上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
緊急記事投稿。

20101023-8.jpg

「廃業」その言葉は、なぜか「閉店」よりも重い響きがある。
長年、家族を養ってきた生業(なりわい)としていた商売を廃するのだ。
この場所で営んできた思い出深い記憶が、店主の意志が、この言葉に表れているんだろな。


20101023-10.jpg

僕らもその思いを、店主と同じ重い思いで受け止めなければならない。


20101023-14.jpg

午前8時ちょい前に彦江製麺所着。
店舗前には、すでに先客二名。
りこさん&初めましてのつぶあんなさん!!!
二人とも愛媛・香川を代表するうどんブロガーさん。
さすがですっと思いきや
店内の席は満席。しかも北側の通路にもたくさんのお客さんが!!!
みんな彦江を愛しているんだね。

ちょっと遅れてre-nyaさん到着。
500m離れていても二の腕を見ればre-nyaさんと分かる!!!

その後一気に、圧倒的にお客さんの行列がふくれあがった。


店内の風景も見納めなのだろうか?
「彦江復活」、微かな期待。
いつの日にかその言葉を耳にしたい。
そんな思いで眺める厨房の風景。妙に目頭が熱くなってくる。
大将が釜に麺を投入した。
数分後に迎える「別れの一杯」
玉取りのばあちゃんが、紐に白いビニール袋に巻き付け
簡易エプロンを作り腰に取り付ける。
その上に業務用のエプロンを装着する。
間もなく始まるばあちゃんの水中玉ころがし玉取り。
ドラゴンボールのカメハメ波を操るがごとく
丸めた手の平の中で、うどん玉が手には接触してないように見えるほど
高速回転でぬめりを洗い流す職人技。
数分後にこの神技を見て「最後の一杯」を迎える。
胸が熱くなる。


さあうどんが茹で上がり、大きな渦が動き始めた。
僕らの思いはひとつ。
彦江のうどんを、濃く深く脳裏に刻む事。
十年経っても、三十年経ったも、その味を忘れないために集結したのだ!!!


20101023-6.jpg

いろいろな味をおかわりして楽しもうと思っていたが
できるだけ多くの人とこのイベントを共有したかったので
潔く最後の一杯は「ひやあつ」


20101023-9.jpg

美しく光る、彦江うどん。
う~~~~~~ん、この輝き美しい!!!
「生きる」うどんの輝きだ。


20101023-5.jpg
20101023-20.jpg
20101023-4.jpg

やや硬めの腰で、もっちりとしていてみずみずしい麺。
奥歯噛むと、ポンッと軽い反発の後に、グッと噛み返すような弾力。
活麺の長所をフルに取り込んだ麺質。
う~~~~ん、フレッシュかつ芸術的!!!旨味も十二分。
この完成度の高い麺に、
イリコのえぐみも取り入れた讃岐郷土色の強い出汁が
ザ・讃岐うどんの味わいを描きだす。

抽象的讃岐うどんではなく、
香川の生活に根付いた写実的讃岐うどんの世界が広がる。
そう、セルフうどん店にはない製麺所のリアル讃岐うどんなのだ!


20101023-3.jpg

残念です。本当に残念です。


20101023-2.jpg
20101023-1.jpg

「最後の一杯」を食べ終えて店を出る頃には長蛇の列。
駐車場に入りきれない車は路上待機。
こんなに愛されるお店の廃業。
僕らは、これをリアルに受けとめるしかありません。

最後に大将と女将さんに
「長い間ありがとうございました。ごちそうさまでした」と挨拶をすると
清々しそうで、寂しそうな瞳が
今も、わしの眼に焼き付いています。

ありがとう彦江製麺所。さよなら彦江製麺所。




彦江大ファンのaibopapaさんと目があったけど
別人のような悲壮な顔をしてました。



















スポンサーサイト
20101022-1.jpg
Photo by Chilka

立派な万長になろうと新居浜まで旅にでた、となりのChilkaさん。
立派な大人の箱買いに、黒猫のジジも大喜び!!!

20101022-2.jpg
Photo by Chilka

2010年10月10日、気さくなスーパー・木村チェーンで世紀の万長復活祭は催された。
奇跡の復活!!!この喜びにわしは興奮しまくり、
「キムラ・チェン~~~ありがとう~~~~~」っと
日本出身の香港カンフー映画のスーパースターを賞賛するかのように雄叫びをあげた!!!


20101022-3.jpg
Photo by Chilka

万長復活祭の模様。
となりのChilkaさん、これでやっと立派な魔女、いや、万長になれたね~~!!!


20101022-4.jpg

そんな箱買い万長。
となりのChilkaさんから、わしのところにも届いた!!!
もう感極まって極まって、
口からよだれ、目から涙、鼻から鼻水、
体中の穴という穴から液体が~~~~~~~!!!
ありがと~~~となりのChilkaさん!!!


さあ、新旧万長の食べ比べじゃ~~~~~~!!!


20101022-8.jpg
20101022-6.jpg

大事に大事に残しておいた賞味期限切れの旧万長。
水2合5勺を沸騰させて~~~~~。
三分間炊いて~~~~。
スープの袋の三方を切開して~~~~~~。
おおおお~~~~~~!!!
懐かしい味。三分で栄養満点じゃ~~~~!!!

丼の底に沈殿するかのような化調の味わいが
昭和の味の記憶を復活させてくれる。

スープ味わいはのお湯で薄めると分かりにくいけど
袋からそのまま舐め比べてみると歴然と分かるね~~~~~。
新万長は豚骨味とヘルシーさが際立つ。
旧万長は21世紀を夢見た昭和初期の化学への憧れの味わいがする~~~~~!!!
これが、この味が昭和人にはたまらんのよね!!!


20101022-7.jpg
20101022-5.jpg

沸騰したお湯450ccに麺をいれて~~~~~
2~3分間煮て~~~~~。
スープを開封して~~~~~~~。
三分間で美味~~~~~~。

新万長の麺は、もっちりしんなりとした感じ。
箸によく絡み付く。
みんなで寄り添っているような姿。

旧万長、あの特有のスッキリスベスベ感、健在!!!
箸には絡まず、自己を主張するかのようにピンッと張って凛々しい。
一本一本が自立した姿だ。
これがスベスベスッキリ喉越しの秘密なんだろな。

全体の印象としては
小さな違いはあるものの、旧万長のイメージを踏襲した仕上がり。
万長復活を望む新居浜市民の勇士達が、研究に研究を重ね完成した新万長。
よく頑張ったな~~~。涙ものです。

新居浜市民にここまで愛される、ご当地万長ラーメン。
こんなラーメンめったにないよね。
万長、フォーエバー!!!
わし、うれし~~~~~~~~~!!!





20101022-9.jpg

高松市内の饂飩有形重要文化財やった植田製麺所。
建て替え?進行中???
ちょっと、ほっとしました。
こちらの大復活も大希望!!!!!















20101012-1.jpg

となりのchilkaさんが日曜日
新居浜のお友達のところに行っていたようで
木村チェーンで行われた復活万長ラーメンの試食会にも参加したみたい!!!
お土産にもらった復活万長!!!早速10分程前に頂きました!!!
ありがと~~~~~!!!chilkaさ~~~~ん!!!


20101012-2.jpg

お味の方は・・・・・。
推理もの映画の犯人を入館前に教えるようなものだから
教えないよ~~~~~!!!
楽しみはとっておかないとね~~~~!!!

パッケージ写真↓ ど~~~しても気になる人はクリック拡大できますよ~~!!!

20101012-3.jpg
20101012-4.jpg







いやいやしかし!!!
今年は、香川の「宮武うどん」復活!!!
高知の「うどんの岡崎」復活!!!
そして新居浜の「万長ラーメン」復活!!!
大好きな大好きだった三県を代表する麺が奇跡の復活!!!
うれしいことしきり!!!
わしも、この復活ブームにのって
「笑うよだれ」も復活しようかな~~~~~!!!てかっ!!!
















本日夕刻、となりのchilkaさんに
メルマガの転送があった。

復活の詳細は不明だが
新居浜のスーパー「木村チェーン」田所支店で
限定300食の試食会が10/10日・11:00から催されるらしい!!!
お土産万長もあるみたいだよ~~~~!!!

わしも行きたいな~~~~!!!
全国の万長ラーメンファンよ!!!
新居浜集結~~~!!!





| main |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。