上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DSC00848.jpg

もう春ですね~~~。

DSC00804.jpg
DSC00808.jpg
DSC00815.jpg
DSC00819.jpg

二軒目。
なかなかアットホームなお店でした。
わしらの次に入ってきた
常連のお客さん二名におばちゃんが聞いた。
「今日はよっけ出てな、残り5玉なんや
小にする大にする」
「ほな小でええわ」とおじさん達。

もう一人、お客さんが来て
「今日はよっけ出てな、残り3玉なんや
小にする大にする」
「ほな小でええわ」とおじさん。

ここで「玉切れです」のプレートが入口にかけられた

ということは残り2玉。
働くおばちゃん二名の昼飯分がキチンと残りました。
めでたしめでたし。

おじさん達の「ほな」はおばちゃん達への気遣いやったんやね。


うどんの方は「温」にもかかわらず
かなりの弾力。口の中でブリブリいう感じの田舎の素朴系麺。
これ、ぶっかけ冷で喰うと凄いぞ!と思い
夏の青空と蝉しぐれの中、 ズズズズっと食す絵図を想像していた。
かけ230円。もちが入っている。


スポンサーサイト
Comment
またまた
これも好きです~。

素朴うどん そのものじゃないですか。¥230もイイ!

店名は、忘れたけれど餅入りのかけってどこかでたべたなぁ。
焦げ目が、無くって「餅」って食べるまで気付かなかった。

今から、何処行こうかな?2007.02.25(Sun) 10:26 | URL | ナイトウォ-カ-
思い出した!
送信してから思い出しました。

「餅入りかけ」ってここ「そらいけ」でした。近くの「道の駅」向かいのうどん屋さんは、堂々と冷凍うどんでしたが ここ「そらいけ」がオ-プンして期待一杯で注文したら冷凍うどんでした。4~5年前の話。その後、普通麺になってたって同僚から聞きました。

最近、記憶力がかなり落ちてる。2007.02.25(Sun) 10:34 | URL | ナイトウォ-カ-

「ほな」って事は徳島かなぁ きっと徳島?
それゆけ そらゆき 鳴ちゅるうどん~ あぁぁ行きたい思いがこみ上げる 2007.02.25(Sun) 11:17 | URL | サト

「そらいけ」はさぬき市のさぬき街道(県道10号線)から東かがわ市水主に入る道を右に曲がってすぐのところのお店ですよね?違いましたっけ?

入ったことはないんですが、よく前を通るので、へんな名前と思い覚えていました。
このあたりは徳島県に近いので「ほな」は標準語です。
そらいけってどこへ行けって言わはるん?
2007.02.25(Sun) 14:50 | URL | そらぱぱ

純情素朴うどん無頼派ナイトウォーカーさん
素朴うどんええよね~~~~~。
なんだか ほっとする。
素朴うどんは 町のほっとステーションですって
ローソンが言ったとか言わないとか。

部分ピンクのかまぼこが哀愁をそそり
もちが田舎感を最大限に演出し涙をそそります。

2007.02.25(Sun) 18:14 | URL | 麺三郎

思い出しましたか~~~~
ナイトウォーカーさん!!!
かけにもちが入っているところはそうそうありません。
それがきっかけで記憶回復回路のシナプス?たちが
手に手をとってコーラスラインをしてる様が目に浮かび
もう涙です。感動のクライマックスです。

えええ、一時冷凍うどんだったとは。
今はなんでも水にもこだわってやっているとか。
西植田の湧き水を使い
前日夕方5時から生地を鍛え一晩寝かせ
抜群のコシを作るそうです。

2007.02.25(Sun) 18:26 | URL | 麺三郎

サトさん
↓そらばばさんが親切丁寧に回答してくださいました。
「ほな」って良い言葉やね。
相手の質問に一拍の「間」を置き回答する。
「では」でもなく「しかし」でもなく
否定ではなく肯定の温かさがありますね~~~。
「ほな、いやじゃ~~~」と
肯定と否定が同居しても優しく感じます。

わたしは「ほな」な人間になりたい!!!

鳴ちゅるうどん たまさん来たら行こうかな~~~。

2007.02.25(Sun) 18:39 | URL | 麺三郎

そうですそうですそらばばさん。
ぴったしかんかん。

名回答ありがとうございます。
土地の方言の特徴までは分からないので
12時以降、
徳島・香川県境付近の言語ならびに
その文化の発展とうどんの歴史のついての調査に入っていました。
「ほな」の語源は
「そならば」がなまり「ほうならば」になり
「ほならば」までは突止めましたが
「らば」ゆうたら「馬」と「ろば」の掛け合わせじゃん?
という大き壁にぶつかり悩んでいました。
そこでそらばばさんの名回答!!!
九死に一生の思いでした。ありがと~~~。

「そらいけ」「どこにいけ」
う~~~~ん。
またまた大きな壁がわしの前に
アイガーのように立ちはだかる夜・・・・。

2007.02.25(Sun) 18:51 | URL | 麺三郎

「ほな」・・柔らかく良い響きの言葉ですね。それに丁寧語として、「あ」を頭につけるべきかどうか・・・・・・たぶん和んだ雰囲気から一瞬にして険悪になるのは必至かと・・・・

あほな!2007.02.25(Sun) 19:27 | URL | やまちっち

やまちっちさん
丁寧語の「あ」を用いるのは
関西地方 特に大阪浪花近辺に集中しているようですね。
さらに謙譲語の「ほんな」を用いれば
浪花おばちゃんセレブ御用達の
上流階級用語になります。
言葉とは地域の根付くもので
その力は未知数です。

ちなみに関東地方では
「ほな」五段活用「ほなね」「ほなの」等の内
「ほなみ」を用いると
東京ラブストーリーが爆裂するようです。
出張の際の「ほなみ」多用には
カンチ~~~~~~~です。


2007.02.25(Sun) 19:48 | URL | 麺三郎

なるほど、深いぞ日本語。

私がしゃべると時に不快2007.02.25(Sun) 23:36 | URL | やまちっち

やまちっちさん
日本語は深い。そして奥がある。
深層心理日本語学というジャンルをご存知でしょうか。
例えば「いやよいやよもすきのうち」
相反する言葉の中に二つの心理が隠されています。
好きだけど嫌
嫌だけど好き

ここで土佐人ならすき焼きを食べながら
「おまんが好きやき~~~~」といきます。
土佐夜話より
う~~ン実に奥ゆかしい!

2007.02.25(Sun) 23:46 | URL | 麺三郎
Post Comment
管理者にだけ表示を許可する
Trackback
URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。