上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最初はちょっとした出来心からだったんです。

ドクター多度津に処方して頂いた、
強力抗タピオカ抑制剤・タピフルも底を尽き、
全店制覇維持活動の重いプレッシャーが背後からひたひたと迫り、
重圧の淵、私は転がる石のように、暗黒の谷底に堕ちていったのです。


DSC100320-31.jpg
DSC100320-29.jpg
DSC100320-28.jpg
DSC100320-27.jpg


最初は軽い気持ちで
「ヌードル1・カケタピファナ」から始めました。
タピファナ特有の心地よい滑らかな喉越しが、
私を暗い重圧から解き放ってくれたのです。
救われたような気持ちでいっぱいでした。
場所は今でも鮮明の覚えています。
太陽がとても眩しい観音寺の街中でした。
一緒にいた息子の
「父ちゃん、それだけはやめて!!!
父ちゃんは白いうどんの世界に生きて、
僕の道しるべになって」の声にも耳を傾けず
私は黒饂飩の世界に脚を踏み入れてしまったのです。


DSC100403-46.jpg
DSC100403-45.jpg
DSC100403-44.jpg
DSC100403-43.jpg

次に手を染めたのは
「ヌードル2・カマアゲコカタピ」
東かがわで上物が出回っていると聞き
わざわざ現地まで出向きました。
一度得た快楽がエスカレートしていくのは
自分でも分かっていました。
でもどうすることもできない欲求と欲望が、
私を支配しかけていたのです。
自分が自分でなくなる恐怖と、快楽への誘惑。
良心という名の、心の葛藤がこの頃にはまだありました。


DSC100403-50.jpg
DSC100403-49.jpg
DSC100403-48.jpg
DSC100403-47.jpg

深く堕ちてゆく自分を
客観的に冷静に見つめることが
できるようになったのはこの頃からでした。
堕落という尊厳の放棄よりも
粉の誘惑の方が勝っていたのです。
渋谷センター街の若者の間で
密かに流行っている通称タピード。
「ヌードル3・タヌキタピヒネ」
三木の遊戯施設の駐車場の一角で手にいれました。
もうここまでくると完全に自我が崩壊していました。
国内産粉の艶や腰、包丁切り完全手作り、
もうそんなことはどうでもよくなってきていました。
熱湯に浸すだけで安易に快楽が求められる
スピードだけを追求するようになっていました。


DSC100417-31.jpg
DSC100417-29.jpg
DSC100417-30.jpg
DSC100417-28.jpg

ジャンキー達の間で生死の境と囁かれる
レベル4のデッドライン。
ここから先は常習性と中毒症状が急激に増す世界です。
「ヌードル4・テンプラアヘタピ」
丸亀の青い売人の情報で、
彼の縄張りの土器川河川敷の中規模ショッピングモール近くで
手に入ると聞いて、すぐさま出かけました。
油性のまったりとした幻覚作用が長時間効き、
食欲や睡眠欲、性欲までの制御し、
タピ欲求のみが脳と神経を支配するようになりました。


DSC100417-27.jpg
DSC100417-26.jpg
DSC100417-25.jpg
DSC100417-24.jpg

こうなると更なる刺激を求め、
私は、県内の街から街を徘徊しました。
坂出にインド原産・高純度の粉があると聞きつけ、
震える手を抑えながらハンドルを握りました。
脈拍は低下し、意識も朦朧としていたのでしょう、
どこをどう走ったかは覚えていません。

気がつくと、食べ終えた
「ヌードル5・カレーヒロタピポン」が目の前にあり、
口中には痛い程スパイシーな刺激が広がり、
爆発的に込み上げてくる幸福感と、
丼の中で踊る小さなインド人達の幻覚が見えました。


DSC100410-6.jpg
DSC100410-5.jpg
DSC100410-2.jpg
DSC100410-1.jpg

行き着いた先はレベル6。
もう引き返すことのできない
奈落の底まで辿り着いてしまったのです。
入手困難とされていた
「ヌードル6・ニクタピシャブ」ですが、
意外と簡単に、高松市内で手に入れることができました。
初夏を思わせる、あたたかい春の午後でした。

タピ成分による、極上の喉越しが
私を天国にいざなうように優しく包み
胃袋がタピで満たされていく感触が
体内の細胞のひとつひとつに沁み渡ってゆきます。
そこには、
三千年続いた永く暗く冷たい氷河期が解凍し訪れた
春のような多幸感がありました。
肉片が蝶のように空を舞い
出汁のミストが三十数色の虹を描き、
葱が色とりどりに咲き乱れ
白い麺線達が温泉と共に大地の割れ目から
うごうごと生まれ出る理想郷。

私はここから帰りたくない。
私はこのままここで
朽ち果ててゆきたいという感情が生まれました。



その時です。
体内の暗い宇宙から
黒いフォースが一挙に放出され、
生まれたのです。
サヌキン・ウドンクオーカー。
別名ダース・アッカンベーダー。








↓ ザ 2010 6ヌードルズ エピソード1 プリーズワンポチクリックヒア サンキュー

スポンサーサイト
Comment

とうとう・・・・
恐るべし、タピ地獄!
2010.04.19(Mon) 12:57 | URL | めいてる

めん六や・・・
常用性の高いタピオカうどん(別名:黒いうどん)に手を出してしまったんですね・・・


青い帝国が着々と維持活動を進行していく中、
抵抗を続けていたじぇ~~むす軍であったが、
帝国からの度重なる黒いうどんへの誘惑に敗れダークサイドに身を委ねたか・・・
遂に中讃最大勢力、ブルースタアが率いる「青い帝国」の
暗黒のフォースに呑み込まれてしまったのですね。。。

ワシは断固抵抗し続ける!!!
黒いうどんを排除し、真っ当な白いうどん帝国を築きあげるのじゃ!!!


HNもサヌキン・ウドンクオーカー(別名:ダース・アッカンベーダー)に改名ですか???
羽釜型ヘルメットを着用し、怪しい息を吐きながら「ズゴー、ズゴー」とうどんをすする、
じぇ~~むす師匠の悲しいお姿を拝見することになろうとは・・・


この後、暗黒のフォースに堕ちたダース・アッカンベーダーが
正しいフォース(白いうどん)に導かれ、華麗なる復活を遂げる最終章!!!
「じぇ~むすの帰還」はあるのか???

2010.04.19(Mon) 13:03 | URL | たぁ

めいしゃん。
タピ迷宮地獄じゃ~~~!!!
めいしゃん
あなたのごく身近にもタピは潜んでいます。
気をつけて~~~~~!!!
たぴてるさんにならんといてよ~~~~!!!


2010.04.19(Mon) 20:25 | URL | じぇ~~むす

たぁさん、
ついに踏み入ってしまった黒饂飩界だす。
ダース・アッカンベーダーは
葉釜ヘルメットの上から
片目に人差し指を当て、目尻を下げ
べ~~~~っと舌をだす必殺技があるだす。
ちょっとお茶目な暗黒のフォースの持ち主だす。



2010.04.19(Mon) 20:45 | URL | じぇ~~むす

よくやった、ジェームズ・バウアー君。
組織壊滅の為、自らタピ中になって、組織に
潜入とは。あと24h以内にボスを倒して
解毒剤を打たないと、・・・・・・・・2010.04.19(Mon) 23:35 | URL | Dr.多度津

Dr.多度津先生、おはよ~~~!!!
げげげげげ、24h以内とはっ!!!
ボスとは、誰なんでつか~~~~~!!!
分からんですう~~~!!!
こうなればっ!!!
怪しい連中を次から次へと・・・!!!

明日の朝刊
タピ中患者・丸亀連続麺棒殴打事件!!!
34人重軽傷
犯人ジェームス・バウアー
『黒いうどんの神がやれと言った』

Dr.多度津先生、
そうならないように12h以内に
解毒剤を~~~~~!!!







2010.04.20(Tue) 05:33 | URL | じぇ~~むす

おはよー!!!

ダース・アッカンベーダー君!!!


黒うどん界のボスは身近に潜んでいる可能がある!!!
そう、もしかすると土州屋家の冷凍庫にも密かに潜入しているかも。

そこに居なければ、ヤツは遥か西の地に君臨する巨大要塞『カト基地』にいる!!!

カト基地に潜入し、ボスを倒し(黒うどん5食を一気喰い(笑))、正しいフォースを手に入れるのじゃ!!!

健闘を祈る!!!



to多度津先生
ボスは加ト吉でええでしょうか?

2010.04.20(Tue) 06:11 | URL | たぁ

ダース・アッカンベーダー君
暗黒の帝国へようこそ! 待ちかねたよ。
どうかね?深く暗い限りなく黒に近いブル~な世界は・・・
落ちるとこまで落ちてしまえば、なかなか居心地がよかろう。ふぉふぉふぉふぉ

さぁ一緒に白うどんジェダイ聖堂を破壊しにいくのじゃっ!!2010.04.20(Tue) 17:28 | URL | 皇帝ブル~パルパティーン

フォーク&ナイフで
人類に進化しようとした
直立かき揚げを食おうとした
フォーク・ウドンクウたぁ~~?さん
(↑一応、ルーク・スカイウォーカーのシャレね)

わしの深夜の空腹を満たしてくれ
孤独な単身赴任生活の夕食を楽しませてくれた
あの、加藤吉右衛門さんが
暗黒のエンペラーだったとは!!!
育ての親が梅宮達也で
実の父が田中邦衛だった時のような
オドロキですっ!!!



2010.04.20(Tue) 20:09 | URL | じぇ~~むす

皇帝ブル~パイパイセブンティーンさん!!!
今日はインドネシア産のタピ100%
血管注射で摂取しました。
目の前は青乳ばかりの幻覚が~~~!!!
ええね~~~~~。
深く暗い限りなく黒に近いブル~な世界は~~~~!!!
もう宮武にはいけ~~~~ん!!!




2010.04.20(Tue) 20:14 | URL | じぇ~~むす
Post Comment
管理者にだけ表示を許可する
Trackback
URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。