上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20120520-0.jpg

朝早くから高速を使わずR32号で
高知まで帰る日の定番朝うどんとなってしまった「池内」
7時前から食べられる。

以前はここの近場の「山越」「長田」「山内」でも
早朝8時台から食べれていたけど
今は営業時間変更で食べられなくなってしまった。
早朝から讃岐うどんの名店をはしごして
ちょっとだけ贅沢気分になって高知に帰っていた黄金の日々が懐かしい。

写真は池内の常連さんのスバル。
池内のマスコットキャラクター的存在だね。
最近、見かけなくなったのでちょっと寂しい!!!


20120520-6.jpg

常連さん専用の食卓。
憧れる~~~~。いつかわしもここで食べてみたい!!!
初めて池内に訪問した時、
こっち側の正面玄関から入ってしまい、
どうしていいか分からなくてオロオロしてると
「そっちちゃう!むこうからまわって!!!」って怒られて
トイレ横の細くて暗い通路を通って釜場に行くと
「なにすんな」っと、ちょっと恐いきつい口調で言われて
「あっ、う、うどん、小で・・・」
「1玉やな、あついんな、つめたいんなっ」って
ちょっとまたまた突き放すような冷たい口調で言われて
も~~~ビビりながらうどんを食ったな~~~~。
当時、十数年前はちょっとおっかない雰囲気があった。

※讃岐弁って県外人にとって慣れないうちはちょっと
きつく聞こえてくるんです。


20120520-1.jpg
20120520-2.jpg

今では店員さんも少し入れ替わり
客の誘導や接客姿勢もかなり感じがよくなってきた。
まあ、突然訪れた讃岐うどんブーム。
田舎町の小さな製麺所が「恐るべきさぬきうどん」「桃源郷うどん」の
影響で県外客までなだれこむ人気店に急速展開。
お店の人たちの、戸惑いや困惑も多いにあったに違いない。
心ないお客によって、嫌な思いも味わっただろうな。

奥の打ち場。一度だけ大将とおぼしき人が
うどんを打っている姿を見かけたことがある。
池内の製麺行程はいまだに謎が多い。
卸しも含めて相当な量。
めちゃくち早くから仕込んでいるんだろうな~~~~。



20120520-7.jpg
20120520-4.jpg
20120520-5.jpg

正味6畳ほどの直角三角形飲食スペース。
朝7時、開店と同時にから次々とお客さん。
ピーク時は立食いする人まで。
この時間帯は筋肉隆々系のお客さんが圧倒的に多い。
注文が決まってアベック。
うどん1玉とそば1玉をぐっちゃぐっちゃに混ぜて食らう!!!
しかも必ず、うどんかそば1玉をおかわり。
強者は二度目のアベックに挑む。
圧倒的食欲を見せつけるうどんアスリート達。
讃岐独特の朝食風景だ!!!
中には上品そうな地元マダムがアベック2玉たべて
うどん1玉おかわりする光景も。
恐るべし讃岐うどん県民!!!
見ているこっちも、胃袋に汗をかく。


20120520-8.jpg
20120520-9.jpg
20120520-10.jpg

池内と言えばやっぱり、
他店にはない独自のロケーション。
木々の合間から遠くに長閑な田園風景。
足下には澄んだ水を張った池がある。
そこには、残りうどんを食べてまるまる育った鯉。

冬には寒風吹く中、うどんから立ちのぼる湯気を見つめながら、
夏には池と木立を通ってやってくる涼風を感じながら、
屋外で自然と季節を感じながら美味しくうどんを食う。
これが池内の醍醐味!!!


20120520-11.jpg
20120520-12.jpg
20120520-13.jpg

池内を訪れる人々。
常連さん達をよく観察してると
やっぱり、肉体的もしくは精神的に
体育会系的雰囲気の人が多いかもしれない。

その理由は池内特有の麺質。
どちらかというと硬い麺質に分類される池内麺。
しかしだだ硬いだけではない。
無理に鍛えてガチガチに硬直した筋肉ではなく、
無駄のないプログラムをこなし鍛えられた
しなやかさを持った優秀なアスリートの筋肉に近いのだ。
そう奥歯をポンと跳ね返す弾力。跳躍力かんじる麺質・硬さなのだ。
その濃い小麦粉の風味と相まって旨さへの跳躍力が爆発する。

うどん体育会系の人々は
無意識にそれを感じとっているんだろうな。


20120520-14.jpg
20120520-15.jpg

池内人気メニューのひとつ「アベック」
県内でもアベックを提供している店舗はいくつかあるが
ここほどアベックがでているお店は珍しいかな。
その秘密は、やっぱりそばの旨さ。そばの風味が断然強い。
麺の粘気から言うと配合的には
そんなにそば率は高くないかもしれないが旨味は充分。
そばの品種が違うのかな。

そして出汁。
かなり醤油っ気が強く、かなり塩っぱい。
奥にほのかな鰹の甘み。
このトンガリすぎた出汁が苦手な人も多い。
一般的な讃岐うどんのぶっかけ出汁というよりも
そばのつけ出汁的傾向の味わい。
うどんだけに標準を合わすのではなく、そばも視野に入れた調合。
これがアッベックを旨くする秘密なんだろう。

塩っぱく感じる人は
入口左横にある冷水機からコップに水を注ぎ、
好みの味になるまで薄めてください。
ええ感じになりますよ。
(実験済)

そして今後のオーダートレンド。
「アベックぬくいんで」とか「アベックあついんで」はもう時代遅れ。
これからのトレンドはこうだ!!!
若い熱々のカップルは「あつあつアベック」と
ヒロミゴーのア~~チッチの振り付けでオーダー!!!
倦怠期の中年カップルは「つめたいアベック」とオーダーしてください。

ちなみにみどりあひると二人で行った時。
「あつあつのアベック」と注文したが、
「ま~~~あんたらみたいな注文のしかたやね」というリアクションもなく
まったく受けんかった。
(実験済)


20120520-16.jpg
20120520-17.jpg
20120520-18.jpg
20120520-20.jpg
20120520-21.jpg

う~~~~ん!!!
ビューチフル・マイルドマッスル・ウッド~~~ン!!!


20120520-22.jpg
20120520-23.jpg

う~~~~ん!!!
アイラブ~~~・マイルドマッスル・ソバア~~~~ン!!!


20120520-24.jpg

昨日も高知帰りに行ったけど
残念!!!臨時休業でした!!!
池内よ、永遠に!!!














スポンサーサイト
Comment

TOSAにおるワシのうどん兄弟の一番のお気に入りが池内!!!
ムッタムッタ、いやムッチムッチのマッスルうどんは
うどん巡礼には絶対外せないと言うちょります!!!
しっかし、相変わらず旨そうなうど~~~ん!!!
この写真見たら、自家用ロケットですっ飛んでくるかも~~~!!!

最近、ワシとじぇ~ん、ケンタッキー・・・
ちゃう、倦怠期なんやけど
「あつあつのアベックしに行こう」言うたら
一緒にうどん屋に行ってくれるやろか~~~???




2012.05.20(Sun) 17:18 | URL | Mr.ちゅるどれん

Mr.ちゅるどれんさん
ムッタムッタという表現はグレートかもね。
少しヘビーな池内麺、ムッチムッチよりいい表現かも。
これからは、兄さんと共に
池内グレートムッタ麺と呼びましょう。

ケンタッキーなお二人に池内の
あつあつアベックはおすすめじゃよ~~~~。
白い麺と黒い麺がくんつほぐれず絡み合う姿に
あの熱き情熱が燃え盛る日々を投影するはずです!!!
Mr.ちゅるどれんさん、明日、金環食で黒く日焼けして
強引にでも色白のじぇ~~んさんを連れて池内に!!!
さすれば、二人の金環食も近いはずです!!!




2012.05.20(Sun) 17:43 | URL | じぇ~~むす

じぇ~~むすさん、こんばんわ。
池内でここまで語るとは。。。。。いやはや。。。。

ほんま、だし からいんのよね。。。。

かけだしで食べてみたい!!
普通のしょうゆで食べてみたい!!

一度 実践せねば。。。。
ああああ、また課題が。。。。。(笑)2012.05.20(Sun) 23:38 | URL | cobara

cobaraさん、おはよ~~~!!!
そうなんですじゃ
わしもそう思いよったとこながです。
かけ出汁は池内のを水でかなり薄めて実験済みなんですが
しょうゆはまだなんや。玉買いして試してみんといかんね~~~。
かけ出汁も欲をいえば「松岡」あたりので食べてみたい!!!
ゆめの「池内」「宮武系」コラボやね~~~。



2012.05.21(Mon) 05:51 | URL | じぇ~~むす

スバル360 小学校の頃 親父が学校の先生に売りまくってたな~
そのうち 先生の大部分が親父の顧客でスバルまみれになっとった(笑^)
池内のダシ 薄めるんが正解じゃったんか~(爆^)
2012.05.21(Mon) 20:23 | URL | おっさんうど〜ん

おっさんさ~~~~ん
谷村新司に「昴」を売ったんも
おっさんさんと~~ちゃんやったんかな~~~~~!!!
すばる長者じゃないですか~~~~~!!!

濃い物は薄める!!!
自然の摂理ですう~~~~~~~!!!
薄め過ぎたらテーブルの上の醤油を足してね。
そう言えば昔、
あのからい池内出汁に醤油をたしている人
見たことあるな~~~~~。
プラス志向やな~~~~~~~!!!







2012.05.22(Tue) 19:04 | URL | じぇ~~むす
Post Comment
管理者にだけ表示を許可する
Trackback
URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。