上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DSC02860.jpg

DSC02857.jpg



変わることの重要さ。
変わらないことの大切さ。

どちらが重いわけでも、軽いわけでもない。
人は移気で新しいモノや考えを求めたり、
新たな力の恩恵を受けたがる。

ただ、此処に来ると
「そんなモノは、どうでもいいじゃないか」
という思いになる。

此処では何も変わらないまま、
時が流れていった。
テーブルの位置も、ヤカンの置き場所も
数十年前と何も変わらないのだろう。
大鋸屑を燃料にし釜を炊き、
練炭でその日の生業なるおでんを温める。

変わっていったのは
オバさんの顔に刻まれた皺の数と、
共に生きた家の埃と煤の重み。

この家の磨り減った木片と
積もった埃の量。
おそらくブラスマイナス・ゼロなんだろうな。
人生とは0・Samなんだね。
急いで生きても、ゆっくり生きても
最終的に得るもの棄てるものの合計は0。

何気ない暮らしの中の、
普通に過ごしているオバさんの生活の中に、
変わらないことの大切さと重みを感じるお店です。
そんなふうわりとした
重みの心地よさに満たされます。

ラーメンはオバさんの人柄通り
果てしなく優しく澄みきった味わいだ。
何処にもない味。
この旨さは無垢な気持ちになって精神を澄み渡らせ、
このラーメンと同じレベルにならないと
本当の味わいは理解できないかもしれない。
決して洗練された味でもなく、旨いと唸る味でもない。
しかし、深い生活の中の味わいが其処にある。
旨い!!

DSC02966.jpg

DSC02957.jpg


今日の牛スジおでんは最高に美味しかった!!!
最近食べた食べ物の中で一番だったかもしれない。
先日は肉の部分が多く、硬くて仕方なかったが
今回は脂身も多く柔らかくて甘味がたっぷりだった。
こんな時、本当に生きてて良かったと思う。









スポンサーサイト
Comment
おつっぅ
一枚目の画像のテーブルを見た途端、スプレーしたい衝動にかられたふとどきもののワタクシです。

あっ、私の好きなラーメン模様の器だ!
100円ショップで探しているけど、なかなかナイ!2007.05.13(Sun) 10:52 | URL | もとp

もとpさん、
古物商うどん打ちの旧友ともあろうお方が
そんなこと思ったらイカン!
そんなこと言うたらイカン!
長~~~い時間を掛けてできた模様です。
ビューティフル・エイジングです。
作ろう思うても作れん。

ラーメン丼、中古厨房屋さんで時々見かけますよ。


2007.05.13(Sun) 11:41 | URL | 麺三郎

ポエムだなぁ~。
やっぱ、こりゃ売れそうだわ。
2007.05.13(Sun) 13:55 | URL | そらぱぱ

そらばばさん
万が一出版したら・・・・
サイン入りでお送りします。
出版記念パーティ来てね~~~。
はあああ~~~~夢の印税生活~~~~。




2007.05.13(Sun) 15:59 | URL | 麺三郎
田中
どこのあるん???
おでん、むっちゃ食べたい~~~~~!!
2007.05.13(Sun) 19:30 | URL | もか

どこの× どこに○2007.05.13(Sun) 19:31 | URL | もか

もかさん、こんばんわ~~。
高松方面からだと旧32号
「赤坂」前のS痔カーブの西側出口付近右。
赤坂から時速200キロで0.1秒
琴電陶駅が近くです。
車は線路越して駅前付近に置くといいそうですよ。
早い話が「全店制覇攻略本~07」P117参照
食通Sanukyさん曰く
全国版の旅雑誌でも紹介されたおでんだそうです。
ぜひ!!!



2007.05.13(Sun) 20:16 | URL | 麺三郎

↑ S痔× S字○


2007.05.13(Sun) 20:17 | URL | 麺三郎

前にも紹介してた田中ですね。
まだ行けてない。ここは是非行ってみます。
2007.05.14(Mon) 00:31 | URL | いであ

いであさん、
ここは日常のどろどろとした部分を
洗い清めていかないと、
その味の真実には到達できないところかもしれません。
おばちゃんの発する優しい波長を感じとることができ
同調できれば見えてくる味です。
いであさんならできると思います。
あの優しさと時の重みに包まれてみてください。


2007.05.14(Mon) 05:53 | URL | 麺三郎
Post Comment
管理者にだけ表示を許可する
Trackback
URL
創業80年のうどん屋 9月17日夕方にKSBスーパーJチャンネルの元気なシニア~で放送されます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。