上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DSC05171_111.jpg


休日、昼寝をしていた僕は美女にキスされる夢をみていた。
でも妙に艶かしい感触に目がさめた。
チャッピーが僕の口の周りをベロンベロン舐めていた。
まだ幼い部屋犬時代のことだった。

単身赴任先から高知に戻ると、
もの凄く元気な鳴き声で僕を迎えてくれて、
車のドアに前足で乗りかかりガリガリ。
おかげで右のドアは傷だらけになった。

冬の寒い日。窓ガラスに横顔をピッタリとくっつけ、
鼻息をブシュと一息。部分的に曇るガラス。
それが「ジュラシック・パーク」のブラキラプトルが
厨房で子供達に襲いかかるシーンのイントロ部分に似ていて
下の息子と大笑いした。

誤ってキーを付けたまま車のドアを閉めてしまった。
残されたチャッピー。
「おーい。チャッピー開けてくれー」と叫ぶと
小首をかしげ、キョトンと可愛い顔。
切羽詰まった状況の中、上の息子と微笑んだ。

山のばあちゃんの家の近くの空地でビュンビュン走り回るのが好きだった。
一緒に山歩きをするのが好きだった。
一緒にバーベキューをするのが好きだった。
一緒にドライブするのが大好きだった。

チャッピーがいた10年といない10年を想像してみる。

ありがとう。チャッピー。
あまりいい飼い主ではなかったけど。
いっぱい思いでができた。
いっぱい癒してくれたね。


火葬場のドアを開けると
ひとつの雲がすううと近寄ってきて
自分の尻尾と戯れ遊ぶ犬のように
くるりくるりと回転しながら流れていった。


DSC05169_111.jpg

DSC05142_111.jpg

写真クリックで拡大可





スポンサーサイト
Comment

ええっ・・・・・チャッピーは天の雲になったんですか?
命あるものが必ず迎えなければならないこととは言え、やはり淋しいことです。
でもたくさんの良い思い出を残してくれたんですね。
 2006.09.16(Sat) 19:27 | URL | やまちっち

やまちっちさん、
チャッピー昨夜10時前、逝ってしまいました。
めちゃくちゃ苦しむこともなく眠るようでした。
辛かったと思うけど泣き言ひとついいませんでした。


2006.09.16(Sat) 19:35 | URL | 麺三郎

チャッピー雲になったんですね。
ふとマックの時の火葬場を思い出しました。
動物霊園に眠っているので、たくさんの仲間と一緒です。

麺三郎さん一家のぬくもりの中で、幸せなチャッピーでしたね。
一応覚悟があったとはいえ、とうとう別れの時が来てしまい、実際チャッピーに会った事もないのに悲しいです。
同じ犬好きとして・・・。

2006.09.16(Sat) 20:40 | URL | もとp
チャッピーの雲
二枚目の写真はチャッピーが
天に向かって駆けて行っているよう・・・・・・・・

幸せな家族の一員やったね・・・・・・・・2006.09.16(Sat) 20:49 | URL | いっけん
。・゚・(ノД`)・゚・。
*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*
私は、動物と一緒に生活したことがないけど
読んでいて、泣きそうになりました
なんか、麺三郎さんの気持ちとチャッピーの気持ちが
じーんと心に沁みこんでくるような感覚

大切なものを失うって、こういう気持ちなのかな
チャッピーが、雲となり時に花となり
麺三郎さんを見守ってくれますように
*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*
2006.09.16(Sat) 21:45 | URL | オバ・・・・・・・・・・・キ

寂しいですね

うちも銀がいなくなって 一年ちょっと
今度のゴンにもあんまりやさしゅうしてないけど・・・・



チャッピー ゆっくり休んでね
2006.09.16(Sat) 21:51 | URL | とうやく

こんばんは 麺三郎さん
何と言って良いのか解らないです。
今は、ただただ、チャッピーさんのご冥福をお祈りします。
こういう事しか言えなくて申し訳無いです。
2006.09.17(Sun) 01:40 | URL | ナオちゃん

もとpさん、ありがとうございます。
チャッピーは高知の霊園に入れてあげようと思ってます。
一夜明けて、静かな朝を迎えました。
玄関に立つとまだチャッピーがそこにいるようです。

2006.09.17(Sun) 08:47 | URL | 麺三郎

いっけんさん。
二枚の写真は連続写真で、
他の雲とはまったく違う動きをしていて
本当にチャッピーのようでした。
もう立てなくなっても最後の最後まで
見送りと出迎えをしてくれようとして・・・。
分かってはいたことだけど・・・
こんなに辛いとは思いませんでした。



2006.09.17(Sun) 08:53 | URL | 麺三郎

オバキュウさん。
息子に訃報を知らせて時、
息子と戯れるチャッピーを思い出し
不覚にも泣いてしまいました。
この記事を書いているときも
自然に涙が涌いてきて・・・
昨夜は二人で泣き通しでした。
今、こうやってコメント書いていても・・・。
チャッピーは大切な家族の一員でした。



2006.09.17(Sun) 08:58 | URL | 麺三郎

とうやくさん。
わし悲しい!
涙の数だけ、酒を呑みました。
もっともっとチャッピーと遊んであげたかったです。
歳をとったから、そろそろ部屋犬に
しようと話合っていた矢先でした。
ゴンちゃん大切にね。



2006.09.17(Sun) 09:04 | URL | 麺三郎

ナオちゃん、
お気持ちありがとうございます。
あと2・3日はいろいろなことで
チャッピーを思い出しそうです。
やけに静かな家が寂しいです。





2006.09.17(Sun) 09:12 | URL | 麺三郎

とうやくさんから手術の結果を聞いてたけど
早かったですね。
こんなに愛されてチャッピーは幸せだったと思います。2006.09.17(Sun) 10:09 | URL | 無限☆絵金

無限☆絵金さん。
ありがとうございます。
もう一回でいいからチャッピーと山歩きがしたかったです。
うれしそうなチャッピーが見たかった。


2006.09.17(Sun) 14:38 | URL | 麺三郎

麺三郎さんの切ない気持ちを写真と文から分けてもらいました。
麺三郎さんに出会えてチャッピーは幸せだったんだろうなと
一つ一つの言葉を読んでいて思いました。
夏のような青空にポカリと雲が浮かんでいたら、僕は会ったことは
ないけれど、「チャッピー」という名前を思い出すことがあると
そんな気持ちがしています。ご冥福をお祈りします。2006.09.18(Mon) 00:35 | URL | たま

たまさん、ありがとうございます。
最後は見守るだけで、何もしてあげられませんでした。
具合がよくないのに、僕や妻の呼びかけに
反応するチャッピーが愛おしくてたまりませんでした。
亡くなる前日、息子に容態をメールするために
妻がカメラを向けると
スクッと起き上がりレンズを覗きこんだそうです。
いつもはカメラ嫌いなのに・・・。
チャッピー、息子に会いたかったのでしょうね。
火曜日には息子も大阪から駆けつけてくれます。
まだまだ大丈夫だと思っていたのに
間に合いませんでした。



2006.09.18(Mon) 01:23 | URL | 麺三郎
涙そうそう

麺三郎兄ちゃん、家内がブログを読んで、ずっと泣いています。
ただただ、チャッピーのご冥福をお祈りします。2006.09.18(Mon) 11:33 | URL | 土州屋麺九郎

麺九郎、ありがとう。
奥さん、ありがとう。
わしもまた涙がでてきたよ。
論理的に割り切ろうと頭の中では思ってけど、
心が勝手に暴走しよる。
つらいでえ。
可愛さの100倍辛い。
自責の念で1000倍辛いで。


2006.09.18(Mon) 11:49 | URL | 麺三郎



。。。。。。ぐすっ。

。。。。。言葉が見つかりません。

チャッピーは、緑あひるさん家族と一緒で幸せでしたね。
どうか、自責なさらないで下さい。
きっと、チャッピーもそう思っていると思います。
忘れないでいてくれる。。。それだけでも、チャッピーは嬉しいと
思っています。。。
今日は、会いたかった息子さんのも会えて。。。
良かったね、チャッピー。

・・・・・合掌。





2006.09.19(Tue) 10:25 | URL | 純金のおねえさん

純金おねえさん、ぐすっです。

今日は息子と酒で飲み明かします。

思い出話に、また  ぐすっ。


2006.09.19(Tue) 12:42 | URL | 麺三郎
Post Comment
管理者にだけ表示を許可する
Trackback
URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。