上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DSC0808011.jpg

新潟県上越市の鶴越製麺所に発注していた
スペシャルおうどんパックが
本日午前、クール卓球部員で届いた。
あ~~~いやいや~~、クール宅急便で届いた。
クールな卓球部員ってどんな卓球部員や~~~~!!!
ニヒルな卓球部員なのか、ガチガチに凍った卓球部員なのかは不明~~~。

長旅お疲れさま。
さっそく湯がいちゃるけんね。
熱い湯で旅の疲れをとってね~~~。

うお~~ほんのりと黄色みを帯びた
色っぽい艶っぽいええ麺や。
色合い通り小麦の味わいも深いね。
そして、鶴越製麺所の屋号に恥じないスーパーツルツル食感。
凄いね、たまさん!喉越しめっちゃええやん!!!
一口麺を含めば、
口と喉に異次元感覚のツルツルワールドが出現するん。
なんか「なめこ」や「じゅんさい」みたいに
滑る皮膜がある食材に近いような食感やわ~~~。
これええわ~~~。まじええわ~~~~。
やったね。たまさん。
お世辞抜きでええよ~~~この麺。
個人的にツルツル度で言えば、中村/岡崎/田舎で暮らそうよ
越えたかもしれん。



DSC0808001.jpg

一杯目はシンプルに
うどんと醤油だけで頂きました。
うん!!!いい感じ。あ~~~美味しいです!!!
しなやかな伸びのある女性的な優しさがある麺です。


DSC0808002.jpg

この美しい食感を生むために、
加える塩水を小麦粉100に対し55%までに高めている。
通常47~48%。これは超多加水の域。
加水を高めれば高めるほど製麺作業は困難になる。
50%を超えると麺線同士が切ると同時にくっつき合い
一本一本ほぐすのが大変になる。
美しい食感を求め、その難しい領域の超多加水麺にチャレンジし
創意と工夫で困難を乗り越える、たまさん尊敬します。
当初は65%の超超多加水麺を送ってくれる予定だったけど
麺が柔らかい分、輸送時や保存時にいろいろな問題が発生するらしく
今回は55%になった。
長旅と多加水のためか、茹で上がりのエッジは削れぎみ。
(お店で提供する麺はもちろんエッジもビンビン)
エッジが生み出すのはシャープな食感なんやけど、
このハイレベルなハイパースベスベツルツル食感なら
エッジはあんまり気にせんでもええかもね。
エッジ食感を上越、いや、超越してます。
「見てなんぼ」やのうて「食べてなんぼ」やもんね!!!



↓たまさん過去記事

おへんろうどん

↓興味のある方はたまさんブログのコメント欄から注文できます。

そこへ直れ!手打ちにいたす!

[ブログ原文]
ご注文は1kg(茹でうどんパック1袋220gで換算すると約9玉くらい)単位でお願いします。
販売予定価格は、1kgパック¥1000(送料別途着払い・クール便利用)です。
鍵コメントで数量、納期などのご連絡をください。よろしくお願いいたします。



DSC0807992.jpg
DSC0807989.jpg









↓ザ ミスタータマズ ビューティフルヌードル プリーズワンポチ クリックヒア サンキュ

DSC0804535.jpg
DSC0804537.jpg
DSC0804536.jpg


昨夜、土器川河口「一鶴」に
北は東京、南は宮崎のうどん大好き人間達が集合。
あやし~~~~。

中には製粉会社社長や
うどん屋の大将・女将
人気カリスマブロガー
あの蓮見さんの顔も・・・・
すげ~~~そうそうたるメンバー!!!
あやし~~~~~。


うどん食わずに骨付き鳥、食いよる~~~~
あやし~~~~~~。


会話はすべてうどんのこと。
あやし~~~~。
トイレに入ってもうどん話。
あやし~~~~~~。


いや~~~~。
憧れの方々、懐かしい方々にお会いでき充実の時間が過ごせました。
運営されてスタッフのみなさん、お疲れさまでした。
いい時間をありがとうございます。
来年も楽しみ。
またお誘いくださいね~~~~。







うどん怪人の集い






ヌードルミステリーマン・プリーズワンポチ クリックヒア サンキュ



DSC03772.jpg
DSC03761.jpg
DSC03767.jpg
DSC03785.jpg
DSC03744.jpg
DSC03789.jpg
DSC03791.jpg
DSC03802.jpg
DSC03796.jpg



うどんあるところに幸あれ。



わしは口べたで上手く気持ちを伝えられない。
おまけに酒が入ると
グーガーグーガー寝てしまう。
もっと話したくて、もっと伝えたくて
もっと知り合いたかったけど。
何かに急かれていたようで
上手く伝えることができなかった。


これから、
うどんを生業として生きてゆく
ある一人の男の生き様を見る事になるのだろう。

その男は妙に自分に似ているところがあって
親近感を抱かずにはいられない何かがある。
それでいて自分とはまったく正反対の強さを持っていて、
ある種の威厳すらあり、直感的に尊敬せずにはいられないオーラも兼ね備えている。
しかし、決して奢り高ぶることはなく、自己を顕示することはない。
人を安心されてくれる優しい抱擁力がある。
そして、心のそこから笑った顔には少年のような無垢な一面。
ここがこの男の魅力なのだろうな。


飲食業での成功の鍵は人間性(人柄)だと思います。
最初は味でも、最終的にはその店の人の姿勢や考え方に
共感し惹かれて行く部分が多いと思う。

繁盛店の法則「三得」

1.味でお得     価格に関係なく「美味しかった」という満足感。
2.量や価格でお得  低価格で「満腹という本能」を満たす満足感。
3.気分でお得    装飾や接客、雰囲気・空気感、「気持ちよかった」という満足感。

その基準を意思決定するのはやはり、店長である人。
お店のいたるところにその意識は具現化され反映されてきます。

彼の人間性・技能・体力・頭脳・行動力・ブレーンetc。
非常にバランスよく、各能力を鍛え上げた人だと思います。
資金・立地等の物理的条件さえ満たせば
この「三得」を必ず満たしてくれる人だと思います。

麺は千人千様。
同じ素材でも作る人によって仕上がりは千差万別。
これすなわち個性というもの。
千麺一夜。
千年続く納得の個性麺は一夜にして成らず。
これから始まる彼とうどんの物語を
千年の思いで見届けたいと思う春の夜。


強く願い通せば、
人生は、意外と思い通りになるのものなのだ。
彼はわしにそんなことを自らの行動で伝えてくれました。
たまさん。
「お遍路お接待うどん」お疲れさまでした。
何もできなくてごめんね。心が痛い。

たまさんに関する記事「これ食べた」


↓ビギン ザ ヌードル・プリーズワンポチ・クリックヒアサンキュ~~




DSC03609.jpg

春うらら。
ゴールデンウィークの入口。
塩江は標高が高く、気温が低いのか
満開の桜がまだあった。
長閑な山の田園風景には癒されるなあ。


DSC03563.jpg

おお~~~、やっちょるやっちょる。
この春、神奈川から地元新潟に帰って
うどん屋開業を目指す、たまさんが四国上陸。
修行を兼ねた「お遍路さんお接待うどん」を
道の駅・長尾の前にある
「おへんろサロン」でやるというので
食料(焼酎)を差し入れがてら行ってみた。

DSC03566.jpg

ボランティアの人たちと一緒に
次々とうどんを茹であげてゆく。手際いいなあ。

DSC03578.jpg

軽の荷室にはコンパクトにまとめられた
うどんの製麺・調理道具。
この車で四国内をまわり、お接待うどん修行をやって行くそうなのだ。
偉い!!!
いつも思うけど、たまさんの行動力凄い!!!
やるなあ~~~!

DSC03584.jpg

新聞取材を受ける、たまさん。
今日の四国&読売朝刊にでるらしいよ~~~。
うどんに惚れ込んだ
男の生ざまをみれ~~~~~~。


DSC03575.jpg

そして、これがお接待うどん。
おお~~~~!!!
ねじれの入ったドリル麺。
しっかりした腰の証。
さくら夢2000の柔らかで伸びのある麺質。
ほのかに甘い味。
場数をふんで、腕を格段にあげてますね~~。
美味し~~~い!!

DSC03592.jpg

釜ぬき麺も少々、お味見させてもらいました。
もっちりとした食感がグ~~~!!

さあ5月になったら
一緒に酒呑みながら、うどん話を
ゆっくりしましょうね。
たまさん。








タマドリーム2008ヌードル・プリーズワンポチ

DSC04827.jpg

DSC04788.jpg

残業を終え家に帰ると
神奈川県のたまさんから、うどんが届いてましたあああ。
当日のディナー、フォアグラのシチリアン風ナシゴレンと
子羊の胸肉ロシアン風チジミを速攻キャンセルして
さっそく湯がいてたま麺サヌーキィ風ブッカケーノに。
長旅の疲れを感じさせない活麺でした。
小麦の配合を変えた二種の麺。
どちらとも、しなやかな優しい伸びのある食感。
一瞬、タピオカ入りかと勘違いするほどスベスベです。
どちらとも、国内産小麦をブレンドしているから
甘味が程よくきいて旨い!!!
研究熱心なたまさん。
美味しい麺、ありがとうございました。
これからも「うどん道」頑張ってくださいね。


DSC04785.jpg

たまさん!!!
麺線すごく綺麗になったねえ。


DSC04831.jpg

触発されて、わしもひっさしぶりに打ってみたああ。
テーマは「丸亀・中村」の麺をどこまで再現できるか。
食感は緑あひるも「似ている、美味しい」と太鼓判。
でも見た目の、あのサイド面がめくれあがったエッジにはほど遠い。
どうしてあんなになるんだろう。
加水を46%と52%で試したけど、どっちも至らず。
出汁はちょっと手を抜いてしまったため濁りがでた。
でも味醂・砂糖を使わず塩気を多くしたら中村系の味になった。
う~~~~ん「忠村」をオープンさせようかなあ。
(看板の忠の中の下の心はものすごく小さく書く)



DSC03966.jpg

DSC03975.jpg

DSC03993.jpg

DSC03997.jpg

DSC03991.jpg

DSC03995.jpg


"空から道が降り注ぎ
大地に立つとき
四麺集いし 人々は歓喜する”

まさに予言通りや!!!
空から轟音と共にアスファルトの道が
夜須の港に地響きをあげ突き刺さった。
体が激しく揺れ、恐怖さえ覚えた。

数時間後、釜に火が入れられ
方々から四麺が集結。
とうやくうどん、やまちっちうどん、
いっけんづどん、絵金うどん。

人々は無言でうどんをすする。
ずずずずず、ズズズズズ、
づづづづづづづづづ、
ヅヅヅヅヅヅヅヅ~~~~~。
やがてその音は合唱へと替わり
喜びの歌となった。

高知うどん麺バー
結成一周年おめんでとおおおお~~~。

わしまだ激しく体が揺れゆう。
(極度の二日酔い)

写真一番下、やまとおのこさん自家製のローストポーク。
程よく燻された香りがとてもいい感じ。
これ絶品やった!!!旨い!!!




DSC00650_1.jpg
DSC00640_1.jpg

先日は緑あひる単独うどん旅。
屋島の「麺こい」さんへ。
お土産たくさん頂いてきた~~~。
「しっぽく」「ぶっかけ」「おでん」などなど。
いつもありがとうございます。
美味しかった~~~。

DSC00623_1.jpg

道の駅で手に入れた「わさび菜」
オニオン・ドレッシングでいただいま~~~~す。
ほのかにわさびの風味がきいていました。


昨夜は悪夢のようだった。
自宅作業用にフラッシュメモリーで
持って帰ったパワーポイント・データーがドボ~~~ン!!!
会社に取りに行くにも酒呑んじゃってるし、
しゃあない最初からやるかああああ
って体にムチ打って頑張った!!!
午前三時半。
ようやく最後の一行を打込み
保存を押そうと思った瞬間ドボ~~~ン。
勝手に逝っちゃいました。
それまでこまめに自動バックアップしてくれていたのに
この一時間半バックアップなし
作成した1/3がぱあああああああ。

つらかったああああ。


DSC05701_1.jpg
DSC05724_1.jpg
DSC05731_1.jpg
DSC05816_1.jpg

神奈川県にお住まいの「たまさん」から頂いた
たまさん自家製麺。
木下製粉さくら夢2000使用の超多加水麺。
なんと65%越え。

麺の味見をするときは
シンプルに茹で8~9分でまずは「釜玉」で1玉。
茹で12~13分で1玉抜き水洗いして湯煎して「かけ」
そして最後に14~16分で1玉水洗いして「醤油」で頂きます。
(間が2~3分しかないから大変。その間に撮影&味味でドタバタ)
残りの麺は10~30分、時間経過による麺の変化を観察します。

釜玉はふっくらもっちり。
かけも醤油もさくら夢2000特有のスベスベ感が光ります。
喉越しもいい。
香川の代表的なうどん専用粉「雀」や「緑あひる」に比べると
やや味と風味に欠けるけど
洗練された都会的な風合いと質感のある粉だと思う。

たまさん、美味しかったです。
ごちそうさまでした。
掲載が遅れたのは
関東黒出汁饂飩連合会と関西浪花花鰹出汁飲倒後援会と
讃岐黄金出汁饂飩普及協会の三者間協定の遅れと
饂飩画像審査検閲審議会の不正行為事件発覚に巻き込まれたためです。
またよろしくお願いします。
進化の程、楽しみです。


http://teuchi.exblog.jp/
たまさんのうどん打ち記録ブログです。
研究熱心でデータも豊富。親切丁寧な説明はたいへん参考になります。

DSC07087_1.jpg
DSC07093_1.jpg
昨日やぼ用で急遽高知に帰った。
そしたらいっけん氏があるうどん秘密兵器を入手したという
情報が入ったのでこれまた急遽、実家近くのいっけんさん宅へ。
そこで秘密兵器で試作した「さくら夢2000/いっけんバージョン」1kg玉を入手。
加水49%塩度11。
早速本日、高松にて製麺。まずは定番「釜玉」「ひやひや」で。
さくら2000特有のモッチリとした弾力が釜玉に合い、
冷たい水で絞めたスベスベの食感がひやひやに合う。
いっけんさん、美味い!!!いけるでえ、この麺。
春野で店やろう!
(鍛え直しが弱かったのでエッジは弱めになってしまったゴメン)

DSC07100_1.jpg
続いて半分を極細麺に。
ちょっと、おフランス風にデコレーション。
(ソース作りに失敗したので味のことは聞かんといて)
さくら2000、細麺もええねえ。ツルッと感が喉に心地よい。

DSC07112_1.jpg
最後はドライ梅干しと高野豆腐の
甘酸っぱ煮うどん。
これなかなかいけました。美味い!!!



DSC04731_1.jpg

DSC04733_1.jpg

DSC04724_1.jpg
DSC01377_1.jpg

誕生日企画第三弾!
なんと時を同じくして屋島の「麺こい」さん。
誕生(開店)一周年。おめでとうございます。
早速、行かなくちゃ。

思えば、お互いあっと言う間の一年でしたね。
ご家族で仲良くやっている姿を見せてもらうと
いつもほのぼのします。

今日はシンプルに「ざる」「ひや」
う~~~ん。またまた麺が茹でたて。
唇に触れる食感は、まるで絹のように滑らか。
おおおお、素晴らしい口当たり。優しい喉越し。
しかも、ビヨンと伸びる粘りと腰。この麺ええ感じです。
この1年、相当研究されたんですね。
若い大将の努力が分かります。

「職人の世界に頂点はない」という言葉が好きです。
今日は最高の料理が出来たと思っても
職人は更なる完成度を絶えず求めるらしい。

さあ、また新しい1年です。
更なる美味い麺を待ってますよ~~。
頑張ってくださいね~~。

まん丸おむすびもおいなりさんも
美味しかったです。
ごちそうさまでした。

ただいま一周年記念感謝イベント実施中です。
次回来店時に使える100円割引券がもらえますよ。

DSC04737.jpg





« back | main | next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。