上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DSC090504-22.jpg

竹田製麺で大感激のあと、
島製麺所ラストは「小竹製麺所」
竹田製麺のすぐ隣にある小さくてかわいい製麺所。
これまた、小さな町の製麺所感たっぷりの建物やな~~。
シビレるうううう!!!
ぶるぶる、ちびりそ~~~~。


朝訪問して
「玉買いなら
すまんの~~11:00頃来ての~~~」
って言われとるんで
まだたっぷり一時間ぐらい時間がある。

ちょっくら海で散歩でもしよ~~。


DSC090504-21.jpg

海で散歩しても、うどんのことが気になり
時間を持て余して、10:30頃前を通ったら
玉買いらしきお客さんが入店したので、後を追って入るとOKとのこと。

奥で年老いた大将が製麺作業。
女将さんらしき人が、麺の水洗い作業。
若い大将らしき人が、出荷用のビーニール袋詰め作業の真っ最中。
この日、最後の卸し麺なんやろうね。
この時間帯から、個人への玉売りも始まるようで
わしの後にも数人お客さんが出入りしてた。

静かな空気の中、のんびりとした
優しく丁寧な接客がとっても印象的でした。


DSC090504-23.jpg
DSC090504-24.jpg

ビニール袋から麺を出すと
小麦の香りが、ぷううんっと漂い、
まだ少し釜の温度が芯に残る茹でたて麺。
とても優しい人間的な温かさのあるうどんでした。
なんか家族の情景が感じられていいなあ。
このおうどん。

製麺所の旅って
お店で言う仕切りやカウンターもないので、
いきなり厨房に入って、家族が生産する風景をダイレクトに見れる。
その分、うどんともそこの家族とも、非常に距離が近いわけで
その両方の、生の温かみが感じられて好きです。




あああ~~~~、島製麺所。
いつかまた、その温かみに触れたくて
再訪問しそうだな。











↓ザ リトルビーンズアイランドヌードル4 プリーズワンポチクリックヒア サンキュ

スポンサーサイト
Comment

島うどん、ええねぇ。
このシリーズをずっと読ませてもらったけど、麺さんと製麺所のおじちゃんやら
おばちゃんやらと話してる姿が眼に浮かぶ~!
まじめで温かいうどん人ばっかりやね。2009.05.12(Tue) 09:13 | URL | たま

たまさん、島製麺ええよ~~~。
わし今回の旅で強く心打たれた。
半ば観光地化した香川本土の製麺所にはない、
おおらかさと素直さと
そのなによりも強い温かさがある。
40年近い前の日本の良き風景があるよ。
ぜひ、連れて行ってあげたいけど時間がない~~~。
老後の楽しみにとっておこうかね。
いつかきっと行こうね~~~~~~~~。


2009.05.12(Tue) 21:20 | URL | ジェームス麺三郎
何やら
もの悲しい想いででありますな…

増してアナゴの強烈なことw
上の方の感想のように多少不気味かも。。。好物だけど
個人的には単体でいたたぎたい

ひやうどん食いて~2009.05.15(Fri) 14:43 | URL | ゴンザレス・伊藤

ゴンザレス・伊藤さん
四国を旅してて、何度か
こういう出会いがありました。
自責の念から、お遍路さんしている方も多いようです。

アナゴ丼、たしかに強烈なリアリティがありますよね。
インパクト大きかった~~~~。



2009.05.16(Sat) 04:08 | URL | ジェームス麺三郎
Post Comment
管理者にだけ表示を許可する
Trackback
URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。