上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DSC06027_1.jpg
DSC06023_1.jpg
DSC06029_1.jpg

だいぶ涼しくなってきたので
今日はブラブラ歩いて近くのうどん屋で昼食。
うどん小100円。唐揚げ(って書いてるけど天ぷら)40円。安い。
サラリーマンの味方やねえ。
この唐揚げ、ニンニク醤油がきいて美味しい。
他にもミニ牛丼があったりなかなか面白い!

ほんでもってブラブラ歩いて帰っていると・・・。
むむむ、知らない店発見。
でも、営業してるけどうどん屋らしからぬ店内。
今度じっくり調査してみよう。
香川にはまだメディアに登場していない
こんなお店がいくつかある。





スポンサーサイト
Comment

香川のうどんの単価は昭和50年代の話か?と思うようなのがざらにありますよね。池上の70円にもしびれちゃいました。
ワンコインでカップラーメンよりもおいしくて健康的なうどんがマクドよりもたくさんある香川県、ステキ過ぎます。
麺三郎さんの了解をいただく前に「そこ手打ち!」にリンクさせていただきました。ダメと言っても、リンクは削除しませんので。(爆)2006.10.23(Mon) 08:29 | URL | たま

ん~、これがホントの香川のうどん屋じゃ!という店ですね。新発見の店?の続報も楽しみです。

         一般人1ヵ月一万円生活、うどん代100+40で残金わずか・・・・・?
 2006.10.23(Mon) 10:10 | URL | やまちっち
うどん市場と・・・・

うどん市場いう屋号のわりには
店構えが控えめじゃね・・・・・!

2006.10.23(Mon) 10:12 | URL | いっけん

たまさん、い~~~~いでショ~~~~。
350円で巨大な角煮が乗った店もあるし
まさにジャパニーズ・カガワ・ファーストフードです。
いかにしてこのような激安ファーストフード文化が生まれたか?
わしは生涯をかけて研究してみたい課題のひとつです。

リンクありがとうございます。
早速「りんく、うんいいよ契約書」お送りします。


2006.10.23(Mon) 19:53 | URL | 麺三郎

やまちっちさん、
謎のうどん屋、近日調査開始。
一人じゃ恐いから一緒にいって。

一般人1ヵ月一万円生活。
よく考えると、土州屋財閥御曹司ということに気がつき
財閥人1ヵ月三千万円生活に切り替えました。
残金二千九百九十九万九千八百六十円。
あした瓦町のうどん屋買おうかな。

2006.10.23(Mon) 20:00 | URL | 麺三郎

いっけんさん。
お店の写真は別のお店です。
でも本当のうどん市場もあんまりかわらん。
あんまりりぐらんとこがええねえ。
店内は天ぷら置き場が若干市場風です。
天ぷらを取るトングがゴムでビヨンビヨンなるのも
市場風でしたびよ~~~~ん。



2006.10.23(Mon) 20:16 | URL | 麺三郎

この謎の店。

あ、怪しい…

この物置の微妙な傾き具合が、道行く者にめまいを起こさせ、店内に導く…。

そんな陰謀を感じる…。

2006.10.23(Mon) 21:46 | URL | 鈴丸

鈴丸さん、物置きと思うのはまだ早い!
玄関かも。
地下に続く入口かも・・・。
そこにあるものは、釜揚げ地獄か、手打ち100回の刑か
はたまたお釈迦様がたらす揖保の糸にすがるカンダタか


2006.10.23(Mon) 21:59 | URL | 麺三郎

まだまだ、甘い

店の入り口なんてこれは、テントがあるじゃん

とうやくうどんは
場所がわかっても営業時間未定 不完全予約制
寒くても壁無し、飲み物、トッピング持込OK
(そうしないと、家にはない)

究極のうどんやねぇ

食べれた人は、幸せ一杯夢一杯
わたしゃ、残ったうどんで 腹いっぱいです!!


あ~~~  香川のうどん喰いて~~


PS、今日の仕込から雀の割合が白椿を越しました ちなみに3:2です

2006.10.24(Tue) 00:27 | URL | とうやく

とうやくさん、
耳元で蚊がブンブンゆうて目が覚めた。
午前3時。眠れん。
北風ぴゅーぴゅー、
大きな釜を囲む、極寒のとうやくうどん。
そんな夢をみながら再び眠りにつきます。

あーーーーーとうやくうどんくいてえええええ


2006.10.24(Tue) 03:52 | URL | 麺三郎
Post Comment
管理者にだけ表示を許可する
Trackback
URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。