上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
dc0120100220.jpg


小学1年の頃、父の転勤で中村(現四万十市)から高知市に引越してきた。
家族で初めて外食したのが"風珍"だった記憶がある。
子供の目には、あの界隈がとても怪しい場所に写っていた。
路地の入口付近にはカメラ屋があり、憧れのローライやハッセルが並んでいた。
じめっとした薄暗い路地にはスナックやバーなど大人の店が沢山並んでいた。

少し大きくなってから、友達と東宝でゴジラ映画を見終わって、
その裏路地を通って帰る時は、子供だけで入ってはいけない場所のようで
妙にドキドキしたし、なんだかちょっと大人になったような気もした。
"風珍"のラーメンはそんな記憶をゴトゴト煮込んだ味がする。

あるブログでこの店の閉店の噂を聞いた。
この味の記憶をもう一度、焼きつけておきたい・・・。

最終日間近、なんとか都合をつけ行くことができた。
日曜ということもあり、すでに50人程の行列。
ファンの多さには驚きだ。
待つこと40分余り。
目の前に清湯スープのあの老麺が・・・。
懐かしい。何年ぶりだろう。
県外生活が長く、少なくてもここ6年は口にしていなかった。
混じりけのない透明なスープは、まるで春霞みの風景のようだ。
まずはゆっくりとそのスープを一口啜る。
鶏ガラのほのかな香り。淡い塩味が後に続く。奥にあるには野菜の甘みだろうか。
それらが溶合い、ふんわりと包み込まれるような甘く優しい味わいになる。
美味しい。実に美味しい。
玉子の旨味を感じる麺もソフトな湯で具合。
昨今の流行ラーメンとは真逆の位置にある、どこまでも限りなく優しい味わいだ。

少し遅れて”黄金チャーハン(卵やきめし)”が届く。
これも淡い陽ざしのような見事な色彩。
店内を見渡すと、あちこちのテーブルに花が咲いているようにも見えた。
口の中で、ふんわりと膨らむ食感。
う~ん。絶妙だ。
炒め具合は、これ以上これ以下でも、この柔らかさは出ないのだろう。
”ふう”と溜息がもれる。
二品とも、どこまでも優しい春のような味わいだった。
「風珍」の”風”とは、尊い春の風だったんだ。
この味覚の中に、幼い頃の記憶がほんわりと、いくつもいくつも蘇ってきた。

店を出ると、そこには老若男女70人程の行列。
行列に並んでいる時、話をした仲のよい老夫婦は、店の再開を切望していた。
後ろの座席に座っていた、十代の女の子達の一人は
”おじいちゃんとの思い出の味なの”と言っていた。
この裏路地の名店。
このまま消えてゆくのは実に惜しい。

(写真:仁淀川水滸伝 管理人様より許可借用 文:同ブログ投稿文加筆修正)
Thanks Dear Mr.Ikken.
スポンサーサイト
Comment
文学やなぁ・・・しみじみ
しみじみと読んでしまいました。こういう記事が書けるならアフリエイト貼れば大儲けできるよ(ぉぃおぃ金かよ!)
う~ん思い出の味が消えていくのは何とも忍びない寂しい思いがありますね。
おっとガラにもなくcmカーニバル・・・いえ、センチになってしまった。
あ、そうや!全然関係ないけど、あのヤングプラザビル1Fの中華宣伝しといてねと言われてたんや(笑)2006.04.14(Fri) 11:56 | URL | やまちっち

ふふふ"大正ロマン派"と"昭和無頼派"の系譜が
脈々と感じられるでしょう。
(どんな文章や!)
そうか文学にはパトロンが付きものか。
しかし文学はお金じゃないとも言えるしい。

でも本当に街から、幼い頃の記憶を残すものが
消え去っていくのは寂しいものですね。
でも高知はそのスピードが他県に比べ遅いので
ほっとするいい街です。2006.04.14(Fri) 12:09 | URL | 麺三郎

「風珍」…閉店したんですか?。知り合いに、教えて貰い、初めて行った時、こんな所にあったのかと、少しドキドキしました。あの透明のスープのラーメンと卵焼き飯は、値段も安く、美味しくて、行く度に注文してました。あの味が、もう食べれないとは、ショックです?。2006.04.15(Sat) 10:06 | URL | 志麻
もう無くなったのですか?
ショックです!

想い出のラーメン屋になるんですね

知らなかった2006.04.15(Sat) 10:59 | URL | レイク

志麻さんはじめまして。
風珍さん、隣のポポロ東宝の改装工事(ホテル化?)の関係で
今年一月いっぱいで閉店してしまいました。
ただ、新たに場所を見つけ再開する意志もおありなようなので
微かな希望が・・・。
量・価格・味とも良心的な設定で高知県人のハートを
あったかくしてくれた名店ですね。
最後になるかもしれない一杯を複雑な思いで食べました。
2006.04.15(Sat) 11:29 | URL | 麺三郎

レイクさんはじめまして。
わしもショック。ショッグッ。ショッグググ~~。
(ショック三段活用)でした。

再開の噂もチラホラ出ているようですけど・・・。
街ネタなのであまり信憑性が・・・。
でも再開切望ですね。しかも元の場所で。
あの界隈性が良かったですよね。

↓仁淀川水滸伝さんのコメント/TBにいろいろ情報がでています。

http://mnm35661.blog6.fc2.com/blog-entry-442.html#trackback33

かむば~~く、ふ~~ち~~ん。
2006.04.15(Sat) 11:42 | URL | 麺三郎
Post Comment
管理者にだけ表示を許可する
Trackback
URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。