上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DSC04013_1.jpg
DSC03993_1.jpg
DSC04016_1.jpg

うどんの学校に通っていた頃、
以前より気になってしかたがなかったお店があった。
何度もその前を通っていたが、なかなか立ち寄れなかった。
夕方5時過ぎに開いているはずもないその店の前で
妻と二人で発砲スチロールで飼っている
メダカの赤ちゃんを見ながら話していると
その店の大将が気さくに話しかけてくれた。
実はこれこれこうだと話をすると
いろいろ、うどんに関するアドバイスをしてくださった。
暗中模索の自分達には、とても温かい言葉だった。
それから、粉や出汁の原料を分けていただいたり
いろいろな人を紹介していただいたりと
大変お世話になった方だ。
本当にありがとうございました。
一言では言い表せないほど、感謝の気持ちで一杯です。

そんな「百こ萬」さん。
ここ丸亀木沢村(元商業複合施設)の全面撤退が決まり、
9月末日で一時休業となる。残念。
うわ~~~。急いで食べに行かなくっちゃ。
と思いながらも引越しのドタバタで
昨日やっと足を運ぶ事ができた。


まずはぶっかけの太麺を先にいただく。
久しぶりに食べる「百こ萬」の麺は
素麺にも似た小麦の濃く深い味がした。
絶妙な塩加減なんだろうな。実に美味しい。
麺の冷たさも心地よく丁度いい加減。
驚いたのは丼まで冷たいこと。
この小さな気配りがこのお店の魅力なんです。

極細麺の「しこざる」
緑麺は緑茶(またはホウレン草)を練り込んだ鮮やかな色彩と
腰のきいたコリッした食感がたまらない。
白麺はそれに反してモッチリ系の柔らかい食感が魅力。
細くなるとどうしても味が弱くなりがちだが
ここのはキチンとうどんの味がする麺だ。

麺は人柄。
その人の全てではないが、いろいろなものが凝縮される。
大将と奥さんの、真面目さと優しさがここにある。
いいうどんです。

帰り際に聞いてみると
まだ次のお店も身の振り方もまだ決まってないとか。
その人柄ゆえファンも多く
別の場所での再出発を希望する人が多いようです。
ぜひとも近いうちに、再開して欲しいものです。
切望!!!絶対切望!!!



大将、TVにも結構出ていて
中でも「さぬきうどんVS盛岡冷麺」の細麺対決は有名。
惜しくも敗れたが、さぬきの細麺を世に知らしめた。
映画「UDON」にもほんの数秒だけど写っているらしい
顔を知ってる人は目を皿のようにして
見つけてみてください。





スポンサーサイト
Comment

夏には、さっぱりやねぇここの細麺

どっかで再開してくれんかなぁ



確か、通販しよったみたいやけど 
製麺施設がなくなるのだったら、それもやめるだろなぁ?2006.08.21(Mon) 05:58 | URL | とうやく

とうやくさん、よう知っちゅう。
その通販麺、お中元で送ったでえええ。
今日届くでええ。
製麺は自宅でやりゆうみたい。
お互い朝がはやいねええ。





2006.08.21(Mon) 06:12 | URL | 麺三郎

麺三郎さんこんちは~

ん~百こ萬さん、この先の予定は未定なんですか…。
うどんもご主人ももちろんやけど、あのお店も好きやったんですよ。
あんな感じのお店で、また再スタートしてほしいです。2006.08.21(Mon) 22:24 | URL | 鈴丸

鈴丸さん、お久しぶりです。
相変わらず、きもちいいぐらい喰いまくってますねえ。
百こ萬さんは不滅です。
かならずどこかでまた会えます。
「しこめん」無くしちゃいかんです。
香川の宝やけんね。

2006.08.21(Mon) 22:31 | URL | 麺三郎
Post Comment
管理者にだけ表示を許可する
Trackback
URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。