上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DSC081221-11.jpg

1000店超えの後は、
本題:08全店制覇本・全店種制覇。
残り4店。
思えば長い道のりやった。
手の届く範囲、もうほんのすぐそこにゴールが見える。

残り1/4。
この日は緑あひると慰労も兼ねて
高瀬の「ねぶか庵」へ。

「かあちゃん、長い間よく付き合ってくれたね
かあちゃんと一緒のおかげで
一店舗でも、かけとぶっかけ、一度に二つの味が楽しめたよ」


「ガーガーガ~~~~~
(とうちゃん、来年からは約束通り、イタリアン中心やからね~~)」


「ああ、
ミートソースとナポリタン、一度に楽しもうの~~~!!!」


DSC081221-2.jpg

まずは小鉢。大根と人参の酢の物。
炒子が入って、見た目は田舎チックだけど、
なかなか上品な味付けで都会的なセンスを感じる仕上がり。
口の中が、さっぱり清められ味覚がリセットされて
これから出される料理に初心な気持ちにかえって望める。
「最初が肝心」で、この酢の物が
甘過ぎてもいけないし、酸っぱ過ぎてもいけない。
後の料理を引き立てるために、
後にひかない、ほどほどの味加減がいい。

DSC081221-3.jpg

肉大根。
大根料理が続くが、まったく別の表情を引き出す。
いいお肉を使っている。肉自体が旨いので過度な味付けをしていない。
旨味を吸って半透明に煮込まれた大根の美しいこと。
ぎとつく脂分も少なく、意外にさっぱりと頂ける一品。
柚子皮の清涼感溢れる香りが、第三の食欲の扉を開く。
次の献立が楽しみだ。


DSC081221-4.jpg

三品目。
ここの名物・自家製豆腐。
今回は湯豆腐で。
この地域で採れた国内産大豆使用。
箸を通す時のやや硬めの弾力。噛む時の柔らかさと弾力。
このどちらもかなり好みの域。
広がる天然系大豆の甘味も申し分ない。
ローストしたようなやや焦げた風味があって、
最初はとても新鮮に感じたが、後半、少しくどく感じた。
鍋に敷いてあった出汁用の昆布が焦げたのかなと思ったが
昆布に異常は見られなかった。大豆を煮た時についたのかな?
次回は冷や奴かざる豆腐で食べてみたい。


DSC081221-5.jpg

鯛の酒蒸し。
柔らかにとろりと蒸され、甘味がいっぱい。
野菜系・動物性蛋白と
交互に提供される料理のコンビネーションもいい感じ。


DSC081221-7.jpg

〆は打込みうどん。
これまで出された野菜は茸以外、すべて自家製。
葱は甘く、春菊はほろ苦く、どれも新鮮。
柔らかな食感が多い食材の中、
目がさめる硬さと存在感のあるうどん。インパクトが強い。
これもいいね。
肉類はなく薄味の味噌煮込み。
野菜の優しい甘味を活かした、田舎風な仕上がりが郷愁をそそります。


DSC081221-9.jpg
DSC081221-8.jpg

囲炉裏端で食べる打込みうどんは格別。
写真の打込みうどんと鯛の酒蒸し以外はすべて一人前。
一人1500円の充実満足コース。
かなりなボリュウム。もう、お腹一杯です。
完全予約。一日三組まで。
高瀬の山懐でゆっくりした時間が過ごせますよ。



食後、女将と世間話。

「うちのうどん硬とうなかった?
うちのうどん曲がっとるやろ~~~
父さんに真っ直ぐして~~ゆうて頼むんやけど
どうしても真っ直ぐにならんのや~~~」

「昭和41年、父さんとうちの実家でお見合いした時
ケチャップソースのスパゲティだしてあげての
そしたら父さん”これうどんですか”ゆうての~~~
まだスパゲティが珍しい時代やったけんの」

オープンして今年で6~7年目。
開店当初は地元の田舎料理提供をコンセプトに
野菜料理を中心に出していたら
来客するのはご近所さんばかりで
これならいつも食べてる料理やけん
豪華な肉とか魚料理が食べたいというリクエスト。

肉や魚を取り入れたメニュー展開をはじめたら
マスコミで取り上げられ、市街地からお客様が。
都会のお客様は質素な田舎料理が食べたいとリクエスト。

この頃は、かなり経営に迷ったそうです。
紆余曲折、悩んだ末に
今は自分がやりたいこと、
自分が心地よく感じることを優先させて
自分なりの肩のこらないスタイルを提供しているそうです。

共感する「何か」がありますね。


笑い満載・納得の30分でした。


ゆったりとして、おおらかで話し上手な女将と
ちょっとシャイで真面目な大将のお店でした。

春、山菜料理の頃、また行きます。




DSC081221-1.jpg

残りいよいよ3店。









↓ ザ シンプルライフヌードル プリーズワンポチクリックヒア サンキュー


スポンサーサイト
Comment

ここも自宅近くですが、知らなかったですぅ。

シ-ズン2突入(?)で「笑う よだれ」・・・・・ますます目が離せません。

でも〆は、うどん・・・・・ってオチまでついてる~。

これからもいろんな食を教えてくださいね~。

2008.12.23(Tue) 09:56 | URL | ナイトウォ-カ-
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます2008.12.23(Tue) 10:01 | |

ナイトウォーカーさん
近くなんだ~~~~。
道に迷ってうろうろしとったけん
前を通ったかもね~~~。
「2」突入は来春予定です。
未公開のうどん店が100軒ちかくあるので
それが終わってからにします。
まだ分からんけど
少しスタンスを変えようかなっと思ってます。
お楽しみにね~~~~。



2008.12.23(Tue) 10:21 | URL | ジェームス麺三郎

そうそう、ここオープン当初から気になったました。
二度ほど飛び込みでいったけど満員。
屋島に住んでいたので、いつでも行けると思って
はや、数年が経過してしまいました。
旨そうだよね~~~!!!


2008.12.23(Tue) 10:24 | URL | ジェームス麺三郎

麺三郎さんの偉業は、緑あひるさんとの
愛の共同作業のたまものだったんやね~
打ち込みうどんで、この麺は!!
見てるだけで、よだれが出そうだよぉ~~
2008.12.23(Tue) 23:45 | URL | めいてる

めいてるさん、おはよ~~~~
緑あひるもがんばったよ~~~~~
彼女もトータル500オーバーはいっとるんやないかな。
でも覚えてるお店は少ないん。
ねぶか庵ぜひ~~~~。


2008.12.24(Wed) 05:48 | URL | ジェームス麺三郎
Post Comment
管理者にだけ表示を許可する
Trackback
URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。