上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20060506160258.jpg

20060506161633.jpg20060506161755.jpg

3年前、埼玉副都心にある「JHON LENNON MUSEUM」に行く事ができた。
初めてジョンのソロアルバムを聴いたのは中学生の時だった。
「マザー」に衝撃を受けた。
英語の歌詞なんてさっぱり分からなかったが、何を伝えたいかは感性で理解できた。
絞り出すような切ない声。苦しみを伝えるかのようにシャウトするジョン。
鳥肌がたったのを今でも覚えている。
そらから僕はジョン・レノンに傾倒していった。
大人になってからも大きな影響を受けた。

大好きな言葉

IMAGINE

LOVE & PEACE


20060506160441.jpg

彼はごく普通の男で、人一倍努力家で、自分を自由に生きた人間だと思う。
本日夜9時、衛星第二でジョンに会える。




スポンサーサイト
Comment
番組教えてくれてありがとう
毎日のようにたも屋でBEATLESを
聞いていたので 条件反射で
ぶっかけを食べたくなりました・・・・(笑)

懐かしい曲を聴きながら
遠い昔の思い出に浸りながらテレビを観てました

後半のマンション前で射殺されたシーンのところから
不覚にも涙がでて止まらなくなりました

テレビのニュースで事件を知ってから
もうずいぶん時間がたったのですね2006.05.07(Sun) 10:29 | URL | いっけん

いっけんさん、こんにちは。
ジョン・レノン暗殺のニュースは
仕事中、ラジオのニュースで聞きました。
驚きを通り越してショック状態でした。
その後、ラジオから流れる"スターティング・オーバー"を
聞くたび胸が痛くなりました。

ジョン・レノン、今も生きていれば
"イマジン"を越える名作を
僕らに聴かせてくれていたんだろうな。

いろいろな思いが交錯し、今、涙が出てきました。

JOHN LENNON FOREVER




2006.05.07(Sun) 11:11 | URL | 麺三郎
Post Comment
管理者にだけ表示を許可する
Trackback
URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。