上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20121229-1.jpg

淡路島一周旅。
見てみたかった下からの明石大橋。
人間は凄い!!!
こんな巨大な構造物を創るなんて!!!

20121229-2.jpg

近くには高知の見残・竜串を思わせる奇岩石。
自然は凄い!!!
こんな造形を創りあげるなんて!!!

20121229-3.jpg
20121229-4.jpg
20121229-5.jpg

淡路島に来たらやっぱり一度は食べないといけない
「玉ねぎうどん」
名の知れた名物うどんではないけれど
地域おこしの一貫として考えられてメニューのよう。

いろいろ調べて巨大なおあげが入った
きつねうどんが名物の「日愛うどん」へ。

日愛うどん

期待の玉ねぎは、どうも長時間水にさらしたようで
辛みも甘みも抜けきっていてパンチにかけるが
サクサクシャキシャキの食感が新鮮。

麺も思いのほか硬めで讃岐チック。
お出汁はかなり薄めの関西系。

香川県以外のうどん屋さんて、量がめっちゃ多い。
ラーメン一杯食べた後、なんとか完食。
非常にきつかった〜〜〜〜。


いづも庵というところにはこんなうどんも↓

玉ねぎつけ麺

20121229-6.jpg

しかもあまりにも魅力的だったので
ついつい取ってしまったお寿司。
も〜〜〜〜腹いっぱい。
わしの腹、黒柳徹子の髪型みたいに
も〜〜〜パンパン!!!

20121229-7.jpg

年が明けたら
また淡路島旅しよ〜〜〜っと。














スポンサーサイト
20121223-1.jpg

最近、人生も精神も肉体も血液も
どろどろな状態の毎日。
朝、目覚めると無性に沸き上がる玉ねぎ欲求。
せめて血液だけでのサラサラにせねば!
そうじゃ!!!淡路島に行こう!!!

鳴門北まで下道通って
鳴門大橋渡って淡路島南で高速下車。
たったの550円で久々の国外(四国)脱出。

20121223-2.jpg

淡路島南からもずっと下道で島内一周旅。
いや〜〜〜〜。しかしどこに行っても玉ねぎだらけだね〜〜。
香川のうどん屋だらけにも引けを取らないほどの、玉ねぎ露店販売。
3kgはありそうな不揃い小玉・玉ねぎを300円でゲット。
めっちゃ安〜〜〜〜〜〜〜。


20121223-3.jpg

どうせ行くなら、淡路のうま麺をと、
出発10分前に「食べログ」で調べた人気店「はなふく」。
何でも京都の伏見で行列のできる人気店だったらしい。
そして淡路に移転。
今でもその味を求め、関西圏から多くの客が訪れるらしい。

食べログ


20121223-4.jpg
20121223-5.jpg

気になっていたのがこれ。「白しょうゆラーメン」
麺がめちゃ細い!!!素麺やんかこれって思う程の細さ!!!
魚介と塩見の効いたスープとの相性抜群!!!
うまっ!!!
食べ進むにつれ麺の味が浮き彫りになってくる。
あれっ、これってやっぱり素麺やろか???????
ラーメン麺とはちょっと違うな〜〜〜。
本場中国の麺類を思わすような風貌もある。
固定概念に縛られない、ラーメンの新しい世界観があるな〜〜〜〜。
店主のラーメンに対する思いが感じられる一杯でした。

20121223-6.jpg
20121223-7.jpg

こちららは、この店で2番目にこってり味の
「鶏とんこつラーメン」
どろりん系スープは、あの「天下一品」風。
スープの味は、天下一品を無化調・天然系にしたような
上品さが漂う仕上がり。
こってりだけど、どこか爽やかさを感じる健康志向の一杯。
素材の持つ旨味と栄養素が体に染み込んでいく感じ。
医食同源やな〜〜〜。
このどろりんスープは、わしのどろどろ精神と血液を癒してくれる。

20121223-8.jpg

餃子は食べログの口コミに
長野?の「餃子房ひづきさん」に特注していると書いてあった。
これまた健康的なお味の餃子でした。

20121223-11.jpg

メニューはこんな感じ。

20121223-9.jpg

2時間待ちは必須の人気店。
11:00オープンだけど、10:30〜受付開始。
わしらは10:45頃到着。すでに10組程の先客あり。
優しい奥さん(はなさん)の接客で、先にメニューをオーダーし
「この順番だと、入店できるのがだいたい12:00頃になります。
このままお車の中でお待ちになっても結構ですし、
周辺の観光をしてまた来てくださってもいいですよ」と親切な対応。
めっちゃ感じのええ接客です。
結局食べ始めたのが12 :20頃やったけど
6人座れるお座敷席で、相席なし・2人だけで通してくれて、
この店の味を、ゆっくりと味わうことができました。
お客様本意の姿勢。最高のホスピタリティ&アティテュードです。
行列が苦にならず。かえって行列を楽しむことができるほど。

20121223-10.jpg

行列のわけは、回転率の低さにもあるが、
店主と奥様の、お客様ひとりひとりに真剣に向かいあう姿勢が
素晴らしいの一言!!!
お味もそんな優しさと真剣さに包まれた温かみ溢れる一杯でした。
いや〜〜〜〜、大切なことに気づかされた
久々、感動の多い一店でした!!!












20121124-1.jpg

2度目の訪問。さぬき市・長尾の「いわせ」。
前回来た時、心残りになっていたメニュー「カツカレーうどん」をオーダー。
「味噌カツラーメン」で育った高知県民。
麺の上に、カツがのっかっていると、みょ〜〜に気になる!!!
食べたい衝動が烈火の如く沸き上がる。

20121124-3.jpg

ちょっとメンチカツのような風貌の、おカツ様がど〜〜〜ん!!!

20121124-4.jpg
20121124-5.jpg

うどんを持ち上げようとすると、
もの凄い粘着性のあんかけカレー出汁。
灼熱の溶岩に例えると、
流動性が強いハワイのキラウェア火山に対し、
溶岩ドームを形成する九州・普賢岳の溶岩のような感じ。
汁気がなく、なかなか持ち上がらん!!!
しかも、丼に顔を近づけんと、思うようにうどんがすすれん!!!
一回のバキュームで吸える麺は6cm程度。
硬いあんのせいか、めっちゃ熱いのでこの程度が丁度いい。
15cmを一気にすすると、やけどしてしまいそう。
今までで一番熱く、重量感のあるカレーうどんじゃった!!!
出汁の味わいは、辛さ超控えめ、すこぶる甘めです。

20121124-6.jpg

かけうどんはこんな感じ。
さすが、一般店。見た目がちょっと豪華。

20121124-7.jpg

おでんもなかなかええかんじ〜〜〜!!!

210121124-8-1.jpg

うどんすき鍋メニューも豊富なようで
次はこれかな〜〜〜〜。

20121124-8.jpg

地元の超常連さん達?が多い
アットホームな雰囲気漂うお店でした。












20121118-2.jpg
20121118-1.jpg
20121118-3.jpg

八十八番札所・大窪寺で紅葉を眺めながら
美味しい打込みうどんをと朝飯も食わずに出かけたが、
駐車場満車の予想以上の人出。

20121118-4.jpg

お目当ての八十八庵も店内行列。
これは45分待ちは必須の様相。
打込みうどんは諦め、おでんだけを買って
屋外で紅葉を眺めながら食べた。
当然、これだけじゃ腹の足しにもならない。
あ〜〜〜〜〜腹減った〜〜〜〜〜〜〜!!!


20121118-5.jpg

徳島の脇町で用事があったのでR2越えで徳島入り。
腹へりまくり〜〜〜〜。
まずは、餃子ののぼり発見。しかし「生餃子」!!!
生じゃ食え〜〜〜〜ん!!!
腹減った〜〜〜!!!

20121118-6.jpg

少し走ると蕎麦屋発見!!!
でも、やっている様子はない。閉店さえしている感じ。
ああああ〜〜〜〜〜空腹ピ〜〜〜ク!!!

20121118-7.jpg

よく見ると駐車場横に自販機が!!!
カップヌードルがある!!!
よくよく見ると貼紙に
「お湯と箸は左り側に有ります ヤケドに注意して下さい」と書いている。

20121118-8.jpg

よくよくよく見ると自販機横にポットがっ!!!
おおおお〜〜〜〜なんというローカルチックなシステム!!!
しかし給湯ボタンを押してもお湯が出ん!!!
ああああ〜〜〜〜〜ん。も〜〜〜〜〜ど腹空きまくり〜〜〜〜!!!

20121118-9.jpg

カップヌードルを諦め少し走ると
「手打ち阿波うどん」の看板。昼時なのに車が少な過ぎるのでパス。
ここまできたら、ガマンしてでも理想のうどんが食いたい。

20121118-10.jpg

またまた少し走るとうどんののぼり。
ガマンしきれず入店しようとすると、入口メニューに
「チキンカツ定食」「とんかつ定食」「カツカレー」「そば」「すし定食」・・・
なんだかフェミレス的。冷凍麺の予感がするのでちょっとパス・・・。

20121118-11.jpg

続いて「手打ちうどん大福」
車もぎょうさん止まっているので、ここで決定!!!

20121118-12.jpg

待つこと5分!!!
かなりな量のおうどん到着。
となりの兄さんが食べていた肉うどん、メガ盛りチック!!!

20121118-13.jpg

うどんは茹でたての新鮮感はないけど
荒々しいゴツゴツとした表面に相反し、優しい舌触り。
田舎チックで妙に懐かしい味わい。
出汁も鰹系が効いてやや甘めで好感がもてる。

20121118-15.jpg

ぶっとくてぼそっとした食感のおそば。
昔たべた祖谷そば的味わいで、これまた懐かしい!!!

20121118-15-1.jpg

かなりな量だったので、バッテラは食べきれずお持ち帰り。
自分でもうそ〜〜〜って思うくらい小食になっている。
うどん屋10軒以上食い回っていた、あの頃が懐かしい〜〜〜〜!!!














| main |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。