上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DSC00990_1.jpg

OMENROSAN 6
今回の「おめんろさん」のトリは
徳島・三好市JR辻駅構内にある「井川屋」

大将は琴平の老舗「こんぴらや」で12年修行をされた若大将。
のべ100万食を打ったというから半端じゃない。
昨年10月、奥さんの実家があるこの地で開業されたらしい。
ちょっとお話を聞いたら、
なんでも土佐市にあった「黒潮亭」のご主人と同門らしい。
当時を懐かしんでおられました。

ブリッとして腰の強い男性的な麺を、
美味しくガツガツとたいらげ、おめんろさん終了。
なかなか変化に富んだ旅だった。満足満足。

今回の香川・徳島おめんろさんで感じたことは
まず、うどん屋・ラーメン屋の多さに驚いたことだ。
半端じゃない数だ。驚異的。至る所に麺麺麺・・・。
高知とは比べ物にならない。
高知:米の二期作・酒文化
香川:麦・米の二毛作・麺文化
食文化の違いを痛感した。
麺においては、高知は後進国だ。
みんなで高知の麺も盛り上げようね。


スポンサーサイト
Comment
綺麗な盛り付けですね。
引き締まった感じの麺、そして綺麗な盛り付け・・・ダシはかけた状態で出てくるん?自分でかけて撮影?

そうか麺文化の違いは、二期作と二毛作にあったんやね。ちゅうことは小学校の社会?にすでにヒントがあったんや!でもその頃はスカートめくりに夢中で見落としてました。。。2006.06.09(Fri) 10:01 | URL | やまちっち

やまちっちさん、おはよ~~。
出汁はお店側でかけてくれていました。
そうです。
あの頃は実パン1枚の輝かしき時代でしたね。
今では二枚パン(見せパン上履き)の時代。
汗水垂らし努力奮闘し
豊かな収穫を得ようと二毛作やったけんど、
索漠とた荒野に不毛さを感じる結末ですね。



2006.06.09(Fri) 10:23 | URL | 麺三郎
そうか

無毛作の私は・・・・・・・・・

どうすりゃいいの?!

2006.06.09(Fri) 21:30 | URL | とうやく

とうやく、「パン2」
つながりの投稿ありがとうございます。
田吾作盗撮疑惑問題、笑いました。
チラリとカシャリのタイミングがバッチリだったんですね。

わしは香川の某うどん屋で
「写真撮ってもいいですか」と聞いたら
おばちゃんが髪をセットし直して
困ったことがありました。



2006.06.09(Fri) 22:00 | URL | 麺三郎
Post Comment
管理者にだけ表示を許可する
Trackback
URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。