上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DSC0979611.jpg
DSC0979825.jpg

愛宕交差点近くにある屋台のラーメン。
屋号はない。通称「愛宕ラーメン」
僕たちの間ではそう呼んでいる。
随分昔から営業しているけど
いつの頃からあったかは思い出せない。
以前は同じ愛宕通りの北寄りの
場所でやっていたような記憶がある。

此処に来るとなぜか
昭和の時代にタイムスリップしたような
不思議な気持ちになれる。
使い込まれ古びた屋台。薄暗い照明。
昔ながらの深く優しい味わい。

熱くないようにと、丼の底に手ぬぐいを添えてくれる心配り。
そう、四人掛けのテーブルはひとつだけ。
残りのお客は、椅子に座ってずっと丼を持ったまま食べるスタイル。
これも何故か懐かしい。
寒い冬の深夜には、車までラーメンを運んでくれ車中で食べることもできる。
なんだか高知の夜の名物的光景だ。
味は鶏ガラベース。麺は柔らかめ。スープは最後まで飲み干せるぐらい淡く好みだ。
味もスタイルも、シンとした空気感と温かな雰囲気が同居するこの場所いいなあ。
ずっと変わらないことの凄さや強さを感じる一杯だ。
「唯一無二」って言葉が浮かぶ。確かに他にはないモノがある。
このまま同じスタイルで、何年も先まで続けてもらいたい。屋台の名店だと思う。

DSC09796_122.jpg 









スポンサーサイト
Comment
みんなが知ってる店かも
あたごかぁ~!若き日には夜といえば愛宕族・・・のマネをしてはるばる田舎から夜中にでていったものです。腹が減ったらラーメン(それが目的だったとも・・・)
その頃は「12時1時は宵の口」という合言葉だったのですが、よる年波には勝てず今はそんな元気も・・・・汗2006.05.01(Mon) 12:02 | URL | やまちっち

やまちっちさん、愛宕族懐かしいっす。
もう忘れてました。とおおおおおおい昔っす。
あの頃のパワーはどこにいったんやろ。
そのうちラーメン一杯食うのもやっとになるがやおか?
ああああ、哀愁トゥナイト!
今夜は寂しく酒でものむかあ。2006.05.01(Mon) 13:58 | URL | 麺三郎
愛宕族
街マイって奴ですね♪(o=゜▽゜)人(゜▽゜=o)♪
あの頃のパワーもよる年波には勝てないって奴ですか(^▽^;)

でも・・・酒が入ればパワー全開ε=ε=ヘ(;゜∇゜)ノ ゴーゴー♪
2006.05.01(Mon) 21:27 | URL | 熊五郎

熊五郎さん、こんにちは。
昨夜の酒で復活いたしました。
「街マイ」?はじめて聞いた。世代が違うと呼び名も違うんや。
へえ~~~。
愛宕族を卒業したわしは、海を渡り、習志野族になっとったけん
その後の愛宕事情にはうといのよ。

2006.05.02(Tue) 08:13 | URL | 麺三郎
Post Comment
管理者にだけ表示を許可する
Trackback
URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。