上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「やましたしました」で回文成立しなかったので、
近くの「みやい(うどん)」で「イヤミな宮井(いやみなみやい)」と思ったが
あまりにもイージーなので、ちょっと離れた近くの「天狗」でうどん。

収穫の秋、天狗四郎さんが軍手を着け稲刈りをしていたら、
終盤に鼻の頭を蚊に刺され、
軍手を外し真っ赤にはれた長い鼻の頭を掻こうとした時、
兼ねてより恋いこがれていた天狗良子さんと目が合い、良子さんにウィンクされて
さらに真っ赤になった大きく長い鼻。
恥ずかしさのあまり、軍手を鼻にさして隠したのですが
鼻の先でブラブラと秋の風に揺れる軍手と
揺れる恋心が表現された、長閑で美しい回文一句となりました。

天狗ラブラブでブラブラ軍手!

回文成立しました!!!

それでは、美しい天狗のうどんを眺めながら
回文のバカバカしい世界をご堪能ください!!!


20121028-1.jpg

寝るな妊娠になるね (ネルナニンシンニナルネ)

練馬区よ、叔母さん。鯖を良くマリネ (ネリマクヨオバサンサバヲヨクマリネ)

ロダンてさっきの喫茶店だろ? (ロダンテサッキノキッサテンダロ)

ジーコの親、小野コージ。 (ジーコノオヤオノコージ)

鰹節の私物化 (カツブシノシブツカ)  イエイ!と言えい。 (イエイトイエイ)

くどくど口説く (クドクドクドク)

田島白子さん。おいらモルヒネでね、昼もライオンさ殺しました。
(タシマシロコサンオイラモルヒネデネヒルモライオンサコロシマシタ)

20121028-2.jpg

留守にカバが馬鹿にする。 (ルスニカバガバカニスル)

マグロ師捕った 龍と白熊 (マグロシトツタタツトシログマ)

何せ負け戦。低いパスとスパイク。秘策、いけませんな。
(ナンセマケイクサヒクイパストスパイクヒサクイケマセンナ)

20121028-3.jpg

野茂のパパの物は野茂のママの物。
しかし野茂のママのものは野茂のパパの物
(ノモノパパノモノハノモノママノモノシカシノモノママノモノハノモノパパノモノ)

タイツにウニ付いた。 (タイツニウニツイタ)

煮ろ釜でマカロニ (ニロカマデマカロニ) 指圧待つ足 (シアツマツアシ)

「死にたくなるよ」と夜泣くタニシ (シニタクナルヨトヨルナクタニシ)

飛べ飛べ!と、ベトベト・・・ (トベトベトベトベト)

軽いノリのイルカ。 (カルイノリノイルカ)  かばん屋?いやん馬鹿! (カバンヤイヤンバカ)

飯島愛・・・あ、マジいい・・・ (イイジマアイアマジイイ)

酔うぞ、行け恥部、小渕恵三よ (ヨウゾイケチブオブチケイゾウヨ)

20121028-4.jpg

野生の伊勢屋 (ヤセイノイセヤ)  丸くなるな車 (マルクナルナクルマ)

良い策士足臭いよ (ヨイサクシアシクサイヨ)

夜のハゲ頭またアゲハ乗るよ (ヨルノハゲアタママタアゲハノルヨ)

与力、レコーダーこれきりよ! (ヨリキレコーダーコレキリヨ)

根暗は楽ね (ネクラハラクネ)   最適な規定さ (サイテキナキテイサ)

スマイル猿います。 (スマイルサルイマス)   鉄火丼今度買って。 (テッカドンコンドカッテ)

やい、清原!ほら、早よ来いや! (ヤイキヨハラホラハヨキイヤ)

痴漢トンカチ (チカントンカチ)  にわとりと小鳥とワニ (ニワトリトコトリトワニ)

泣く子平作、臭い屁こくな。 (ナクコヘイサククサイヘコクナ)

サイナラ。祭りは終わりつまらないさ。 (サイナラマツリワオワリツマラナイサ)

よだれだよ (ヨダレダヨ)







スポンサーサイト
20121014-1.jpg

三木町に引っ越してから
朝夕の通勤時、毎日目にしている「やました」の看板。

脳内の山本山回文創作回路に一瞬ひらめきが走る。
「やましたしました」
おおおおお!!!素晴らしい回文の誕生や!!!

・・・・うん?
「やました た・・し・ま・・や」あっ、いかん回文になってない!!!
軽いショック!!!


近くのうどん屋「天狗(てんぐ)」ならどうだ!!!
「てんぐ」「ぐんて」
おおおできた!!!「てんぐのぐんて(天狗の軍手)」
でもあまり意味がない。うどんに関係ない。あまり面白くない。

この界隈の通勤経路にあるうどん屋すべてを検証。
「めんろくややくろんめ」なんか呪文のようじゃ。
「うええだだええう」なんか不気味な断末魔のうめき声のようじゃ。
「みききみ」「ただだた」「みせんんせみ」
う〜〜〜ん。回文成立せず!!!


20121014-2.jpg
20121014-3.jpg

一度目の訪問で頂いた
「ひやかけけかやひ」がかなり好印象だった「やましたたしまや」
いかん!!!完全に回文回路になっとる!!!回路遮断!!!

今回も「ひやかけ」を注文。
なんだか出汁が濃厚色に変貌???以前は澄系出汁だった記憶が。
味もかなり濃くなっている。
この変貌は客のニーズを取り入れた結果なのだろうか?
讃岐ではちょっと珍しいくらいの濃厚さ。
ニュータイプ讃岐うどんを目指しているのかな?

20141014-4.jpg

揚げたてかき揚げ、美味しかった〜〜〜〜!!!

20141014-5.jpg

この看板、明治生まれの人は
「たしまや(田島屋)」と読んでしまうんやろうな。














再訪問してみたいお店だが
なかなか行く機会がないお店のひとつ「そらいけ」
めったに使うことのない10号線。
さらにそこから少し奥に入った132号線沿いにぽつんと佇むお店。
わしにとってみたら、秘境うどんのひとつ。

東讃に引っ越したらまず行ってみたかった
「そらいけ」に、れっちゅるご〜〜〜〜〜!!!

20121008-1.jpg
20121008-2.jpg
20121008-3.jpg

ごっつりとした麺。
弾力変化の少ない素朴なおうどん。
タイミングが悪く、茹で置き経過時間が長く本来の張りはなかったが、
それでも、これぞ香川の田舎うどんって味をだしている。
「かけうどん」には餅がデフォでのっかって、田舎的な盛付け度満点!!!
いいな〜〜〜〜。こんなおうどん。癒されるおうどんです。


20121008-4.jpg
20121008-5.jpg

かねてから食べてみたかった「ざるうどん」
生憎、こちらも茹で置き経過時間が長くて残念。
ちょっとぼっそりした食感が出始める頃の麺。
それがまた哀愁と郷愁をそそる。
昔食べていた、おうどんってこんな感じだったよね。
みんながお子様ランチを注文する中、
わしは「ざるうどん」や「ざるそば」を注文する渋いお子様やった。
その頃の記憶が蘇る。もう何十年も前の忘れかけていた記憶。
それいけのおうどんには
そんな記憶を呼び起こす優しい力があるんだな。

20121008-6.jpg

おでんの味にも懐かしさがたっぷり。

20121008-7.jpg

「そらいけ」不思議な屋号。
どうしても行ってみたくなる名称。
近くのため池の名称が空池なのだろうか?
謎じゃ!!!










20121005-2.jpg

出張翌日、
ホテルから見ると比較的近い位置にあった梅田スカイビル。
歩いても楽勝と思いきや、実際歩くと結構な距離。
昨日痛めた足がさらに悪化。
水ぶくれ爆発寸前。痛いのなんのって!!!

20121005-3.jpg

午前中のオリエンテーション。
仕事を済ませ、
大阪に暮らす次男・ジェイコブ麺五郎と昼食。
息子がいつもお世話になっている土佐堀にある
人気イタリアン「oui」で団欒の一時。

20121005-4.jpg

前菜のサラダもたっぷりの量。
主張しすぎないドレッシングが野菜の旨味を引き出す。

20121005-5.jpg
20121005-6.jpg

パスタはベーコンとほうれん草のトマトソース。
旨い!!!
ベーコンは肉本来の旨味をナチュラルに閉じ込めてあるし、
チーズもかなりな優れもの。
やっぱ競争の激しい都会のイタリアンはレベルが違う!!!

20121005-7.jpg

魚料理は鱸。
淡白な白身魚特有の甘み。この甘みが実に濃い。旨い!!!
そこに酸味のあるトマトソースが絶妙な風味で絡み、
軽やかな協奏曲を奏でる。

20121005-8.jpg

肉料理はチキン。
肉もさることながら、このタルタルソースが絶品だった。
ここ300年あまり、あらゆるタルタルソースを食してきたが
(わしゃタルタル妖怪かい)
ouiのタルタルソースが一番旨いと言い切ってもいいぐらい旨かった〜〜〜。
酸っぱすぎず、こってりしすぎず、絶妙のバランス!!!
野菜の分量・新鮮さもベスト。
こんなフレッシュ感溢れるタルタルは初めてじゃ〜〜。
体中にこのソースを浴びたいくらい旨かった〜〜〜〜!!!

20121005-9.jpg
20121005-10.jpg

デザート&コーヒーも一級品。
息子いわく、いつもより量が多いねとのこと。
店長さん、スタッフのみなさん、本当にありがとうございました。
美味しい一時は、人生を明るく楽しくしてくれます。
いい時間をありがとうございました。

トイレに行くと言って
会計を済ませていたわが息子・ジェイコブもカッコ良かった〜〜〜。

みんなありがと〜〜〜〜!!!










| main |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。