上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20060705175324.jpg


ルート32を北に向かって走る。
フロントガラスに数滴の雨が落ちてくる。
これから深夜にかけ嵐のような天候になりそうだ。
生まれ故郷、カリフォルニアでの約半年間の生活。
短い期間だったが、いい仲間に出会えた。

タモヤクルト・イーケン。
ハイスクールの先輩。
パスタをこよなく愛し、酒とパスタとトラウト・バトルに明け暮れる日々。
彼のバイクメンテナンスはピカイチだ。
酒に酔い、月を見つめる目には少年のような優しさと輝きがあった。

サンタモニカのパパ・トゥヤーク 
彼にはヘミングウェイが重なった。
子沢山の彼が打つパスタは潮の香りがして絶品だった。
陽気で明るい子煩悩のいいおやじだ。

ヤマー・フンバルトチッチ。
静かなハリケーン、俺はそう呼びたい。
彼のパワーはバッファロー並だ。
野牛がみせる角競り合いでの、重くじわじわとした力。
カリフォルニア・パスタメンバーズの創設者。
物事を押し進めていく上で、小さな渦を大きな渦に変換する
踏ん張りの力を学んだ。

最高一日13店のパスタを食べ歩く男。
鉄の胃袋、ムッシュ・シャーシ。
その情報をネット上で公開する男。
黄金頭脳、相棒のホンポ・フタゲイミー。
絶妙なコンビネーションだ。
彼らの創りだす温かい人間味溢れるパスタ店情報は
多くのファンに支持されている。

メリー・ケーン。
パスタに一生を捧げる男。
とてもジェントリーな男。
彼のパスタはまだ口にしていないが、人柄から大体の想像はつく。
時に優しく、時に激しく、時に広大な味。
それは海だ。
麺に海を描く男。それが彼だ。

そしてマイ・ブラザー。
ドッシュ・ヤーメン・クロウ。いろいろ世話になったな。
サンクス。

最高の奴らに出会えた故郷での短い月日。
雨が激しく降り出した。
これからは地中海のプロバンス地方での生活が始まる。
そこには何があるのだろう。

さよなら友よ。
今日のオクトパスボールは、やけに塩っぱい。
ワイパーが効かないぜ。

雨に思いを馳せる。
俺は大河ではなく
アスファルトの水溜まりのように生きたいと思った。
もう夜なのに逃げ水が見えた。

God be with ye

DSC01956.jpg


カリフォルニア=高知
パスタ=うどん  トラウト・バトル=鮎釣り
サンタモニカ=夜須
カリフォルニア・パスタメンバーズ=高知うどん麺バーず
地中海のプロバンス地方=瀬戸内海香川
オクトパスボール=たこ焼き


2006.7/7 高松へ
ブログは6日エントリー分で一旦お休みします。
再開は7/14以降です。
みなさんお世話になりました。


うどん貴公子改めうどんジプシー麺三郎





スポンサーサイト
Comment
麺三郎さま。
麺三郎さま、さようなら~。
読んでいるうちに眼鏡が曇って僕もワイパーが効きません。
湿度90%のカリフォルニアより。2006.07.05(Wed) 22:39 | URL | タカシです。

タカシさん、こんばんわ。
香川のうどん屋さんでロドスタ見かけると、
むむむ。もしや。
という習性が、どうやら身につきました。
今後も、愛すべき高知のうどん屋さんも応援してあげてくださいね。
今はいろいろな意味で変貌期にあると思います。
「よさこい」のように高知オリジナルのうどん文化・・・。
広く言うと麺文化ができるといいなあと思います。
今はその第一ステップ。
長い目で、今後の発展を見守りましょう。
「叱って育てるより誉めて育てる」の気持ちで。
美味しかったよの一言が励みになり
本当の本物が誕生するかもしれません。




003玉


2006.07.06(Thu) 00:21 | URL | 麺三郎
ひと時の別離
7月7日 今にも涙があふれそうな そんな空を見上げながら 今日旅立とうとしている彼 Men・the・Blow のあの時見せた はにかんだ笑顔を想いだしている。
人生の荒波の中で培ってきた堂々とした自信を覗かせる風貌のその陰に少年のような純真さが見え隠れしている。そして彼が繰り出すBlog独特の世界は、何気ない日常の風景、何気ない生業をドキュメンタリードラマへと変貌させてしまうのである。その様は誰にも想像だにしなかった大宇宙で生きている実感を我々に与えてくれるのだ。
しかしこれが永遠の別れでもない、必ず笑顔で帰って来ることと信じて今は静かに見送ろう。

サマワ・・いや、サハラ・・もとい、サラバ友よ。またオフ会の暇で~・・いや日まで。

 2006.07.06(Thu) 11:43 | URL | やまちっち

パラダイス・イン・カリフォルニア

昔、友人が海を見つめながら
「麺三郎、高知は日本のカリフォルニアぞ」
と言ったのを
毎年夏になると思い出す。

日本のニューヨーク、東京にいた頃は
青い高知の海を思いうかべ
望郷の念にかられた。

日本のプロバンス、高松にいた時も
台風に荒れ狂う高知の海を愛おしく思った。

故郷は遠くにありて思うもの。
長い県外生活で高知の本当の良さが分かったように思う。
近くて遠い高知。

大らかでノリのよい県民性。
必ず何処かで宴会や催しもの。
ユーモアが大好き。
空は高く、海は広い。
ここは本当に楽園じゃ。

やまちっちさん、いろいろありがとうございました。
高知のうどん楽しくなるといいね。
頑張れ。高知うどん。
一段落したら、いろいろ協力させていただきます。



2006.07.06(Thu) 12:24 | URL | 麺三郎

くぅぅぅ~ぅ・・・(T_T)2006.07.08(Sat) 06:42 | URL | QOO36

QOO36さああああん。
お久しぶりで~~~す。

わしも高知、帰りたくて

くううううう~~~~~~~。です。

2006.07.14(Fri) 20:47 | URL | 麺三郎
Post Comment
管理者にだけ表示を許可する
Trackback
URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。