上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DSC00003_1.jpg


俺はスタジアムのパーキングでマスタングのエンジンを止めた。
ウィンドを少し空かしてマルボロに火をつける。
今夜はハリコミだ。きっと長い夜になるだろう。
深く煙を吸込む。
数秒後にニコチンは脳内に到達し、軽い目眩に似た衝撃が襲ってきた。
それと共に体全体にも安堵感と充足感が訪れ、緊張が少しほぐれた。
薄い帯を引く紫煙が霧のように車内に充満している。
外は夕暮れ時をとうに過ぎ、薄暗い夜が始まろうとしていた。
全てのものが青く染まる、昼と夜の境界線にある蒼い時。
俺はこの一瞬の時間をこよなく愛している。
オーディオからはビル・エヴァンスの
「ワルツ・フォー・デヴィ」が流れる。
このアルバムはヴィレッジ・ヴァンガードでのライブ・バージョンだ。
ビルが奏でる、心の深部をタッチするかのような繊細な
ピアノの音色が素晴らしい。
ディナーライブなのだろうか。
演奏中にも食器と金属が接触する音がナチュラルに混じり込む。
とてもリアルなその感覚に、少し空腹感を覚えた。

辺りを見渡すとスクランブル交差点の向こうに
ひと際目立つ赤いネオンサインが見えた。
俺は迷わず車を出て、点滅する信号を無視し
反対側にあるその店に飛び込んだ。

「エイトピース。テイクアウトで」
くわえ煙草の灰が落ちる。
キャメロン・ディアスに似た店員は、
上気した頬をみせ口元に微かな笑みを浮かべながら、
出来立てを包装した熱いパッケージを手渡した。

ふと上空を見上げると丸い朧月が輝いている。
俺は包装紙をやぶり、焼きたての一個にウッドスティックを刺した。
そいつを大きく夜空にかざし、片目を閉じて月と重ねてみた。
オクトパスボールムーンだ。
確かに、暗い夜空に湯気を立て浮いている。
静かな夜の始まりに宇宙の創世をイメージしてみた。

夜空に思いを馳せる。
俺は流星のように生きたいと思った。

DSC01362_1.jpg

スタジアム=パチンコホームラン   マスタング=日産キューブ
ハリコミ=夜間営業うどん店出口調査   赤いネオン=たこ焼ちょうちん
エイトピース=8個入り  キャメロン・ディアス=たこ焼き屋のばあちゃん
ウッドスティック=つまようじ  オクトパスボール=たこ焼き
俺=ハードボルイド


スポンサーサイト
Comment

たこ焼きかよッ!2006.06.10(Sat) 00:26 | URL | 鈴丸

はい!
この後、夜空にかかげたたこ焼きが
生地がゆるかったため
俺の顔面に隕石のごとく落下したのは言うまでもありません。



2006.06.10(Sat) 00:40 | URL | 麺三郎

>「エイトピース。テイクアウトで」
てっきりケンタッキーかと思った・・・

こんなワシはブルースじゃないな ウッドスティックの似合う大人になりたいぞ!
(冗談抜きで写真ウマイなぁ)2006.06.10(Sat) 00:50 | URL | QOO36

QOO36さん、こんばんわ。
またまた、お褒めいただきありがとうございます。
こんなわしは、たこ焼き食い終わった後に
ウッドスチックでシーハーシーハーして
歯間に詰まったタコの繊維をとったけど、
ウッドスチック似合う?

2006.06.10(Sat) 01:04 | URL | 麺三郎
アメリカン グラフティー
妄想劇好きです。完全に入っていってました。20年ぐらい前、アデランスビーチパーキングで、でかいスクリーンで音声は各自の車のFMラジオから(だったと思う!)と言う映写会(野外シアター!?)がありました。内容は憶えてませんが、今やればウケルんじゃないでしょうか?ローラースケートのおねえちゃんがパップコーン(安岡力也はそう発音するらしい!)を売りに来たり!2006.06.10(Sat) 09:27 | URL | 三丁目

サンクス!
アイ ラブ モーソー。ユー ラブ モーソー。
エビバディ モーソー。
わしも、もーそー大好き。
オクトパスボール妄想三部作にご期待ください。
次回最終話、感動となんだ いや なみだの結末。

うわっ、屋外劇場、面白そうですね。
パーキングの夜間活用としてもいいし、
場所がまたいいですね。
太平洋をバックにってなんか、どでかいスケール感がある。
企画してみたいな。

2006.06.10(Sat) 09:53 | URL | 麺三郎

絶対・・・・・・・・・・・暇しゆうろう。
ヴィレッジシンガースにウッドストック良かったです(違)
 2006.06.10(Sat) 19:37 | URL | やまちっち

しま~~~~~~。
いや~~若き日のわし、ウッドストックは衝撃的でした。
カトチャンショック ペッ あいや
カルチャーショック ズズズズンドコ でした。
日本はなんておくれちゅうがやろ~~と思って
面河渓谷でキャンプしたとき
思わず全裸になって泳ぎました。
(ウッドストック・ザ・ムービーで若い女性が全裸で
泳ぐシーンがあった)
自由と開放感の美味を得たのは、その時でした。
1960~70年代のムーブメントはパワーあったね。


2006.06.10(Sat) 19:57 | URL | 麺三郎
Post Comment
管理者にだけ表示を許可する
Trackback
URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。