上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DSC03710.jpg
DSC03706.jpg
DSC03704.jpg

4連休初日は、
新潟から四国へお遍路うどん修行に来ている
たま師匠をお連れして「鳴門うどん」へ。
わしは、ど~~~してもたまさんに
この日本のうどん概念を超越したうどんを体感して欲しく、
ガードレールにぶつかりそうになること4回。
フラフラボディに気合いを入れてお連れしたのだ。

規格に捕われない麺厚・麺幅・麺長。
さぬきうどんを代表とする画一的うどんにない
一定旋律のないうどんが奏でる調和。出汁の旨さ。
それらをたまさんのうどんDNAに刻んで欲しかったのだ。

ブログを通じて知り合った、たまさん。
料理への愛情は人一倍強いし、エンタテイメント性にもたけている。
非常に真面目で研究熱心で、探究心も強い。
これからも精進し頑張ってくださいね。




DSC03850.jpg

西讃岐中央饂飩研究所観音寺支所・マテ貝研究課からの速報。
4日。有明浜は凄いひとで。推定1000人。
マテ貝堀人口はその半数ぐらいかな。
バケツの中を覗いてあるくが、やっぱりみんな少ない。しかも小ぶりなサイズばっかり。
マテマスター達のバケツにも25本ぐらいだろうか。
やはり去年に比べて少ない。

DSC03852.jpg

砂を少し掘って出てくる、このダイヤ型の穴に塩を振りかけると

DSC03853.jpg

クルシイヨ~~~と言ってマテ貝がとびだしてくる。
しかし指で摘もうとすると、イヤ~~ンハズカシイ~~~と言って
また穴にもどる。
でもまたクルシ~~~と言って飛び出してくる。
そこをグワシと捕まえる。
この駆け引きがたまらんのよね。

DSC03851.jpg

30グループほど見て
これだけ取れていた人はごくマレやった。
とれんことはないけど今年はやっぱダメかな~~。
去年はどこ掘ってもいたけど
今年は穴さえ見つからなかった。

DSC03855.jpg

最後に野生の感を働かせ
ここやと思ったポイントで30分ぐらいで
中型40本。これはラッキーやと思う。

浜にいた貝殻学者のおばちゃんが言うには
巨大タンカーが行き来する海峡が浅くなり、そこの砂を採取し
ここ有明浜にもってきたそうだ。
その影響も大きいようですね。
去年、大量に取れていたエリアはやっぱり
砂に覆われていた。

以上

とうやく大尉 いっけん軍曹 殿  

よだれ上等兵報告任務完了いたしました~~~~。
(写真クリック拡大可)







↓アンレギュラーヌードル・プリーズワンポチ・クリックヒア

スポンサーサイト
Comment
再訪せねば
貴重な体験でした。
別の意味でも貴重な場所です。
麺のフワフワ感とあの白いプリンとしたあれが忘れられません。
かけ小が800円でもプリンプリンがあれば、許します。(爆)

2008.05.06(Tue) 06:55 | URL | たま@安芸市

鳴門うどん。初めて知りました。

私は、讃岐うどんに、一本か二本、いびつな形の麺が入っていると
なんだか得した気分になります。

是非とも一度探して行かねば・・・・検索してみます。
2008.05.06(Tue) 08:18 | URL | はちくんBB
鳴ちゅるうどん
この前はお疲れ様でした。
鳴ちゅる衝撃的でした!!作り方をみてみたいです。

マテは居るのは居るんですね。
大潮の日子供連れて遊びがてら行ってみます。
2008.05.06(Tue) 09:10 | URL | 無限☆絵金

たまさん
わし白いぷりんぷりんが忘れられず
昨夜は39度5分の高熱を発してしまいました。
朦朧とする意識のなかで
白いぷりんぷりんが飛び交い桃源郷に誘いました。
これは再訪の暗示でしょうね。
行かねば~~~~。

2008.05.06(Tue) 10:39 | URL | ジェームス麺三郎

はちくんBBさん、お久ぶりです。
そうそう、イレギュラーな形の麺って
幸せな気分になれるよね~~。
鳴ちゅる、ぜひ~~~~。
「驚き満載うどん」ですよ。
バラバラばっかりやから幸せも満載のうどんです。
ぜひ~~~~~。超おすすめ!!!





2008.05.06(Tue) 10:44 | URL | ジェームス麺三郎

絵金さんお疲れさまでした。
絶対、手打ち現場を見て見たいよね~~~。
え~~~そんなにするん~~~
うそ~~~そんなことしてええん~~
ぎゃ~~~そこまではせんといてええ~~~
あああ~~~それ以上したらいか~~~ん

って、さぬきうどん打ち人間にとっては
驚きと恐怖の連続なんやろうね。

マテは去年のようにどこ掘ってもザクザク状態ではないけど
ポイントさえよければイケるかも。
ちなみに波打ち際集団は収穫が少なかったように思います。
中間の中州になったようなところの陸地側がええかな~~~。




2008.05.06(Tue) 11:00 | URL | ジェームス麺三郎

「鳴門うどん」魅力的ですね~。
是非食べてみたいです。

マテ貝獲り、麺さんはもう名人ですね。
ポイントが解るとこが凄い!

2008.05.06(Tue) 11:03 | URL | いであ

いであさん
今度の湾岸撮影隊の昼食は鳴ちゅるにしよか~~。
志度から高速で片道30~40分圏内?
時速200kmなら往復1時間?
レッツチャレンジです!!!

マテはできるだけ
マテのささやきに耳をかたむけるようにしています。
マテと一体になり、自然と一体化する。
これが極意です。



2008.05.06(Tue) 11:24 | URL | ジェームス麺三郎

あっと驚きの 鳴ちゅるでした
見た目も、食感も・・・
どうやったら、あんな麺が作れるのか不思議

マテ貝捜索ありがとう
一度は行きたいと思ってます
潮見て段取りせんといかんねぇ2008.05.06(Tue) 12:10 | URL | とうやく

とうやくさん
鳴ちゅる、茹でたて直後はもっと驚きやでえ。
麺線バラバラ食感につるつる食感が加わって天国っす。

マテ減少の現象に地元・観音寺っ子たちは
昨年、高知うどん麺バーずが乱獲したとか
塩をまき散らし過ぎたとか 噂しきりやったけん 
冷たい視線を覚悟のうえでね。

ちいさいがあは リリースやで~~~~。



2008.05.06(Tue) 12:33 | URL | ジェームス麺三郎

>ちいさいがあは リリースやで~~~~。

無理矢理、あの穴に突き刺す 
了解です!!2008.05.06(Tue) 22:27 | URL | とうやく

う~~~ん
とうやくさんの
そんなワイルドなとこがスキ!!!
(はあと)

2008.05.06(Tue) 22:44 | URL | ジェームス麺三郎
Post Comment
管理者にだけ表示を許可する
Trackback
URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。