上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DSC09928.jpg

4月29日開店「食菜坊 六泉寺」 
なかなか面白そうな試みだったのでオープン前から興味津々。
六泉寺の急な坂道を登ると、その隠れ家がある。
とても静かで落着いた雰囲気の中、ランチをいただきました。
素材の旨味や風味を損なうことなく味付けされた、美味しく優しいお料理の数々には
職人の技を感じます。接客も丁寧で心地よく、いい時間が過ごせました。
コンセプト通り"家庭的なおもてなし"が魅力的です。

DSC09884_1.jpg

DSC09892_1.jpgDSC09895_1.jpg

DSC09898_1.jpgDSC09902_1.jpg

DSC09906_1.jpgDSC09917_1.jpg

●まずは「筍の梅肉和え」甘みの強い筍の先端部分に酸味控えめの梅が絡んで口中を清々しくしてくれる。
●めちゃくちゃ脂がのった「鯵のたたき」濃厚な甘みが先ほど清められた舌の上に広がる。
前品とはとてもいいコンビネーション。茗荷の辛みと清涼感が隠し味。
●「小松菜としめじの煮浸し」野菜の香りが広がり、春の息吹きをイメージする一品。
●すごく懐かしい味わいのある「出汁巻き玉子」
●焼き物は味噌の風味がほのかに残る「鰆の西京漬け」香りも焼き加減も絶妙。
●天然塩でいただく「手作り豆腐」これも大豆の旨味が満開。豆腐好きにはうれしい美味しさ。
●そして「ご飯・古漬け・お味噌汁」
●最後のデザートは意表をつく「プリン」これが結構ガツンとくる。甘みが濃く美味しい!
これもとても懐かしい味わい。忘れていた記憶が微かに蘇る。
この充実の内容で1500円はとてもリーズナブル。お得です。
食後、葡萄ジュースとコーヒー(別料金)を飲みながら、お店の方達に開店前の苦労話や
これからの展望など、お話を聞かせていただきました。頑張ってくださいね。
今度は夜のコースに行かせていただきます。

(下4点 写真クリック拡大可)


DSC09876.jpgDSC09924.jpgDSC09910.jpg

DSC09925.jpg
お店の詳しい情報はこちらからどうぞ。

「六泉寺日記」
http://plaza.rakuten.co.jp/rokusenji/



スポンサーサイト
Comment
レポート御礼
「食菜房 六泉寺」のレポート、ありがとう。
おいしそうだね。見た目も鮮やかで、メニューもよく考えて作られているみたいだね。高まる期待。

一緒に行けたら良かったのに、こちらの都合で合流できずに、残念。
またの機会を楽しみにしています。
2006.05.03(Wed) 10:42 | URL | 土州屋麺九郎

麺九郎~~~。今度行こうね~~~~。
たまには、うどん以外のもの食べんといかんもんね~~。
夜も二階の席で、夜景を見ながら食べるといい雰囲気やと思う。
2006.05.03(Wed) 11:00 | URL | 麺三郎
Post Comment
管理者にだけ表示を許可する
Trackback
URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。