上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DSC06573_1.jpg
DSC06569_1.jpg

徳島うどん、もう一杯。
珍しいコンニャク天。
しかしこれ、コンニャクって滑るから衣がすぐに剥がれて、
コンニャクおでんうどん巨大天カス付きになった。

この辺のお出汁は独特の甘みがある。
味醂の甘みではなく、醤油?いや、もろみのような・・・。
対岸のうどん屋も数軒食べたけど、同じ傾向。
なかなか濃いあじだなあと思っていたら
後ろの家族連れが
「ここのうっすいなああ」
と言ってました。
確かにかなり讃岐風。
対岸の「のぶ」に比べたらかなり薄い。
この地域の人々は濃くて甘いのが好みのようです。





DSC06593_1.jpg
DSC06592_1.jpg
DSC06594_1.jpg
DSC06595_1.jpg

この周辺、ここ1~2年でうどんの新店がめちゃくちゃ増えている。
800m毎に新店みたいな感じ。スゴイ。
ちょっとした、うどんブームみたいだ。

三丁目さん「田舎家」は
二枚目と三枚目の写真のお店の中間ぐらい?にあります。
これを目印にね。




スポンサーサイト
Comment

なんでも天ぷらになるんやね~。ちゅうか山間部ゆえタネがこんにゃくしかなかったのが発祥とか?
また天ぷらの世界が広がりますね~。みんなの創作天ダネを語らなければいけません。
 2006.11.08(Wed) 11:33 | URL | やまちっち

↑高知ホルモンのホルモン天ぷらも
なかなか変わったショッカーで
イッ 食感でよかったですよ。
やまイッイッさん。

いかん!ショッカーであることがバレるとこやった。

自宅製作のとり皮天もなかなかですう~~~~。




2006.11.08(Wed) 19:17 | URL | 麺三郎
Post Comment
管理者にだけ表示を許可する
Trackback
URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。