上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
NEWS!!!
↓やまけんさんのブログで「とがの藤屋」さんが紹介されてましたよ~~~。


やまけんの出張食い倒れ日記


DSC091223-2.jpg

先週の日曜日、
徳島の美馬に急用ができたので
塩江経由でびゅ~~ん。
あの大寒波襲来の週やったけん、どんよりと怪しい雲行き。
峠付近は雪もちらつくし、道路にも積雪。
こりゃだめかなと思ったら、夏子ダム付近でパア~~っと陽がさし
みるみる間に雪が溶け始めた。

DSC091223-1.jpg

夏子ダムの休憩所二階で
うどんが食えると聞いたので行ってみると

「今日はこの雪で休みなんじゃ
八時半ぐらいから吹雪始めて、あっという間、
一時間ぐらいで積もっての
ほじゃけん係の人が来てないんじゃ」

「うへ~~残念!!!せっかく高松から来たのに~~~!!!」

悔しがるわしを見かねて、おばちゃん

「ほじゃ、呼んでみよかいの
だいぶ雪もとけたしの このすぐ上じゃけ 
すぐ来れるけの」

おばちゃん携帯で呼んでくれよる。うれし~~~。

「香川からな、
うどん食いにきたお客さんがおるけどどないな
・・・・5分で来れる!
うんうん、はよう来てやって、待ちよるよ~~」

おばちゃんありがと~~~~!!!めっちゃうれし~~~ちや!!!



DSC091223-21.jpg
DSC091223-19.jpg
DSC091223-3.jpg

係のおばあちゃんがやって来た。
「10分ぐらい待ってな
湯が沸いたらすぐにあっためるからの
出汁は昨日こさえとるけん じきにできる」

と言いながら一階の産直コーナーにあった袋麺を二階に運んだ。
袋麺に昨日の出汁・・・・。
一応想定ケースには入れていたが、やっぱりちょいショック。

しか~~~し!!!
届いたうどんを見てピクリ!!!
見るからに腰も弾力のありそうな麺相。
ええ面構えじゃ。
おおお~~~~~こりゃ、ゆで麺ながらええかも。
これはある意味想定外や。
ずずずずず~~~~。
お~~~お出汁も田舎風で、こりゃ、ほっこりくるね~~~~。
寒い日の熱いうどんは、これまた格段に美味しく感じるね~~~~~~。
うま~~い!


DSC091223-4.jpg
DSC091223-22.jpg

蕎麦もなかなかええ感じ。
どっちも予想外の美味しさや~~~。

話しを聞いてみると
この地域の女性5人ぐらいが、このうどんと蕎麦を作っているみたい。
この近くのJAなんかにも卸しているね。
しかもこの日は開店直後で、
茹で立てに近い麺が配達されたようです。
ラッキーうまうまじゃったよ~~~~~~~~~~。

















↓ ザ トクシマコールドデイ ナツゴダムホットヌードル プリーズワンポチクリックヒア サンキュー

DSC091223-42.jpg
DSC091223-40.jpg
DSC091223-39.jpg
DSC091223-38.jpg
DSC091223-36.jpg

某づまで
某マル秘パラダイスミッションを終えた翌日は
たまさん、たまままさん、グズラさんとで
丸亀「よしや」へ
昨夜見たグズラさんの「よしや行きたい~~~」ゆう笑顔が忘れられんかった。
相変わらず、旨いな~~~!!!グズラさんも感激!!
出汁にも麺にも気合いが入っとるねえ!!!
みんなで大将と、ちょこっとうどん話してから
製麺作業も見せてもらった。
おおおお~~~~包丁切り、格段に軽やかになったんじゃない。
無駄な力が感じられん。
スタスタスタ~~~~っと包丁が生地に吸い込まれていく。
なんか宮武の大将の手元みたいや!!!



DSC091223-43.jpg

続いて高速使ってびゅ~~~ん。
徳島の名門うどん店、めいめんめんど~~~~~!!!
あれ、めめめんど~~~~~やったっけ?

正しくは新しくオープンした名麺堂・北島店。
せっかくオープニングレセプションにお誘いいただいたのに
タイミングが合わずに行けんかったん。
やっとこれた~~~!!!

ここで青いんさんと合流。
おおおお~~~~~~~別P博士もおる~~~~!!!
やっぱり公共交通機関と徒歩でやって来たようです。凄い!!!
おおおお~~~~M○○Nさんがリズミカルに飛ぶようにうどん打ちよるし~~~~!!!
おおおおお~~~~~某どりあひるさんも玉とりしよるし~~~~~~!!!
まさに!!!うどん星人(聖人)達の巣窟や!!!


DSC091223-46.jpg
DSC091223-44.jpg

DSC091223-47.jpg

輝く黄金出汁!!!
ここも出汁にも麺にも、気合いが入っとる!!!
文句なく旨い!!!
名物、とり天。でか~~い!!!
でも、さっぱりした味わいでしつこくないから
サクサク~~~ペロッと食べられるね。うま~~い!!!


DSC09117.jpg
DSC09119.jpg

たまさんを囲んでわいわいがやがや。
人柄のいいたまさんやから、自然と人が集まるね。




DSC091223-51.jpg
DSC091223-50.jpg
DSC091223-48.jpg

最後は名麺堂で修行を積んだ
女大将のお店「八笑(やわら)」です。
おおおお~~~
まさに名麺堂トラディショナルな味わい。
本店・北島店と比較すると
若干濁りがあるお出汁かな?
その分複雑な旨味が抽出された感じの仕上がりかな。
名麺堂流派、手強いな~~~!!!
これもまた旨い~~~!!!



DSC091223-52.jpg

そのあとは、たまさんを送って徳島空港まで。
たまさん、お疲れさまでした。
またの来讃、お待ちしてますよ~~~。

















↓ ザ ウェルカム タマ シークレットパラダイス
ミッションヌードル プリーズワンポチクリックヒア サンキュー

DSC090704-31.jpg

高知からの帰りはR32号を走って、
池田~塩江経由。もう夕方。
池田を通り過ぎたあたりで猛烈に腹が減ってきた。
予定では半田そうめんを食うつもりだったけど
も~~~我慢できん。
今まで食べたことないお店で
一番最初に見つけたお店にはいろ~~~~~。


DSC090704-30.jpg

メニューには
「美味しく食べていただくため
注文があってから茹でます」って書いてある。
旨そ~~~~~!!!

DSC090704-29.jpg

おおお~~~独特の腰。
さぬきうどんとは別世界の腰やね~~~。
以前にたべた、このちょっと先にある
全自動「田岡うどん」みたいな感じや。


田岡うどん


お出汁の味も個性的や~~~。
イリコでもない、鰹でもない、昆布でもない
なんだろうこの出汁、旨味のもとは???
う~~ん新感覚や~~~。


DSC090704-28.jpg

こっちは、釜揚げ~~~~~。


DSC090704-27.jpg

おでんも独特テイスト。
おいち~~。



DSC090704-26.jpg











↓ザ トクシマトワイライトヌードル プリーズワンポチクリックヒア サンキュ

DSC090616-14.jpg

名麺堂の前に
鳴ちゅる朝うどん一杯!!!
早朝開いているのは、ほんの数軒。
鳴門競艇場前の、ベタな店名が光る
大衆食堂「うずしお」


DSC090616-13.jpg
DSC090616-12.jpg

麺は製麺所からの仕入れ麺。
鳴るちゅる特有のちじれやぶっちぎれ、
麺線のバラツキはない。
どちらかと言うと均一ストレート系。
お出汁は鳴ちゅる特有の鰹系のお味。
我が母校・高知のOZ高校の学食うどんを思い出すテイストじゃ。
そうそう、うどんゆうよりも
うどん出汁&中華そばの「日中そば」みたい。
一杯300円。




DSC090616-17.jpg
DSC090616-16.jpg
DSC090616-15.jpg

こっちは天ぷらうどん
一杯350円。
かけうどんと50円の差額。
どんな天ぷらかなと思って、ワクワク注文。
中身は小さな干しえびが数尾。
これええんわ~~~~~。
このチープさええわ~~~~~~~~。
わし結構、好き~~~~。
うま~~い!


DSC090616-10.jpg

おでんは結構、甘口。
独特のテイスト。


DSC090616-9.jpg













↓ザ ナルトキョーテーヌードル プリーズワンポチクリックヒア サンキュ

DSC090616-8.jpg
DSC090616-7.jpg

昨日は徳島まで出張。
仕事前に四国八十八ヶ所・第一番札所・霊山寺にお参り。
この日はジャンボ宝くじの当選発表日。
おみくじは大吉。
「ジャンボ3億円×3本あたりますよ~~に」
しかし、こんな不純なお願いしても通じる訳がないよね~~~~~。
人間、もっと純粋に生きなくては!!!
世の中、ゼニじゃないズラ。



DSC090616-23.jpg

昼食は徳島市民を虜にした
かの有名な名麺堂。
やっと初めて行けた~~~~~~~。


DSC090616-22.jpg

香川の名店、惜しくも閉店してしまった
「宮武うどん」にインスパイアされ創業したお店。
やっぱり、宮武の潮流・日讃製粉の「緑アヒル」が鎮座しとる。
かっこええ~~~~~~。



DSC090616-20-1.jpg

目的はもうひとつ。
ブログ&うどん怪人の会で知り合った
徳島妻との再会。
(妻つうても男やけんね。心の妻じゃけんね。
不倫ちゃうけんね。不倫は絶対いかんけんね~~~~。
人間としてやったらいかんけんね)


DSC090616-19.jpg

おおおお~~~~~~~
「中村」を思わせる純粋黄金出汁。
丼の中に汚れなき純白の麺が愛おしく浮遊しとる~~~~~。
ビューティフル!!!


DSC090616-18.jpg

おおおお!!!
本格、強烈イリコ出汁に
ストロングな噛み味を内包する、緑あひる麺。
ああああああ~~~~~~。
恐るべきさぬきうどんを感じる、恐るべき徳島うどんじゃ!!!
うま~~い!!
さぬきうどんの真実とは何か!!!
旨さの真実は県境を越えるものなのだ。
ボーダレス!!!


DSC090616-21.jpg

名物とり天。
うま~~~~~~~。
やっぱ世の中、ゼニより肉ズラね~~~~~。














↓ザ サヌキトクシマボーダレスヌードル プリーズワンポチクリックヒア サンキュ

DSC090321-17.jpg

一泊で高知をあとにして、高松へ。
R32号、大杉ちょっと手前。
いつものたい焼食堂~~~。
今日はゆずソフト。緑あひるの少しわけてもらった。


DSC090321-18.jpg

おでん、旨いな~~~~。
とくにじゃがいもは、めっちゃ懐かしい味。
うめ~~~~~~。



DSC090321-20.jpg

昼食はなんだかんだで3時過ぎ、
sakasanさんのブログで見てから
行きたくてしかたなかった徳島・池田町の「八千代食堂」


DSC090321-25.jpg

まずは、緑あひるの中華そば。
うひゃ~~~ん。めっちゃ旨そうやん。


DSC090321-24.jpg

ちょっともらって食べたけど
スープ、うめええ~~~~~~~。
甘味の後から、胡椒の辛味がピリリと訪れ、
それが旨味のアクセントと節目になって
スープの甘味と旨味をリセットしてくれる。
そして、またスープを口に含むと
一口目の美味しさにまた出会える。う~~ん旨い!!!
めくるめく旨さの循環。
旨さインファニティ!!!


DSC090321-23.jpg






DSC090321-26.jpg

わしの目当てはコレッ!!!
池田町民のソウルフードとも言われる、鍋焼きうどん。
鍋、可愛い!!!可愛過ぎ!!!


DSC090321-29.jpg

フタを開けると
なんか、懐かしさでいっぱい。
グツグツ煮込んだタイプではなく、
鍋を丼がわりに使用したタイプなので鍋敷きはない。
そこがまたなんともいい感じ。


DSC090321-28.jpg

玉子もないけど、これもかえって素朴でいいな~~~。
親鳥の旨味が混ざったマイルドで甘口の出汁。
ええなあ~~~~。ほっこりする~~~。
懐かしい味が口の中に広がる。
あああ~~~~~~うんめえ~~~~。


DSC090321-27.jpg

幼い頃、おやじに連れられて
池田町に来たことがあったなあ~~。
そういえば、この辺の食堂に入ったような記憶が・・・。
この懐かしさ。
ひょっとしたら、この鍋焼きうどん、
数十年前に、一度食べていたかもしれない。



DSC090321-22.jpg


DSC090321-21.jpg


〆はじゃがいもおでん!!!











↓ザ イケダチョウソウルフード&ノスタルジックヌードル プリーズワンポチクリックヒア サンキュ


DSC081027-14.jpg

次の日の昼飯は、つるぎ町の「かねか」
そろそろうどんに飽きてきた
緑あひるババとジェイコブ麺五郎を
なんとか説き伏せ入店。


DSC081027-16.jpg

うどんあり蕎麦あり、

DSC081027-15.jpg

半田が近いけん、素麺まである。
これでラーメンあったら、麺の殿堂やね。

DSC081027-11.jpg

白っぽい、おでんも珍しいね~~~。

DSC081027-10.jpg




DSC081027-9.jpg

ここのお店の入口付近の自販機コーナー。
懐かしいうどん自動販売機がある。
高校生の頃、真夜中バイクを飛ばして食いに行ってたな~~。
たしかその頃は、同じ機械でラーメンもあったよね。
東京から帰省した時も
懐かしくて夜中になったらよく食べに行っていた。


DSC081027-17.jpg
DSC081027-18.jpg
DSC081027-19.jpg
DSC081027-20.jpg
DSC081027-2100441.jpg


づて~~~む!!!




↓ ザ セルフセールスマシンヌードル プリーズワンポチクリックヒア サンキュー

DSC081027-8.jpg

大好きな、うだつの街並を散策。

DSC081027-6.jpg

う~~んと小さい頃、履いていたような
なんとなくそんな記憶があるゴム草履。

DSC081027-3.jpg

田舎のばあちゃんちがこんな土間の台所やったな~~。

DSC081027-4.jpg
DSC081027-2.jpg

時間が止まったような
それでいて静かに流れているような
そこには人の匂いや記憶が
ぎっしりと詰まった濃厚な空気がある。



DSC081026-22.jpg
DSC081026-21.jpg
DSC081026-20.jpg

小腹が空いたと
ジュニア・ジェイコブ麺五郎が言うので
脇町の「みよし屋」へ。
午後四時近い入店にも関わらず
いい感じで腰がのこる、期待以上の麺でした。
海老天50円。やっす~~~。
うま~~~!



DSC081026-23.jpg









↓ ザ オールドタウンヌードル プリーズワンポチクリックヒア サンキュー

DSC081026-35.jpg
DSC081026-34.jpg
DSC081026-33.jpg

泊まったコテージの管理棟にある食堂にも
手打ちうどんがあったんじゃ~~~。
世話好きで、話好きの優しいお兄さんが打つうどんじゃ。
うどんと蕎麦の手打ち体験もできるよ~~。

ここも素朴さ満点のゴリゴリ系硬麺。
美馬の人気店「のぶ」も
超太麺のバリゴリ系やったな~~~。
この地域の人達は、こんな麺質が好きなんやね。



DSC081026-37.jpg
DSC081026-36.jpg

この周辺は蕎麦の産地でもあり
大滝山までの林道の一部は「そば街道」とも言うらしい。
この蕎麦もぼそりぼそりとした食感が
田舎風でもあり、家庭的でもあり、
人のあたたかみがしました。






DSC081026-39.jpg








↓ ザ ヒューマンヌードル・プリーズワンポチクリックヒア サンキュー

DSC081026-24.jpg

麺三郎ジュニア、
ジェイコブ麺五郎が大阪から帰省して来たので
緑あひるババを高知から招いて
徳島・美馬の美村が丘のコテージで一泊。
静かな夜やったな~~~。


DSC081026-29.jpg
DSC081026-28.jpg
DSC081026-27.jpg

そこから西に4キロほど
車を走らせた場所にある「大谷直売所」に併設されたこの食堂。
地元のばあちゃん達が、手打ちで麺を仕込んでいる。

うどんもそばも麺質はゴリゴリ系やけど
山の奥の秘境うどんやから
かえってこっちの方が素朴さを引き立てて
う~~んええかんじ。


DSC081026-32.jpg
DSC081026-31.jpg
DSC081026-30.jpg

お出汁は、濁り気がなく、とってもピュアな風味。
この場所の新鮮な空気のようなだった。

高松・徳島脇町結ぶ193号線。
夏子ダム付近から山道に入り12キロ程。大滝山手前。
営業は日曜のみのようなので注意してね~~~。
メニューはうどんと蕎麦とばら寿司のみです。


DSC081026-25.jpg









↓ ザ マウンテンヌードル・プリーズワンポチクリックヒア サンキュー


« back | main | next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。