上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20060606072719.jpg


俺はアイアンホースに跨がり、海岸線の道を東に向かった。
何の目的もない小さな旅だ。
六月の風は妙に重たい湿気を含み、俺の露出した肌を犬のように舐め回す。
おまけに今日は太陽をやけに近くに感じる。
焼け焦げてしまいそうなほど熱い。
緩い登り坂を越える時でさえ、
この道は太陽にそのまま通じているかのように錯覚してしまうほどだ。

丘陵を越えると、行きつけの小さなショップが目に入った。
そう言えば、朝はライ麦パン一片と苦いコーヒーしか口にしていない。
飢餓状態のような空腹感が襲ってきた。
アデランスビーチはすぐそこだ。すこし休憩しよう。
スロットルを緩め、戦闘機が空母に着船する時のように
静かにゆっくりと鉄馬を止めた。

その店には小麦色のマーメードがいる。
「ひとつ頼むよ、いつものやつ」
二本足の可愛い人魚は、ハニカミながらそっと食料を渡してくれた。
ジーンズのポケットから小銭を出すとき感じた熱い眼差しは蜃気楼だろうか。

俺は歩いて波打ち際まで行った。
広大なパシフィックオーシャンを眺めながら食べる
オクトパスボールはまた格別な味わいだった。
海に思いを馳せる。
俺は海のように生きたいと思った。



DSC00188_1.jpg

アイアンホース=カブ50 オクトパスボール=たこ焼き
俺=おんちゃん 小麦色のマーメード=たこ焼き屋のおばちゃん
アデランスビーチ=桂浜 ライ麦パン=納豆ごはん
熱い眼差し=にらみ





スポンサーサイト
Comment
これって
カブの乗って途中でたこ焼き買うて
前の浜で食ったってことでつか・・・・・・・・・・・?2006.06.06(Tue) 08:34 | URL | いっけん

そうです。
口のまわりはマヨネーズだらけでした。


2006.06.06(Tue) 08:38 | URL | 麺三郎
ええ天気!
主人公はイーストウッド!それがいつのまにか松本零士の男おいどん?
それにしてもきれいな空ですねぇ!こんな日に県外からの観光客の方に桂浜観てもらいたいですねぇ!2006.06.06(Tue) 09:06 | URL | 三丁目

三丁目さん、おはようございます。
わしの頭の中の名画座スクリーンには
ハードボイルドな映像が流れていました。
たこ焼き食い終わって、ふと我にかえると赤面しちゃいました。

この日は海の透明度も高く、最高に気持ちのいい海景色でした。
瀬戸内の海もいいけど、この開放的な海もいいですね。
香川の人が見ると感動するそうです。

2006.06.06(Tue) 09:17 | URL | 麺三郎
知人は痴人・・いや詩人やねぇ。
我々には見慣れたこの海も、やはり県外の方には素敵に映るそうです。
しかし、おんちゃんアデランスビーチって・・・・
ちなみにいっけんさんはアートネイチャー釣具によく行ってるとか?

こうやって言葉を選ぶと「ただのおんちゃんがカブに乗って桂浜街道を行きよって、途中でたこ焼きを買うちょいて浜に降り、マヨネーズをクチのふちにつけさがして食べただけ」とは思えんき怖いわねぇ。2006.06.06(Tue) 09:45 | URL | やまちっち

これもひとえに小麦粉のなせる技だと思います。
単なる、たこ焼き一つにも物語が存在するのです。
日常の何気ない風景にもドラマがあるのです。
脳内妄想やめられましぇ~~ん。
続編期待!

2006.06.06(Tue) 10:12 | URL | 麺三郎

ぷっ・・・
わたし 裸足のマーメード 好きよ 嫌いよ
嘘よ 本気よ・・・

ワシも行くよ いつかアデランスビーチに・・・
2006.06.07(Wed) 03:19 | URL | QOO36

QOO36さん、おはようございます。

たこ焼き屋のおばちゃんは 
豆堂聖子ちゃんと言って、
40代中頃のぶりっ子おばちゃんですが
わしら中年湾岸肉腹膨張族のあいだでは
アイドル的存在です。
(USO)

QOOさん、アデランスビーチのバルコニーで待ってってね。





2006.06.07(Wed) 07:18 | URL | 麺三郎
Post Comment
管理者にだけ表示を許可する
Trackback
URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。