上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DSC100620-3.jpg

大好きな「あたりや」のひやひや。
出汁温度は22℃。
これでほぼ「宮武系ひやひや出汁温度・黄金の22℃線」は決定かな。
外気温が高いと、人に優しく、ひんやりとした冷たさを感じさせてくれる温度だね。
24℃だとぬるく感じてしまう。
「ひや」と「ぬる」のギリギリボーダーラインで
ナチュラルな冷感を伝えてくれる逸品。

そう、冷蔵庫で冷やしたスイカというよりは
井戸水で冷やしたスイカを食べた時のような自然温度の冷たさ。
麺も出汁も無理なく味が引き締まる、絶妙の温度設定。
さすが、宮武ファミリー!!!


DSC100620-2.jpg
DSC100620-1.jpg

いつ食べても安定味と品質。
ファミリーの中でもブレが非常に少ない。
まさに「うどん鉄人」の創作する、頑固うどん。
旨いな~~~~~!!!

DSC100620-4.jpg

名品「藤原屋の天ぷら」
甘めの衣が、塩気のきいたうどんに
美味しく寄り添う。


DSC100620-6.jpg
DSC100620-8.jpg

あら~~~、ワンちゃんハウスが!!!
その名も「北斗神拳伝承者・ケンシロウ」
この日はおらんかったけど、みてみてえええ~~~~!!!








DSC100627-14-1.jpg

どあさなかにし~~~~!!!
土曜の朝も、早起き~~~~~~!!!
若い時は昼頃まで寝れてたのにな~~~~!!!

店内にいた若い兄ちゃん軍団。
いきなり、フラッシュたいてバチバチ写真とりまくり。
「いかんがな~~~~」っと思いつつ
フラッシュこそたかないが、自分も同じ行動をしてしまっているのだなと
昨年ぐらいから、冷静に考えるようになってきていた。
お店のリアルな臨場感を伝えたいと思っていたJアングルも
視点を変えれば、お店やお客さんのプライバシー問題もあるしね。

ブログを始めた当初は、きちんとお店の了解をとっていたが、
最近はおかまいなしにやってしまう場合もある。
初心にかえらなくてはね。今後、ちょっと方針を変えていこう!!!



manaさん。お約束の「じぇ~~むす写真修正講座」です!!!↓

DSC100627-13.jpg

[修正前]
なんの撮影テクニックもない、普通の写真でしょ。
「中西」は暗いので、こんなメリハリのない写真が多いです。

DSC100627-13-1.jpg

[修正後]
ピント調整→明るさ・コントラスト調整→彩度調整後、
麺や出汁・葱部分のピンホールハイライトを消します。

DSC100627-12.jpg
DSC100627-12-1.jpg

同じく[修正前]&[修正後]。
いつもこんな、感じなんですよ~~~!!!
画像加工ソフトは、ネット上でフリー(無料)のもあるので
ぜひ、試してみてね~~~~!!!
格段に表現力がアップして、写真を撮るのが楽しくなりますよ。


DSC100627-15.jpg

最近、ハマっている食べ方。
出汁が半分になったら、味の素投入。
劇的にマイルド化して、うまいね~~~~!!!
この日は最後に、醤油をポチョリ。
おおおおお~~~~~、さらに劇的変化。
マイルド醤油味でうまい~~~!!!
今度は、逆転の発想で
「醤油うどん」に、かけ出汁少し入れてみよう!!!




↓中西うどん食い履歴

DSC100410-26.jpg
DSC100410-21.jpg
DSC100410-20.jpg
DSC100410-23.jpg
DSC100410-24.jpg
DSC100410-25.jpg



DSC100403-5.jpg
DSC100403-4.jpg
DSC100403-3.jpg



DSC100429-8.jpg
DSC100429-4.jpg
DSC100429-3.jpg
DSC100429-2.jpg
DSC100429-6.jpg
DSC100429-7.jpg




DSC100627-26.jpg

足のリハビリ、砂浜ウォーキングを兼ねて観音寺へ。

昼飯は大繁盛店の「つるや」
回転がいいから、ほぼ茹で立ての活うどんに出会える。
↑これが、人気の秘密だね。

DSC100627-18.jpg

噂の「黒おでん」
おでん鍋はほんとうに真っ黒。でも、意外と味は淡白。
特性味噌ダレをつけると名古屋風。

DSC100627-24.jpg
DSC100627-22.jpg
DSC100627-21.jpg

かけうどん200円。
一般店でこの価格はめっちゃ良心的!!!
好感度アップ~~~~~~!!!!
学生さんも多いのに納得。幅広い世代に愛されるうどん屋さんです!!!
出汁は高松方面で言うと、屋島の「善や」に似てるかな。
イリコは控え目、昆布と鰹のマイルドテイスト。
麺は柔らか系「善や」を数段硬くしたもっちりおうどん。
どこか、宇高連絡船うどんにつながるノスタルジックな味を感じさせる。
ほのぼのしみじみ、美味しい!!!


DSC100627-19.jpg

こちらは、つけめんうどん250円。
麺:ひや 出汁:あつ





DSC100627-30-1.jpg

砂浜ウォーキングでお腹が空いて再び「つるや」へ。

DSC100627-29-1.jpg
DSC100627-28.jpg

昼間、前の席のおっちゃんと横の席の学生さんが
大盛り食べていて、めっちゃ食欲をそそられた肉うどん400円。
甘めの味付け。


DSC100627-33.jpg

昼間、横の奥さんが
食べていて、めっちゃ食欲をそそられたカレーうどん400円。

DSC100627-32.jpg

[画像修正前]

DSC100627-32-1.jpg

[画像修正後]
カレーはこんな感じです。manaさん。

DSC100627-31.jpg

けっこう、ターメリックのスパイシーな香りが!!!
食欲をそそるな~~~~~~~!!!



DSC100626-1.jpg
DSC100626-2.jpg

ウォーキングの休憩時間に、緑あひるが掘った「オバケあさり」
左のちっちゃいのが小ぶりの一般サイズ!!!
このあさりがまた、プリプリで旨いこと旨いこと!!!























スポンサーサイト
Comment
あたりやのひやひや
あたりや創業時に一度13~4年前位やったかなー
恐るべきの本を片手に、ひやひや始めて食べたうどん屋さんでした。
座敷と生姜がそのまんまや~
今年の夏ひさしぶりに ひやひや食べに行こう^^2010.06.28(Mon) 13:48 | URL | 太美吉

太美吉さん、おはよ~~~!!!
おおおおお、あたりやの創業時に行かれたとは!!!
大将、めちゃくちゃ、やんちゃやった頃ですね。
「やまうち」を超えたの爆弾発言当時かな?
いや~~~~ほんまに
座敷も生姜も出汁の味も当時のままですよ。
今年の夏、ひやひや、ぜひぜひ!!!



2010.06.29(Tue) 05:24 | URL | じぇ~~むす
Post Comment
管理者にだけ表示を許可する
Trackback
URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。