙コーナーに青いんさん。
さすがスタアやねーーーー!!!
全店制覇の「覇」の字が分からんかったんやねーーーー!!!

この顔を見ると、わしの中の奴が暴れ出す!!!
サヌキン・ウドンクオウカァ~~~こと
ダース・アッカンベェ~~~ダ~~出現じゃーーーー!!!

「わしは覇が書けるでえーーーー(ズゴーーーー:呼吸音)
わしには歯がたたんやろーーーー(ズゴーーーー)
あっかんべーーーーだっ(ズゴズゴズゴゴゴゴーーーー)」























↓ザ 2010 サヌキトラディショナルヌードル プリーズワンポチクリックヒア サンキュ

DSC100424-30.jpg

どんどんどん、どどんがぎょーーーー
どんどんどん、どどんがぎょうぎょうーーーー
どんぎょう音頭で、どどんがぎょーーーー

最近、我が家周辺でブレイク中の「飩餃」
この間の「うどラジ」で田尾団長も話題に取り上げてたよね。
「店名のどっちかの漢字が鮫に見えるんじゃ~~~」言ってました。
団長の目には「鮫餃」「飩鮫」に見えるんやね。
これからは、「どんざめ」食いに行こうーーーーっていう
うどん偏愛者が増えそうじゃねえ。


DSC100424-33.jpg
DSC100424-35.jpg
DSC100424-34.jpg

天津麺・激辛バージョン。
辛さはそれほどでもなかったけど、
ふんわり玉子と
辛味がアクセントになって旨いーーーー!!!
緑あひる、大絶賛!!!
このレベルで472円はめちゃ安い!!!


DSC100424-37.jpg

もうひとつのオーダーは
ムースーロー(白菜と玉子メインの炒め物)&
唐揚げの定食。630円。やっすーーーー!!!

ムースーロー


DSC100424-38.jpg

カリカリに揚がった唐揚げ。
肉の旨味は控え目だけど、このカリカリ食感、サイコーーーー!!!
食感だけでも、白飯三杯は食えそう!!!

DSC100424-36.jpg

味付けが濃いから、ご飯がすすむすすむーーーー!!!


DSC100424-40.jpg
DSC100424-39.jpg

食欲に火がつき、追加オーダー。
ホイコーロ。472円。
油たっぷりだけど、うまうまーーーー!!!

帰りの車は、いつもいつも
お腹はちきれそうで苦しいーーーー!!!
油も後から攻めてきて
食べ終えて10分後には、お腹がズシンと重くなる!!!






















↓ザ 2010 ドンドンヌードル プリーズワンポチクリックヒア サンキュ

DSC100508-1.jpg

4/28日、連休前にオープンした「根っこ・志度店」
ちょうど、この日は志度におって、会社が終わっていったけど
到着すると暖簾を片付けている最中じゃった。残念!!!
連休谷間の金曜日・昼飯タイムに、再びチャレンジ~~~。

DSC100508-4.jpg
DSC100508-3.jpg

ほんわか、やわらかしっとり麺。
7~8年程前に、
一番最初に食べた「根っこ@木太町」の活麺からいうと
かなりチェーンセルフの麺質になってきたね。

三谷店に続き、ここのところ「根っこ」は
大型キャパの郊外店の領域に進出してきているね~~~。
次は大型工場跡地に「キリンの首根っこ」って
超巨大なお店ださんやろうか。


巨大キリン


DSC100508-2.jpg

「根っこ」に来るとどうしてか取ってしまう
梅しそチキンカツ。
110円でこのデカさやから、お得だもんね~~~!!!
だからついつい。

梅しそチキンカツは1枚がちょうどいいよね~~~~。
2枚だと太るよね~~~~~。
3枚だと、もっとぶくぶっくに太るよね~~~~。
1枚でも太りそうだけど、1枚だとどうにかカロリー消費できそうだけど
3枚分のカロリー消費は厳しいよね~~~。
お腹にたまってゆく脂肪が、悲しいよね~~~~~。

たぁさん、3枚食いにチャレンジしてみて~~~。
ナイフとフォーク持参でね。


DSC100508-5.jpg



つづいて新店2店目。




DSC100417-23.jpg

琴平の「こんぴらや」で修行された大将が
奥さんの地元・徳島の池田町で開業された「井川屋」
池田町でも産直に茹で麺卸しや、コンビニ跡地への移転、
土日限定営業の讃岐うどん店チックなお店の開業など
次から次にビジネスの拡大化を図ってました。

そしてついに!!!
本場香川への進出。イオン香西に4/6グランドオープン。


井川屋過去記事



DSC100417-22.jpg
DSC100417-21.jpg

う~~~ん。
イオン内のレストラン街という立地から、かけは390円と高額。
丼物とのセットメニューも展開しているが、
同じ施設の3Fには安価なセルフうどん「亀坂製麺」もある。
徹底的な差別化と個性を追求しないと
かなり厳しいんじゃないかな。



DSC100417-20.jpg

井川屋本来の、
原点の良さをもっと全面に出して
勝負して欲しいな~~~~。



















↓ザ 2010 ニューフェイスヌードル プリーズワンポチクリックヒア サンキュ

なにげな~~く
ネットでうどん屋の新店はないかな~~~っと
調べていたら・・・

讃岐十八番


おおお~~~聞き覚えのない店名がっ!!!
しかし、地図を開くと、うう~~~ん・・・・・
示すポイントの近くには、確か、閉店したうどん店が!!!
でも、ポインターはそこから少し奥まった所を示しているし、
でもでも、そこらへんには建物はなかったはずでは・・・・・・
まさか、店舗を新築して営業を再開しているではっ!!!
微かな期待。
ちょっくら、調べに行ってみるかああ~~~。


DSC100522-2.jpg

ちょっと迷って到着すると、ポインターが示す地点は畑やった。
ひょっとして、製麺業のみの営業かもしれないと近隣を散策したが、
近くの納屋には角釜があったけど、風雨にさらされ、まったく使っていない様子。

DSC100522-1.jpg

あああ~~~~残念!!!
新店やったら、おっさんさんへの全店制覇記念のプレゼントになってたのにな~~~。

上から目線の、超怪しいブタさん?のマスコットが
「ふん、あっかんべえ~~~~だ」って言ってるように見えた。




DSC100522-7.jpg
DSC100522-5.jpg
DSC100522-6.jpg

がっくりして腹がへったので近くの「矢坪」へ。
「冷かけありますか~~~」って聞くと
「冷かけはないんですけど、そのままだったらできます~~」と女将さん。
「じゃそれで」

届いたうどんは、限りなく冷かけに近いぬるさ。
これはもう、冷かけと呼んでもいいのでは?

次に入ってきたお客さんが
「冷かけできるん」と聞くと
「できますよ」と大将。

どうやら、夫婦で冷かけ出汁の温度解釈の見解相違があるようです。


矢坪 過去記事

麺が細くなって、硬茹でになっていた。
シコシコっとした腰が夏向きやね。
お出汁は、独特のイリコむんむんプンプン系。
味も濃くなったかな。


DSC100522-3.jpg

長年おでん研究を続けた結論。
肉スジおでんの美味しい店は、間違いなく
他の具材も旨い!!!


DSC100522-4.jpg

なんか怪しい、うどんリースがあったぞ~~~~!!!


DSC100522-8.jpg







DSC100522-10.jpg
DSC100522-14.jpg

食べたりなかったので、もう一店。
「川部うどん」でざる。
おおお~~~~~オープンカフェのような
オサレなオープンウドンじゃ~~~~~~~~!!!



















↓ザ 2010 ミラージュニューフェイスヌードル プリーズワンポチクリックヒア サンキュ

DSC100520-2.jpg

昼前、急に志度に行く用事ができて~~~
そんでもって昼飯抜きで仕事仕事仕事仕事~~~~。
ああああ~~~~ん、腹減った!!!

5/18日オープンの「おくちゃん」へ向かったのは
もう14:00近い時間。

5/18日といえば!!!

さいとう食堂の悲劇

あれから1年たったんや~~~
な~~~~んかやな予感。もしかして・・・・。

もうやってないかと思ったが、パトランプが元気よく回っていた。
よかった~~~~~!!!
しかも、麺を茹で始めたばかりだ!!!
スッゲ~~~~~~ラッキ~~~~!!!



DSC100520-4.jpg
DSC100520-5.jpg
DSC100520-1.jpg

おおおお~~~~~!!!
「かまかけ」きった~~~~!!!
見るからにツヤツヤスベスベ。シルクのような輝き!!!
食べてみても、見た目通りの食感。
めっちゃスベスベやん。高知の閉店した「岡崎」よりも
丸亀の「中村」よりも平滑度は上かもしれん。
こりゃ凄い!!!
悪い意味でなく、タピオカが入っているようなスベスベ感。
まるで凍結したアラスカの坂道を、滑り落ちるような食感が喉に広がるじゃん!!!
すげ~~~~!!!こりゃ冷やし系うどんたまらんな~~~!!!

しかしながら、スベ~~~っとした食感に相反して
このもっちりとした食感。
さぬきの夢2000を配合しているなっ!!!
そして主体は上品系旨味の白系うどん粉やなっ!!!
この風味、どこかで食べたことがある!!!


お代を払って店員さんに

「夢2000を配合しているんですか」って聞くと

(中略)

大将が

「ええ、○○%配合してます。
残りは小麦の核に・・・・・・・・・」

「あああ~~~~やっぱ、讃岐プレ○アムですかあああ~~~~」

「よくご存知で!!!よく分かりましたねっ」

(ここまではノンフィクション、ここからはハックション いや フィクション)


「ほほほほほ~~~~~~~~、
わしはSTC(Sanukiudon Tasting Council 讃岐うどん味見審議会)の
メンバーじゃけの~~~
これぐらいはと~~~ぜん、と~~ぜん
ほほほほほほほ~~~~~~~~~~~~~~~~」

(ほっ!!!合ってってよかったあああ~~~~!!!)


讃岐プ○ミアム


実は、丸亀の「2.4耐うどん打ち会」で
tooon!!!さんが持ち込んだ、貴重な「讃岐プレ○ミアム」を
10本ばかり、かっぱらって、
自宅で茹でて食べた時の記憶が残っていたんだね~~~~~!!!

わしの「絶対麺感伝説」ここに再びやね~~~~!!!!



DSC100520-3.jpg

あまりの興奮に、「おくちゃん」の店舗写真撮り忘れた~~~~~!!!
じゃけん、閉店した「はったんじ・練場」~~~~~
なんやら動きが!!!
おっさんさん、完全全店制覇の前の新店ラッシュジンクスは
まだまだ、続くか~~~~~!!!

















↓ザ 2010 ニューフェイスヌードル プリーズワンポチクリックヒア サンキュ

DSC100516-2.jpg

頂いちゃいましたあ~~~~~。
和歌山ラーメンの珠玉の名店「井出商店」のお土産パック~~~~!!!
ありがと~~~~キャメロン~~~~!!!
さすがリーダーじゃ~~~~!!!


DSC100516-3.jpg
DSC100516-1.jpg

まずはスープをグビリッ!!!
うっま~~~~!!!
トンコツ醤油味の奥から、煮干し・鰹の魚介系が
美味しいモンスターのようにムクムクゴゴゴゴゴーっと
湧き出てくるような感じ!!!
スゲ~~~~~!!!
そして仕上げに、ピーナッツのような、大豆のような、味噌のような
豆系タンパク質の旨味が込み上げてくる!!!
うわああああ~~~~~旨さ三段ボンバーじゃ~~~~!!!
指定の水分量で作ったが、かんなり濃厚な味つけ!!!
味の構成は徳島ラーメンに似ているが、
似ていて非なるオリジナリティ!!!旨いが~~~~!!!

塩分も相当濃いので、
高血圧予防に半分スープを残したんやけど、
後を引いてちびちび飲んでいる間に第二食欲の導火線に火が付き、
白ご飯の上に残りのチャーシューと支那チクのせて
冷えたスープをおかずにむしゃむしゃしてしまった。
これが、またまたまたまた、うめえのなんのって~~~~。
この冷えてスープがポイントね。
無駄な脂は丼にくっついて、残った塩気と旨味が、ご飯に合うんじゃが~~~~!!!
はああああ~~~~~しゃ~~わせ~~~~じゃが~~~~。

じゃがじゃがゆうて、すまんの~~~~~!!!


DSC100516-4.jpg

麺は撮影時間を考えて1分茹で。
キッチンから2Fへの移動~撮影でプラス2分強、
それでも硬めの食感が残り、茹で上げ後の伸びも少ない。
これもまた旨い!!!
ありがと~~~~~キャメロ~~~ン!!!
めっちゃ、旨かったよ~~~!!!


DSC100516-6.jpg

今回使用した、南京町で買ったメンマ缶。
チャイナなお髭のイラストがおもしろ~~~いね。


DSC100516-7.jpg

和歌山ラーメン系は、高知でも香川でも
出店しているお店が少ないから、なかなか貴重な体験じゃった。
和歌山ラーメン二代派閥「井出系」「車庫前系」
次は「車庫前系」を食さねば!!!





















↓ザ 2010 ワカヤマヌードル プリーズワンポチクリックヒア サンキュ

| main | next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。