上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DSC081231-11.jpg

仏生山にある大衆食堂「ふじや」
前は何度も通って、
delmoさんのうどん店リストに
掲載されているのも知っていたけど、
大衆食堂の四文字のせいか、チラリと覗いて通り過ぎていた。

DSC081231-2.jpg

ところが入店してビックリ!!!
うどん用のセイロが積まれているし
ガラスで仕切られた部屋には、
打ち台の上に今切られたばかりの美しいうどん。
すぐ横には、湯気をもうもうと上げ続ける
あまり大きくはない丸釜。そしてまたすぐ横に洗い場。
2メートル以内に作業性を考え、コンパクトにまとめられた厨房がある。
まさに、うどん屋そのももの風景だ。


DSC081231-8.jpg

創業は昭和28年。
今の店舗に改築してからも35年の月日が経ったそうだ。
重い伝統を感じるまでの古さではないが
日々の生活の匂いがしみつき、
わしらの人生と共に歩んだこの店の歴史を
あたたかい思い出のように感じる、
とっても身近な古さがそこにはある。
うどんも、まさにそんな味わい。
日常的で、飾り気がなく、普段着のうどん。
肩をはらない美味しさだ。

ご高齢の大将。
白い調理帽と白い割烹着。
映画「UDON」に登場していた
松井製麺所の大将の姿がかぶって写る。
本広克行監督が幼い頃見ていた、
うどん原風景はこんな風景だったんだろうな。

DSC081231-7.jpg
DSC081231-6.jpg

そんな大将のおうどん。
柔らかく茹でられた、茹でたちうどん。
やさしい思いが込められている。

DSC081231-9.jpg

素朴な「赤てん」もよく似合う。



DSC081231-4.jpg
DSC081231-3.jpg

中華そばも、ええ味だしとる。
かまぼこの上にコショーがのって
見た目にもええね~~~。

娘さんなのかな
シャキっと背筋の伸びた接待もええなあ。



このお店の雰囲気大好きです!!!






↓ザ ニューイアーヌードル4 プリーズワンポチクリックヒア サンキュ

スポンサーサイト
Comment

めちゃエエ感じ。うどんと中華そばの2本立て、ありがとうございます。

仏生山温泉って気になっていたんで、からめて行きたいですぅ。2009.01.09(Fri) 08:54 | URL | ナイトウォ-カ-

ナイトウォーカーさん
にゃかにゃかええ感じでしょ~~~。
お店の雰囲気、わしのハートにジャストフィットやったです。
仏生山温泉、行った事ないけど
なかなか評判いいですよ。
うどんと温泉、ぜひ~~~~~!!!


2009.01.10(Sat) 06:04 | URL | ジェームス麺三郎
Post Comment
管理者にだけ表示を許可する
Trackback
URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。