上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DSC06805.jpg

DSC06807.jpg


ほんとに久しぶりの中西。
いつも朝五時半からやっていて
いつでも食べれるって安心からか、ご無沙汰していた。
まったく足を運ばなかったわけではなく
なぜか定休日の日曜になると
食べたくて仕方なくなって
万に一つ、まさかの定休日変更の
微かな期待を胸を膨らませ行くこと数回。
まあ現実は現実のままで
二年は食べてなかったかな。
自宅から車で5分。
身近にあって遠い名店になっていた。

しかああし、ここのところ
めいてるさんや、いであさん、Sanukyさんなど
いたるところで中西ネタ。
中西欲求は爆発寸前やった。

かの、うどん大河ドラマ長編大作
「恐るべきさぬきうどん」を読んで
さぬきうどんの守備範囲を拡大し始めた当初
かなりハマッた一店のひとつ。

当時、単身赴任で早朝高知に帰る時に
よく利用させてもらっていた。
飲食回数は善や・山越についで
確実にベスト5に入っているかもしれない。

本日の麺は、表面に幾分のぬめりがあり
これが潤滑油のような役目をして
スルスルっと口中に流れ込み
歯で噛み切ると
まるでワルツのリズムで踊る紳士と淑女のような
滑らかな食感が優しく弾む。
そして氷上の妖精のように華麗な回転を加え
喉の奥へと誘う。
うめええ~~~~~。

それになんと言っても
ここの温出汁はうめええええええ!!!
ちょい薄味に感じながらも
讃岐出汁の存在感を
三千年の平和を守ってきた王様のように主張している。
うっとり!!!
ああああああ、金色の光がああ。

「まはろ」風、細切り野菜の掻き揚げもバリサク。
「中北」を思い出してしまう、いわし天も旨い。
冷かけの出汁は、温かけ出汁よりも濃厚で甘め。
好みは温かけ出汁の方。

ふふふふふ。
天国はやはり身近にあるものなのだあ。
人はそれに気づかず毎日を過ごしているのだあああ。

今日はこれで
めらめらと火がつき
このあと「上田製麺所」に。
神様、我の貪欲な食欲を許したまえ。

DSC06809.jpg

上田に行く途中。
またまた「まるいち」オープンに遭遇。
10・2開業、太田店。
すんげえ勢い。
知ってるだけでも10店は下らん。


ヘヴン・ワンポチ



スポンサーサイト
Comment

何べんも通るのに行ったことないん。このかき揚げみたら…たまらんね
麺三郎さんの 短編うどん小説読んだら 誰もが行きたくなるやろ。2007.09.16(Sun) 07:20 | URL | サト

サトさん
久しぶりの中西に感動しました。
わしのうどん原体験の一店です。
こんど中西をテーマにした
純愛サナトリュウム長編小説
「野菊の掻き揚げ」
書こうかなああああ。


2007.09.16(Sun) 07:46 | URL | 麺三郎

朝5時半から開店しているうどんの店って・・・驚きです。
またこの野菜のかき揚げが上手に揚がっていてうまそう!

ところで最近、風景写真が載っていませんが、わたしゃこれも
楽しみなので、ぜひ付録で載せてください。
2007.09.16(Sun) 11:31 | URL | やまとおのこ

やまとおのこさん
おかえりなさ~~~~い。
なんか文章に東京シティボーイの香りがするねえ。

風景写真は愛機マッキントッシュの方にストックしていて
そろそろバックアップをと思って整理してた矢先、
マックくん逝ってしまいました。購入2年目の夏でした。
修理にだしてないけど、おそらくデータはお釈迦です。
うえ~~~~ん、泣いてもええ?


2007.09.16(Sun) 11:52 | URL | 麺三郎

おおっ!中西だ~!!
別に親戚でもないし知り合いでもないけど、褒められると何かうれしい。。。
そうですね。たぶん中西は出汁なんだろうな。
因に冬限定しっぽくうどんもなかなか美味いです。

2007.09.17(Mon) 23:22 | URL | いであ

いであさん
そうそう中西のうどんって
なぜか身内を感じる親近感があるんよね~~~。
出汁にきっと人類みな家族エキスが含まれているんですよね。
きっと。

2007.09.18(Tue) 06:12 | URL | 麺三郎
Post Comment
管理者にだけ表示を許可する
Trackback
URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。